新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝にダナンに到着して黄色い市バスで向かった先は…


ダラットからのバスは遅れてダナンに着きました。

暗い内に着いても動けないので良かったかと思ったですが、ダナンのターミナルではWi-Fiが使えましたので、予定通りで良かったのにと悔しい思いでした

ターミナルのトイレで洗顔などを済ませて、まずはダナン駅に行って時刻表をチェックすることに。目の前に停まっていた黄色のバスが駅の方面に行くというので乗ってみたのですが、5キロほどなのに料金は10000ドンと安くはありませんでした。






なぜか駅の手前で降ろされてしまいました。

コンダクターにiPadで地図を見せておいたのに、ダナン空港寄りの湖がある公園の近くで降ろされたのです。GPSで正確な現在地がわかっていたので少し先だと抗議しようかと思いましたが、まだ朝食を食べていなかったので何も言わずに降りておきました。早朝の公園は爽やかで朝食を食べるには良い場所だと思えたのですが、近所のおばさんのダンスの練習や釣り好きなおじさんたちがいて騒がし過ぎでした。






公園から5分ほど歩いてダナン駅に到着しました。

壁に貼ってあったベトナム語のタイムテーブルで次のフエ行きの列車を調べて案内係に確認しておきました。荷物を預けることができるクロークかコインロッカーの場所を教えてとお願いしたら、無いとの返事だったので愕然としました。まさかベトナム第3の都市の駅舎に無いとは考えもしませんでしたからね。仕方ないので荷物を担いで午前中を過ごすことになったのですが、エクササイズと割り切るしかないですね。






久しぶりにコンビニ風な店を見かけました。

ダナンは人口が100万近くに成長していて、高層ビルも珍しくなくなっていますので経済も発展してる感じがします。マクドナルドはまだですが、KFCやロッテリアはある普通の都市ですが、まだコンビニ風な店は見かけないのです。そんな中でビーチに近い賑やかでは無い場所でアメリカっぽい名前の店を見かけて驚かされたのですが、中身は韓国の食材店でした。外気温はグングン上昇中でしたし、ビーチに行く前にビールでもと思ったのですが、置いてあるのは韓国製とアサヒとハイネケンだけでしたのでガッカリしました。






駅から1時間ほど歩いてようやくビーチに到着しました。

ダナンのビーチは大都市とは思えないほどに閑散としていましたが、こんなにキレイでもホイアンのビーチに較べると見劣りしますので仕方ないのかもしれません。ベトナムは南北に長い国土でビーチには恵まれているからの不人気なのでしょうが、内陸国のラオスに少し分けてあげたらと考えてしまいました。ちなみに水温は温くて透明度もあり、うるさい物売りも皆無で久しぶりのビーチでの日光浴を堪能できました。






暑さに耐えかねてビーチから引き上げることにしました。

顔や腕の日焼けとのバランスをとるために真っ白な体を焼きたかったのですが、手持ちの水だけでは足りなくなってきましたので早めの列車に乗ることにしました。同じ道を戻るのがキライな私は遠回りして南側の龍がデザインされた橋を渡ることにしたのですが、それには遠くに見えた観覧車を撮影する目的もありました。

かつて世界一の大きさを誇った滋賀県のイーゴスという観覧車がベトナムで第二の人生を送ることになったというのはテレビ番組で見たことがあったのですが、中心部から離れた公園の目玉施設となったようです。しばらくの間は50000ドンの割引き料金で乗ることができるらしいのですが、私はそれだけ払うならビールを5本飲みたい気分でした。






ダナン駅に近いビッグCで買い物していくことに。

列車の旅は久しぶりでしたし、ダナンから北上する時は右手に海を眺めながらの快適なものになるとわかっていたのでビールとお弁当を買って持ち込むことにしたのです。ビッグCの入口で邪魔な荷物を預けて5分で買い物を済ませて、レジで支払いを済ませた後にわざと荷物を取りに行かずにスナックコーナーに行って3000ドンのアイスクリームを購入しました。それを食べながら館内の変化をチェックしてから荷物をピックアップして駅に向かいました。






北へ向かうベトナム国鉄の列車はほぼ満席でした。

残念ながら今日の座席は進行方向の逆の山側でしたが、薄汚れたガラス窓の向こうには美しい海を眺めることができました。列車にはコンセントが付いていたのでiPod touchを充電して、次にお弁当タイムとしました。喉がカラカラでしたので1本目のビールを半分ほど飲み干してからラップを乱暴に破いたのですが、タレの入った小袋は慎重に扱う必要がありました。失敗すると自分だけでなく、隣の乗客に迷惑をかけてしまうかもですからね。ちなみにこれだけで34000ドンでした。






2時間ほどで列車は古都のフエ駅に到着しました。

うるさい客引きは無視して馴染みのゲストハウスに向かって歩いたのですが、さすがに古都は風格と落ち着きがあって悪くありませんでした。木陰も多くて川沿いの緑地も美しく、橋の近くの看板も企業広告では無くて良かったのですが、その対面で工事中の物件のイラストを見てガッカリしました。歴史と風格がある建物が並ぶエリアにフエプラザという商業施設が建設されていたのですが、場所柄をわきまえるべきだと思います。モールマニアとしては新しいモールの誕生は嬉しいのですが、こういった無粋なものは目立たない場所に作るべきだと思います。






昼に続いて夜もビッグCに行ってしまいました。

今晩の目当ては買い物よりも4階のフードコートのビール売り場でしたが、私が知る限り健全なイメージのフードコートで大ジョッキでビールを楽しめるところはフエのビッグCだけなのです。おそらくフダというビールがフエで生産されているからなのでしょうが、小ジョッキは14000ドン、大ジョッキは18000ドンで飲めるのです。牛肉や野菜を炒めた料理は30000ドンでしたので全部で250円くらいでしたが悪くないですよね。

食後にビッグCでゲストハウスで飲むためのビールの予備と1.5リッターの水、そして明日の朝食用のバゲットを買いに行ったのですが、上手い具合に焼き立てをゲットできました。レジで支払いを済ませたのは夜の20時過ぎでしたが、店内は日曜の昼間のように買い物客が多くて驚かされました。4階のKFCの前にはロッテシネマが工事中でしたが、ついに古都でも映画を楽しめるようになるみたいです。次回が楽しみです。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/27(土) 23:59)

<<午前中から1日20000ドンのレンタル自転車で出かけた先は… | ホーム | 晴れたら暑くなったダラットから夜行バスで出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3125-3a8a6a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア