新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 みどりの日に「坪井川大園遊会」などのイベントに行ってみて感じたことは…
2014kumamoto60

 今日はスッキリと晴れて文句なしの観光日和でした。

明日は雨の予報で中止になるかもしれませんので、今日のうちに「坪井川大園遊会」などのイベントに行ってみることに。熊本城の横の乗り場に着いたのは午前中でしたのですぐに乗れるかと思ったのですが、1隻の定員は5人でしたので15分ほど待たされました。黄色い救命胴衣を着て10分ほどの舟遊びを楽しんだのですが、水面から見える景色は単調でした。乗り場の近くの馬具櫓が工事中だったこともあるのですが、大型連休の時期は新緑は美しいものの4月の花見の時期に較べると物足りない感じでした。

この小船は川尻方面の加瀬川からトラックで運ばれ、ボランティアの皆さんにより運営されているということでしたので文句を言う筋合いじゃないのですが、桜が満開の時期にやる方が良いのではと思いました。乗船を待ってる間は退屈ですので、着物姿の女子大生の観光ボランティアなどにマイナーな地域の特産品を試食してもらったり、観光ガイドを配ったりすれば良いのでは思いました。




2014kumamoto61

 船着き場の近くの桜の馬場にも行ってみました。

広場のステージでは琴の演奏などが行われていて多くの観光客で賑わっていたのですが、太陽光線を避けるために屋根の下で見学してる人の方が多いみたいでした。着物姿の観光客も少なからずいましたが、この時期だけ着物を着てくると熊本城の入場料が無料になるということが理由のひとつなのでしょう。

熊本城の入場料は500円ですが、業績不振の地元の呉服店などが着付けサービス込み500円で和服をレンタルすれば良いでしょう。支払い金額が変わらないなら和服を着て熊本城の中を散策してみようと考える人もいるでしょうし、この桜の馬場から熊本城までは無料のシャトルバスがありますので歩く距離は短いですし。




2014kumamoto62

 上通の入口のびぷれす広場に短い行列ができていました。

3階の現代美術館では草間彌生展が開催中なのですが、大型連休中の特別イベントで巨大オリジナルバルーンの展示が行われていました。私の目的はバルーンでしたが、行列に並んでいた人たちは水玉ネイルをやってもらうために待っていました。今日は田舎の農村エリアから中心部に遊びに来たファミリーも多かったと思いますが、500円と手軽な料金で目立つネイルアートを体験できて、数日はご近所の皆さんに自慢できるので人気だったのでしょう。




2014kumamoto63

 大型連休明けにダイエーが閉店してしまうようです。

8日後の5月11日に閉店して老朽化した建物を隣の櫻井総本店と共に解体して、複合商業施設として最開発してテナントと再入居することが内定しているようです。しかしダイエー6階の喜久屋書店は撤退することに決めたようです。これから解体して商業ビルを建設するまでに時間がかかりますし、そうなれば賃料も大幅にアップしそうですからね。今後は電子書籍の比率も増えそうですし、中心市街地で書店を営業することはますますキビシクなりそうですし。




2014kumamoto64

 老舗のラーメン店の前にも行列ができていました。

熊本ラーメンの元祖とされている店ですので普通の日でもランチタイムは繁盛しているのですが、こんなに長い行列ができるのは1年の中でも大型連休の間だけだと思います。私も久しぶりに食べてみたくなりましたが、気温がかなり高くなっていましたので今年初めての冷やし中華を作って食べることにしました。消費税が値上げされましたので、自炊して生活防衛しなきゃいけませんからね。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/05/04(日) 23:32)

<<こどもの日に改めて考えてみた少子高齢化と世襲議員たちの責任は… | ホーム | 67回目の憲法記念日に考えてみた実現性は限りなく低い改憲案は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/2970-d7ff4e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア