新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 夜明け前に上熊本駅から青春18きっぷで出かけた先は…


今朝は老猫よりも早く起床しました。

青春18きっぷで広島の被災地に出かけるためでしたが、路線検索してみて最適と思われるのが最初の電車だったのです。少しでも時間を有効に使うために熊本駅では無くて上熊本駅にしたのですが、駅周辺の高架工事が始まっていたことは知りませんでしたので正しい選択でした。

最初の乗り換え駅の荒尾で少し時間があったので無人の改札を抜けてロータリーに出てみたのですが、タクシーが客待ちしてるだけで、コンビニも見当たらなかったので驚かされました。通学者用の自転車預かり所だけは扉pが開いていましたが、万田坑が世界遺産に登録されたら激変するのかもしれませんね。






次の乗り換えは北九州市の小倉駅でした。

駅前の商店で何か朝食になるものを購入してみようと考えたのですが 、マクドナルドなどのファストフードしか無かったので次の下関で再チャレンジすることにしました。ちなみに小倉駅前のペデストリアンデッキは改修工事中でしたが、工業都市のイメージを払拭するようなキレイな雰囲気にするのは得策ではないように思えます。大阪のUSJのような汚しの手法を多用して、近未来小説のロケ地として使われるような殺伐としたデザインに統一すれば良いと思いますが。






次は本州に渡って下関駅前をチェックしました。

6月にも行ったのですが、自動車でしたので車窓から変化を確認するだけにしておきました。今回は荷物は少し重たいものの新しい商業施設とペデストリアンデッキの先にできた韓国門だけにしておきましたので楽勝でした。ちなみに新しい商業施設の開店時間は次の電車の出発時間の3分前でしたので、ガラス越しにチェックするだけにしておきました。電車に乗る時間をズラすことも考えましたが、その価値は無さそうでしたので、改札口前のゆめマートでパンを買って広島に向けて出発しました。





14時過ぎに横川駅に到着しました。

タイミング良く先日に再開したばかりの可部線に乗り換えて、まずは被災された皆さんが緊急避難されている佐東公民館に近い七軒市場駅で下車したのですが、混乱していたためか改札は無人でした。

まだ土砂崩れの犠牲者が発見されていない状況でしたので、被災者の皆さんに配慮して受け付けカウンターの方に邪魔にならない見学方法を確認してからいちばん被害が大きかった八木地区へ向かったのですが、線路と平行している生活道路は土砂が取り除かれていてキレイものでした。しかし八木小学校の先はまだ瓦礫だらけのようでした。






八木地区ではあちこちで善意の看板を見かけました。

トイレや風呂をご自由にお使いくださいといったものから、ボランティアの皆さんのために防塵用のマスクや飲み物なども無料提供されていました。クリーニング店も被災者支援のために利益を度外視して無料で受け付けるとの張り紙がありましたし、地元のタクシー会社も被災者のために2台を無料で利用できるという話でした。

ただトヨタの営業所に置いてあった自動車は廃車になるくらいのダメージでしたので、無料で修理はしてくれないのでしょうね。車種はアクアでしたので年式は新しそうでしたが、新車を購入すれば普通より大幅に値下げしてくれるくらいでしょうか。天災は保険の対象外でしょうから実にお気の毒です。






夕方に広島から岡山に移動しました。

途中の尾道駅の近くにオープンしたしまなみ海道のための自転車基地や倉敷駅のダウンサイジング工事の様子などをチェックしてみようかと考えていたのですが、被災地で歩き疲れたことと、電車で一眠りしたら空腹感が増してきたので岡山駅に直行することにしました。明日は早朝に姫路駅に向けて出発する予定でしたので、岡山駅の商業施設などの変化をチェックしたのですが、年末に開業予定のイオンを迎え撃つ準備が完成しつつあるようでした。

改装工事が進んでいる地下街を抜けて駅の正面にあるOPAに数年ぶりに行ってみたら、閉店セールの真っ最中でした。お金をかけて改装してもイオンや駅ビルには敵わないと撤退の道を選んだみたいですが、それが正解なのでしょう。






宿に荷物を置いて夕食に出かけることにしました。

今回の小旅行のコースを決めた時にベトナムで知り合った岡山県在住の旅行者の方に教えていただいた「野村」という裏通りにひっそり佇んでいた店でしたが、事前にストリートビューでチェックしておきましたので迷うことはありませんでした。ファストフード店みたいに入口の券売機で購入するシステムでしたが、やや照明を落としたシックな内装でしたので少しだけ違和感がありました。

迷うことなく事前に決めておいた800円のロースのデミカツ丼のチケットを購入したのですが、2分ほどで運んでこられたのは昭和の洋食屋のようにグリーンピースが乗せられたものでしたので失敗したかもと心配になりました。しかし門外不出だという店の自慢のデミグラスソースがムチャ美味しくて最後まで美味しく頂くことができました。数年前に郊外の駐車場がある店でデミカツ丼を食べた時は途中で飽きてしまったのですが、さすがに老舗は格が違うようでした。






食後の運動も兼ねて表町を散策してみました。

かつて岡山を代表する商業地だったアーケード街ですが、その面影を残す立派なファサードの横はマンションギャラリーの駐車場になっていました。21時前でしたので開いている店はわずかで人通りもほとんど無かったのですが、閉店を知らせる貼り紙が目立ちましたので年末に駅前イオンが開業したら本格的なシャッター通りになってしまうのかもしれません。






表町の皆さんもいろいろ工夫をされているようでした。

アーケード街の顔である天満屋百貨店は大型駐車場を建設中でしたし、無料のWi-Fiも用意されていました。クレドというNTT系の複合ビルとの間には大型の病院が建設されることになったようですし、資本力や開発手法に秀でたイオンに対抗していきたいという意気込みは感じられました。しかしアーケード街の店主たちによるミニ講座的なものでは新鮮さと利便性に勝るイオンには太刀打ちできないと思います。対岸の高松市では死にかけたアーケード街を商店主たちの努力で再生させたことで有名ですが、表町でも対話を重ねて高齢化時代に先駆けるようなコンパクトシティを目指すべきでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/02(火) 23:20)

<<岡山駅から姫路駅に向かう前にチェックしておいたことは… | ホーム | 2014年において最後の機会とになりそうな夏を代表する料理は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3096-2f219ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア