新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝にバンコクのドンムアン空港に到着して驚かされたことは…


エアアジアのバンコク便は少し余裕がありました。

それで3人掛けの席のアームレストをあげて横になって眠ることができたのですが、LCCでは珍しいことでした。バンコク便に乗り込む前には関空で無料のシャワー室を利用することができましたし、普段の行いが良いためかラッキーが続きました。

ところが半年ぶりのドンムアン空港に到着してみたら、まだ空港全体は目覚めていませんでした。観光案内所も閉まっていたのでWi-Fiにつなぐことができませんでしたし、ウォーターサーバーも空でした。改装中のためもあって開いていたのは両替所くらいのものでしたが、初めてタイにやってきた普通の日本人観光客は途方に暮れるんじゃないでしょうか。






タイバーツは持っていたので電車に乗ることに。

ドンムアン空港から歩道橋を渡って駅に行ってみたら、夜明け前だったからなのか窓口が閉まっていました。駅で働いていそうな人を探していたら列車がやってきましたので、とりあえず乗車してみることに。車掌が急ぎ足でやって来たのでエアアジアのタグが付いたバッグが見えるようにして空港から終点のファランポーン駅までの料金を払おうとしたのですが、なぜかスルーされてしまいました。

終点まで車掌はやって来なかったので無料で中心部まで移動できたのですが、ラッキーがまだ続いていたようです。車窓からは夜明けのバンコクの街の様子も眺めることができましたし、駅に着いてみたら何かの撮影現場にも遭遇できましたしね。ちなみに誰も騒いではいなかったので有名人ではなかったみたいですけど…






駅の隣のKFCはまだ営業していませんでした。

私はファランポーン駅に到着後にKFCで朝粥を食べてからバスに乗るつもりでしたが、まだ開店時間まで30分以上もありましたので24時間やっているマクドナルドまで歩いて行くことにしました。けっこう距離はあるのですが、早朝のバンコクは涼しくて気持ちが良かったですからね。20分ほど歩いて商業ビルに来てみたら日本でお馴染みの看板と分別用のゴミ箱が目につきました。バンコクは来る度に日本化してるような気がします。






ようやくマクドナルドに辿り着くことができました。

ポーク粥とコーヒーのセットを頼もうとしたら無かったのですが、どうも日本をマネしてシステムの変更をしたようでした。粥は29バーツでしたが、たしか以前はセットメニューもそれくらいだったと思います。屋台の値段もじわじわ上がってきていますので、マクドナルドも料金改定したいのでしょうが、円安に苦しむ身としてはダブルのダメージですから世襲総理に腹が立ちます。






朝食後にいつもの宿にチェックインしました。

旅行者の間の噂ではバンコクへ行く日本人は減ってるけど、欧米人は増えているので宿の値段が上がっているとのことでした。しかし私がいつもお世話になってる宿はWi-Fiが無いので人気が無いためか値段は以前のままでしたし、出入りしている猫も元気そうでした。数年前から見かけていますので、もうけっこうな高齢猫だと思いますが、宿の値段と共に変わらずにいてほしいものです。






シャワーを浴びてから47番のバスに乗りました。

MBKの前で降りて私が世界一の劇場だと思っているスカラ座の上映作品をチェックしてみたのですが、「BOYHOOD」という少年が主人公らしい知らないアメリカ映画でした。後で検索してみることにして、日本時間で12時を過ぎてしましたのでスカラ座の裏手の食堂街で定番の練り物が入った麺料理を食べることに。中心部ですので値段は40バーツでしたが、久しぶりの本場の味は格別の美味しさでお代わりしたくなるほどでした。






ランチ後にMBKで「LUCY」を観ることにしました。

100バーツのスカラ座に較べてシネコンは160バーツと割高なのですが、チケット売り場に「LUCY」のPOPやポスターなどが見当たらなかったので今週で終わるのかもと危惧したわけです。タイの後のベトナムなどでやってる可能性はありますが、見逃したく無かったのでチケットを購入しちゃいました。

「LUCY」は日本でも上映中ですので説明は不要でしょうが、リュック・ベッソン監督の派手な新作で面白そうでした。台北が舞台で悪役が韓国人と国際色も豊かで、テンポが良い展開で楽しめたのですが、「AKIRA」っぽい展開やスカーレット・ヨハンソンのぽっちゃり体型を見てベストな映像化では無かったのではと思えてしまいました。スカラ座で100バーツで観ていたら満足していたかもですが…(笑)






中心部に新しい商業施設が完成していました。

サイアムパラゴンの対面でずっと工事中でしたが、いつの間にか一部を除いてオープンしていました。このサイアムスクエア・ワンという商業施設のパースを見た時は神奈川のヨツバコのマネかと思ったのですが、かなり大胆で独創的な構造でしたので驚かされました。すべてのテナントが入居してからの評価となりますが、モールマニアとして個人的な2014年の最優秀モールの有力候補のひとつです!(笑)






これはイギリス大使館と関係する建物です。

タイ大手のセントラルがイギリス大使館の入口を跨ぐような感じで建設した新しい商業施設なのですが、ネーミングが「セントラルエンバシー」とダイレクトで恥ずかしい感じでした。見なりが良いドアマンに大きなガラスの扉を開けてもらって足を踏み入れたら、やたらと無駄なスペースがある高級なだけのモールでした。成金の中国人旅行者は喜びそうなモールでしたが、この手の商業施設はいくつも見ていますので私の評価は低くなります。






夕食はトンローの屋台でいただきました。

マニラで偶然に知り合ったバンコク在住の方と待ち合わせしたのですが、タイ語を理解されていたので注文も楽でした。私は50バーツのトンカツ風なぶっかけ飯を、彼は40バーツのグリーンカレーを注文されたのですが、どちらも期待以上の美味しさでした。

ビールのグラスの氷が融けてしまうまで長話をしてしまったのですが、日が落ちて真っ暗になって雨雲が覆いはじめていましたので解散することに。タイ語で地元の人にトンローからのバスを訊いてもらって25番に安心して乗っていたのですが、希望していたルートと違っていました。小雨が降ってきたので地下鉄に乗り直したのですが、バスのルートは変更されることもありますので事前にネットで確認しておくべきですね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/04(木) 23:59)

<<バンコク2日目の朝食に初めて試してみたものは… | ホーム | 岡山駅から姫路駅に向かう前にチェックしておいたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3098-74e67dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア