新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早起きして219Xのバスに乗って出かけた馴染みの店は…


今朝はいつもより早起きしてバスに乗りました。

それは香港に滞在する度に行っている、昔の空港の近くのメガボックスという商業施設のテナントとして入居しているイケアで朝食を食べるのが目的でした。香港に入ってから使えるようになったGoogleマップで検索して、219Xのバスに乗って出かけたのですが、その途中でも工事現場を見かけました。左側の山と谷を大胆に切り開いて作っているのは普通のコンドミニアムかもしれませんが、たしかこの辺りの地下には渋滞緩和のためのトンネル工事が行われるはずですので、それとも関連するものかもしれません。






香港のイケアのレストランは8時からでした。

世界中のイケアのレストランが9時からというのに外食文化が根付ている香港では早いですが、香港の8時は日本の9時ですから私は文句がありませんでした。道路が空いていて早く着き過ぎてしまったですが、メガボックスには無料Wi-Fiがありましたので問題なしでした。イケアも空いていて注文や会計もスムーズでしたが、4種類の朝食メニューの中からハズれを選んでしまいました。久しぶりにサーモンを食べようと選んだ23香港ドルのオープンサンドが生では無かったのです。写真は完全に生でしたが…






これはイケアのテラスから見た景色です。

メガボックスのイケアには珍しくテラスがあるのですが、そこではガーデンチェアなどが雨ざらしの状態で展示してありました私の興味はそんな安物家具では無く、かつての空港の跡地がどのように変わるかということでしたが、ついに変化が現れました。それはまるでドバイの空港のようなモダンな建物でしたが、完成したばかりのクルーズ船のためのターミナルみたいでした。






それから無料のシャトルバスに乗りました。

メガボックスの地下からとなったシャトルバスはすぐに近くの九龍湾駅に到着したのですが、まずはシネコンのラインナップのチェックをしてみました。映画の料金が高い香港で観たい作品が無くて良かったのですが、今回の旅行は珍しく観たい作品が少なくてアンラッキーでした。ちなみにこのシネコンではジブリ作品を連続上映するみたいでしたが、香港にはコアなファンがいそうですから高くても席はそれなりに埋まるのかもしれませんね。






郊外からの帰りは1Aというバスに乗りました。

図書館の裏手にトンネルの広報センターがあったのを思い出して寄ってみたのですが、残念ながら休みのようでした。この仮設っぽい展示室ができてから数年になりますので、もう広報の役目は終えたということかもしれません。そうであれば何か入口に表示しておいてもらいたいものですが。






ランチは市場の近くの店を試してみることに。

公園などで同じようなものを食べている人を数人見かけたので人気店だろうと睨んだのですが、値段の安さが行列ができる理由だったようです。肉の量によって値段は変わるようでしたが、とりあえずベーシックな13香港ドルのものを注文してみました。何年も肉を刻み続けていそうなおじさんが手際よくパックに詰め、アルバイト風な女性がビニール袋にスープと箸などを入れてくれて180円ほどでしたが、香港では最安値の部類です。肉は骨付きでしたので、見た目より食べることができる部分は少なめでした。肉を倍にすれば良かったかなと思いましたが、それよりも別な店で青菜炒めなどを購入すれば良かったでしょう。宿の近くの専門店は閉店してしまいましたが、棒餃子をテイクアウトするというのも良いでしょう。






ランチ後にエレメントという商業施設に行ってみました。

空港までの高い列車が発着する九龍駅や高層コンドミニアムなどと共に開発された高級感があるモールなのですが、その内部の静けさからは想像できないほどの工事が隣で進行しているのです。地下4階くらいまで掘り下げているみたいでしたが、そこみは西九龍駅ができるようです。現在は中国からの直通列車はホンハム駅に到着しているのですが、この駅が完成すれば表玄関となるのでしょう。北京からの新幹線は深セン着た駅の次にこの西九龍駅に到着することになるのでしょう。






クーラーが効いたエレメントから外へ出ました。

それは不動産屋のポスターでエレメントの南側の部分が埋めたてられて都市公園として整備されているポスターを見かけたからでした。その辺りは以前から何ができるのか注目していたのですが、香港の新たな夜景を眺めることができるスポットとして整備されることになったようです。その場所は現在は関係者しか入ることができない単なる空き地でしたが、公園が整備されたら大勢の観光客で賑わうようになりそうです。






これは西九龍駅の北側の工事現場の様子です。

中国側から伸びてきた新幹線の線路は香港地形から地下を通ることになるようで、私は北側の線路上は公園にでもなるものと思っていました。しかしシールドトンネル工法では無くて開削してしっかりとした基礎部分作っていましたので、この部分にもビルを建てる計画があるのかもしれません。香港の不動産価格はチャイナマネーの流入により高騰し続けていますので、線路の上だって無駄にできない感じでしょうし。






香港ではたまに日本語の店名を見かけます。

日本人が経営している和食店や書店などは気にならないのですが日本人経営者なら名付けないような店を見かけると違和感があります。これは佐敷の飲食店街で見かけた工事現場ですが郊外で実績を作って中心部にも出店することにしたようです。いくら香港の工事が早いといっても今回は完成を見届けることはできません。店内のチェックは来年ということになります。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/20(月) 19:21)

<<速報 : 觀塘のスーパーマーケットに出かけて見た黒い物体は… | ホーム | 新しい九龍駅の工事現場の横に姿を現していた鉄骨の正体は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3134-78a5c07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア