新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 世界一と噂のカンボジア産品の店で売られていたものは…


今日はプノンペン滞在の最終日でした。

午前中にヤボ用を済ませるためにプノンペンの富裕層向け店が集まる通りを歩いていたら、前回の旅行でもチェックした日本人経営の胡椒専門店の前を偶然に通りました。

その胡椒の品質は世界一との噂で、海外輸出に耐えるカンボジア産品として期待の星らしいですが、その落ち着きがある店頭で三重県発祥で名古屋名物の天むすか売られていましたのでビックリしました。胡椒とは無関係だと思いますが、どういった経緯なのでしょうね。






ヤボ用を終えて再びイオンへ行くことにしました。

Googleマップで最短距離を表示させたら普通の観光客は通りそうにない路地を提案されたのですが、そういったことが嫌いじゃない私はそれに沿って歩くことに。裏路地は自動車も少なくて木陰も多くて歩きやすかったのですが、こんな良い背景を持った路上床屋に巡り会えたので嬉しくなりました。

値段は1ドルみたいですが、この空間での優雅なヘヤーカットを経験してみたい方はロシア大使館とイオンの間の路地を探してみてください。角から数メートルの所にありましたので、すぐに見つかると思います。ちなみにイオンのヤマハに近い方の道路です。東側の川の通りではありません。






イオンに再訪した理由のひとつはこの料理でした。

9月11日に水牛のような牛肉が乗った炒飯と格闘していた時に隣のテーブルでカンボジア人の老人が食べていた料理が美味しそうだったのです。それでプノンペン最後のランチに選んだのですが、これが大正解でした。

容器に刻んだニンジンや香草を入れてから牛肉を煮込んだ濃厚なスープを注いだ料理でしたが、軽く炙ったバゲットも添えてありましたのでフランス料理みたいでした。値段は2ドル90と安くはありませんでしたが、パリならブラッセリーでも12ユーロはしそうな料理でしたので大満足でした。






イオンで未体験のビールを購入しました。

カンボジアでは10種類くらいのビールが50セントから販売されているのですが、タイのように販売禁止の時間帯も無いので喉が乾いた時に気軽に楽しむことができます。

コンビニやガソリンスタンドなどで冷えたビールを購入できるのは良いのですが、品揃えが悪いのが難点です。マイナーなビールは大型スーパーで常温のヤツを購入するしかないのですが、これでほとんど制覇しました。ただし1ドルを越える高級ビールはまだですが。






イオンのシネコンは先週とまったく同じでした。

それで映画は次のベトナムに期待することにして、対岸のダイヤモンドアイランドの未体験ゾーンを歩いてみることにしました。前回は東側でしたので、今回はイオンの対岸の西側をチェックしてみました。

エリートタウンなどといった恥ずかしいネーミングの低層の住宅群が開発されていたのですが、富裕層が投資目的で購入したりするのでしょう。購入した人は建設中の東横インにわざわざ宿泊してみて、愛しい我が家を見下ろしてみて撮影したりするのかもしれません。






商業施設の部分はほぼ完成していました。

中国の地方都市の開発手法と似ていると思ったら、やはり中国系会社によるものみたいでした。完成したらカンボジアの若いカップルのデートコースとなり、結婚記念のアルバム作製のロケ地となるのでしょう。中国バブルが崩壊したら廃墟になるかもしれませんので、思い出作りは別の場所が良さそうですが…






茶色い川で子供たちが楽しそうに遊んでいました。

こと画像を撮影した後に子供たちが手を振ってきたので「外国人が珍しいのかな…」と思ったら年長女の子がスゴい勢いで岸に上がってきて金や物をねだりだしました。

おそらく頭が悪い日本人観光客が日本に帰れば価値が無いリエルを渡したんじゃないかと思いますが、いろんな意味で迷惑な話です。






まだプノンペンでは渡し船が大活躍しています。

メコン川はわりと川幅が広いので、カンボジア人だけの資金や技術では橋を架けることは難しいみたいで、日本政府の支援で北側に架橋されるまでは渡し船が無くてはならない交通インフラのようです。歩き疲れた私も意味なく往復したくなりましたが、変な外人と思われないために止めておきました。






日本が作った橋の拡幅工事が行われていました。

どの総理の時代の政府開発援助だったのかは知りませんが、カンボジアに住んでいる邦人は日本橋と呼んでいるようです。交通渋滞が深刻なので北側に架橋することにしたようですが、日本の援助で作られたという表示が見当たりませんでした。赤くペイントして提灯を飾るくらいしても良さそうですが…






この撮影場所は少し前までは湖でした。

やや左の肥ったコブラのような高層ビル前に現在は使われていない駅舎があるのですが、上野駅と不忍の池を想像すればわかりやすいかもしれません。

プノンペン駅の北側にあった湖を埋め立ててしまったのですが、この広大な場所に外資を導入して新しいビジネス街を建設する気なのかもしれません。まだプノンペンの周辺には緑が多いのですが、ちょっとやり過ぎだと思いますが…





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/15(月) 23:59)

<<プノンペンから円高ならワンコインで行くことができるリゾートは… | ホーム | 洗濯日和に晴れてくれたプノンペンの日曜日に出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3110-829d8bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア