新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 カンボジアからベトナムに移動するのに楽な方法を選んだワケは…


今朝はベトナムへのチケットを買いに行きました。

ネットでしらべてみてもベトナム国境まで公共交通機関で行く方法が見つからなかったので、カンポットのツアー会社が運行している国境越えの7ドルのミニバスを選びました。泊まっているゲストハウスまでピックアップしてくれるそうですから、ゲストハウスに戻ってのんびりしてれば良いので楽でした。

これは戻る途中に見かけた朝食用の屋台ですが、国境が近いためかベトナムの朝の雰囲気に似ていました。食べてみようかと考えましたが、リエルを使い切ったところでしたので止めておきました。






途中で何度か欧米人のために停まりました。

日本人は他人を待たせて申し訳ないとピックアップ予定時間の30分前には準備を終えていると思いますが、欧米人は時差の関係もあってミニバスが到着してから準備を始めたりする人が少なくないようです。

リゾートに遊びに来ているのでリラックスしたい気持ちは理解できるのですが、こちらは自分で乗り継ぎの交通手段を探さなければならない身ですので、「早くしろよ!」と怒鳴りたくなりました。






国境に向かう途中でこんなのを見かけました。

ケップという小さな集落でしたが、その海岸はかなりキレイで楽園的なイメージがあって、ハンモックとのコントラストも悪くありませんでした。腰痛持ちにとって、あまり寝心地が良いものじゃないですが、1時間ほど昼寝してみたくなりました。






お昼前カンボジア側の国境に到着しました。

かなりマイナーな国境ですが、隣の国に負けないようにとゲートを新しいデザインに変更するための工事の真っ最中でしたが、国境にカジノホテルがある時点で恥ずかしいのですけどね。

この工事現場に入る前にミニバスのドライバーが欧米人と私のパスポートを集めて出国手続きを済ませてくれましたが、荷物はミニバス置いたままでしたし楽チンでした。






ベトナム入国前にタイヤを洗浄していました。

この作業はそれほど効果があるとは思えないとですが、ベトナムの入国の前に1ドル払わされて受けた体温チェックもアホらしいものでした。まあこちらの入国もドライバーがすべておこなってくれましたのでアホみたい楽でしたが。私はこれまでかなりの数の国境越えて来ましたが、今回のがいちばん楽だったかもしれません。






ハーティエンの町はかなり地味感じでした。

ミニバスから降りた後に1人だけ観光地でも無い国境のマイナーな町を散策してみたのですが、このマーケットの周辺が町の中心みたいでした。

800円分くらいのベトナムドンは持っていたのでランチは食べることができたのですが、次のカントー行きのバスの時間が気になったのでターミナル探しを優先することにしました。






3軒目のホテルで英語を理解する人と出会えました。

バスターミナルの場所を教えてもらって炎天下を歩いて行ってみたら、カントー行きのバスはタイミング良く30分後に出発するという話でした。

130000ドンのチケットを購入して、ようやく落ち着いてランチを食べることができるようになりました。20000ドンの小エビ入りの麺料理でしたが、これがなかなかの美味しさで一気に平らげてしまいました。






3時間ほど走って初めての信号機に遭遇しました。

それだけ大都市であるカントーに近づいてきたということなのでしょうが、考えてみたら最後の信号機は一昨日のシアヌークビルだったと思いますのでスゴいですよね。

カンボジアから入ると通信キャリアの会社の看板が一斉に変わり、アルファベット表記にも変わりましたので混乱させられます。ついつい読んでしまうのですが、ほとんどがベトナム語ですから意味はわからないのです。






日か沈む前にようやくトイレ休憩がありました。

ドライバーやコンダクターは何も言わなかったのですが、あるガソリンスタンドに停まったら乗客のほとんどが降りて奥の茂みに向かいましたので、いつも通りなのでしょう。私もキレイなバニラスカイを眺めながら済ませたのですが、なぜトイレを完備したドライブインみたいな所に寄らないんだろうと不思議でした。そういう場所なら乗客が飲み食いするので、ドライバーたちには無料提供されたりするでしょうに。






カントーまで8キロの所でミニバスの修理が始まりました。

昼間も10分ほど停めてドライバーが自分の手で修理していましたが、プロの手を借りて明日のために本格的に修理しておくことにしたのでしょう。今日のミニバスは出発直後にガソリンを給油していましたし、こんな修理も乗客を送り届けてからやれば良いと思いますが、彼らは自分の都合を優先するように育ってきたようです。






約1時間遅れでカントーのターミナルに到着しました。

集まってきた客引きの相手をするのは時間の無駄ですので、腹ペコだと振り切って初めての街に歩き出しました。まずテイクアウト専用の屋台があったので写真で美味しそうなのを選んで購入。そして酒屋でキンキンに冷えたビールを2本購入しました。

上手い具合に近くの川沿いにベンチがあったのでそこで食べることにしたのですが、30時間ぶりくらいのビールは最高でした。テイクアウトした肉や野菜を餅米に乗せた料理も美味しくてベトナムに来たことを実感したのですが、値段も3つで30000ドン(約157円)でしたから嬉しくなりました。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/19(金) 23:59)

<<ベトナム南部のカントーで迎えた初めての朝に体験したことは… | ホーム | これから久しぶりのベトナムです>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3115-550ad6d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア