新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 洗濯日和に晴れてくれたプノンペンの日曜日に出かけた先は…


プノンペンで初めての日曜日となりました。

先日は少し歩き過ぎたこともあって日曜日くらいはのんびり過ごすことにしたのですが、朝食はラッキースーパーで購入しておいたバゲットとトマトで良いとしても11時前になると空腹感に支配されてしまいます。それで近場のマーケットなどに出かけることにしたのですが、その時点では食べるものは決まっていません。

今日は日曜で晴れていたためか洗濯屋さんは大忙しのようでしたが、共働き夫婦にとっては強い味方なのでしょう。私は他人に洗濯ものを触られたくないので業者にお願いしたことはありませんが、効率優先のアメリカ人観光客などは重宝しているみたいですね。






日曜だったためか路地が大賑わいでした。

普通の民家の間が市場になっていたのですが、日本の昔の姿もこんな感じだったのでは思わせるものがありました。果物でも買いたかったのですが、値段表示は皆無で英語は通じそうにありませんでしたのであきらめました。






今日はランチにケバブを試してみました。
前回のカンボジア旅行では見かけたことがないケバブ屋台を何度か見たのでプノンペンの街では定着しているみたいでした。3500リエルの代金を払ってコンビニでビールをかって外のテラス席で食べたのですが、どちらも美味しくて日曜のランチしては最良の選択だったと思いました。






普通の住宅地に虐殺博物館がありました。

ポルポト時代に住宅地の中にあった高校が収容所として使われて多くの市民が虐殺されたらしいですが、そんな悲惨なことが行われたとは思えない平和な雰囲気でした。入場料が3ドルもしましたので見学はしませんでしたが。






これは最近オープンしたらしい輸入専門店です。

フリーペーパーにアメリカからの輸入品を揃えたホームセンターがオープンしたと乗っていたのでチェックしてみたのですが、ドル表示なこともあってまるでアメリカにワープしたような錯覚に陥りました。ただし輸入コストが乗せられていますので、かなり割高に感じましたが。この「HOMETOP」という店はプノンペンで金物屋が並んでいる通りにオープンしていたのですが、周辺の店に較べてムチャ高いはずです。まだ知名度も低いためかヒマそうでしたが、次のカンボジア訪問時に存在しているか疑問です。






偶然に日本の食料品店の前を通りました。

「AKURUHI」という日本人からしてみると不思議な店名の小さな店でしたが、円安とはいっても賞味期限が切れて廃棄処分されるものがあるためか信じられない価格で並んでいました。品揃えが圧倒的なイオンがオープンしたことで、こちらも存続は難しくかもしれません。1500人ほどいるらしい邦人数は今後も増えるのでしょうが、近所に住んでいる日本人にしか価値が無い店でしょうし。

レジ前に置いてあったフリーペーパーをいただいたのですが、「NyoNyum」に挟み込まれていた地図は便利そうでした。ちなみに店の前に停まっていたレクサスは店のオーナーの愛車かもしれませんが、目立ちますよね。こういったデコレーションはレクサスだけのようですが、カンボジアの成功者の証しなのかもしれません。






これは「HOMETOP」の南側のマーケットです。

地元ではロシアンマーケット呼ばれて親しまれているようですが、分解されたミニバイク車体などまでも売られていました。かなり面白いマーケットで床もありましたので髪を切ろうかと考えましたが、空気が滞留していて暑かったので止めておきました。






ついに理想の路上床屋を発見しました。

私はおじいさんが一人でやってるような路上床屋が解放感があって好きなのですが、この時代を感じさせる雰囲気は最高でした。しかし周囲には誰もいなくて鏡に電話番号が書いてあるだけてわしたのでガッカリでした。

隣の店の人に訊いてみたら電話してみろと言ってましたか、英語が通じるとは思えません。もし電話で呼び出したら値段が高いから髪を切るのを止めるとは言えなくなりそうですし。






道路が仮設テントで封鎖されていましたが。

白いテントの中には丸テーブルが並べられていて、ナイフやフォークがセッティングされていました。おそらく結婚式が行われるのでしょうが、干してある洗濯物のミスマッチが面白いものでした。もちろん結婚式が行われる夜には周囲はキレイに片付けられるのでしょうが。






オリンピックマーケットにも行ってみました。

2階に上がるためのエスカレーターがあるくらいの大規模なマーケットで、アジア的な熱気に溢れていました。もうバッタンバンでコイルヒーターは購入済みでしたが、高度成長している首都で見つけることは難しいのかもしれません。小型のスペアをひとつ購入しておきたいのですけどね。

ちなみに歩き疲れていた時にタイミング良く路上床屋を発見して髪を切ることができました。値段は5000リエルと高かったのですが、これが首都の常識なのかもしれません。






生まれて初めてカンボジア人と食事しました。

バンコクからカジノバスでカンボジア国境までご一緒したインドシナに精通された方がプノンペン入りされ、カンボジア人の友人と食事されるということでしたので同席させてもらうことに。

カンボジア的にミニバイクに3人乗りして地元民で賑わうレストランに行ったのですが、初めての体験がいろいろあって楽しめました。4人でビールのピッチャーを5杯ほど飲んで魚や牛肉の料理たべて16ドルくらいでしたが、もちろん大満足でした。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/14(日) 23:59)

<<世界一と噂のカンボジア産品の店で売られていたものは… | ホーム | 自転車をレンタルする計画を断念した理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3109-585b83c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア