新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台北での初めての朝食を食べに出かけて落胆した理由は…


今朝はまだ暗いうちに目が覚めました。

これで早朝に行かないと行列に並ぶ羽目になる華山市場の店に間に合うかもと考えたのですが、沖縄の疲れが溜まっていたためか再び眠りに落ちてしまいました。再び目が覚めた時には太陽が顔を出していて、イケアの朝食にちょうど良い時間でしたが、いくらイケアの朝食マニアの私でも初日は台湾風のものにしたかったので却下しました。

それで中山の三越の裏手の路地の店を思い出して出かけてみたら、そこは広い駐車場に変わっていました。たしか昨年まではあったと思いますが、店の名前は知らないので、店を閉めたのか移転したか調べる手段がありません。困ったものです。






両替を済ませて松山方面に歩きました。

今日の銀行レートは 2576でしたので、二万円は5152台湾ドルとなりました。つまり1台湾ドルは3.9円くらいになるのですが、計算が面倒です。持ってる金額は同じなのに現地通貨が増えると金持ちになったような錯覚に陥るのですが、それで無駄遣いすると後悔することになるのは経験済みです。

朝食に向くものは無いかと考えながら適当歩いていたら、見覚えがあるマークが付いた飲食店がありました。それは何かの番組で見かけたことがある吉野家の新型店舗でしたが、靴を脱いで座敷に座るような斬新なスタイルでした。日本を出たばかりですし、牛丼お膳が160台湾ドル(約600円)と高かったので試すことはしませんでした。和食に飢えていたらどれだけの差があるかチェックしてみたと思いますが。






朝食に葱抓餅というのを試してみました。

珍しく若いお兄さんがやっている路上の屋台でしたが、料理名を指差して玉子も加えてくれと注文したら素早く焼き上げてくれました。40台湾ドル(約150円)と安くはなかったのですが、大都市の台北ですから仕方が無いのでしょう。






台湾の日本化はますます進んでいました。

昨年末に松山線が延伸して発展することが期待されるビジネス街にくら寿司とやよい軒が仲良く並んで進出していたのですが、地下に飲食フロアがあるくら寿司は地上部分の空席待ちコーナーにセルフ式のお茶とイスが置いてありました。やよい軒は丸の内からやって来たような洗練された内装の店で、台北のOLさんたちに大人気のようでしたが、タイ人観光客が見たら戸惑ってしまうかもしれませんね。(笑)






この南京東路の地下に新しい松山線が走っています。

それはこれまでのMRTのさらに下を走るので深くなっているのですが、既存の駅との乗り換えであれば投資額を抑えることができたことでしょう。工事が終わってスッキリしたのもありますが、以前は中央分離帯の付近の停まっていた工事車両に代わり道路の中心にはバス専用レーンが、そして歩道には自転車優先レーンが整備されていました。

また以前は台北101などがある新市街エリアにしか無かったオレンジ色のUバイクというICカードによる無人レンタル自転車の基地も作られ、自転車やバイク置き場や配達の荷捌きスペースなどの工夫の跡も見られました。台北の街は東京を参考にしたものが多かったと思いますが、自転車優先の思想はフランスから学んだのかもしれません。もちろん東京でも自転車レーンの整備は行われているのですが、あまりにも遅過ぎます。東京オリンピックまでに大幅にスピードアップすれば良いのですが、面子からしてみて期待薄ですよね。






遅めのランチを松山の夜市街でいただきました。

台北アリーナの手前のイケアで10台湾ドルのソフトクリームを食べてソファで休憩したこともあり、なんとか松山駅の手前の夜市街まで空腹をガマンできました。もちろん屋台は営業していませんでしたが、屋根がある飲食レーンに並んだ店の半分ほどは中華鍋を振っていましたので、60台湾ドルのハムと玉子の炒飯を注文しました。

料理人への「炒飯、1つ!」の掛け声から1分もかからずに運ばれてきたのですが、文句の付け所が無いものでした。日本のラーメン屋のように揃いの黒いTシャツを着たお兄さんたちが夕方からの激戦に備えて野菜類を刻む真横で美味しく完食できました。やはり台北での炒飯はハズレがありませんね。






台湾鉄道の松山駅はほとんど完成していました。

昨年はまだ鉄骨状態でしたが、地下から2階部分までは営業を始めていました。これから上層階の内装工事を進めて台湾の初夏を迎える頃には入居が始まるのでしょう。地下でのMRTとの連絡広場には天井にLED照明が変化する工夫などありましたが、全体的に物足りなさを感じました。

鉄道駅の改札の手前に低層のアイデアだった頃の建築模型が置いてありましたが、そちらの方が圧迫感もなく屋上を都市公園として使えるのではるかにマシだったと思えました。もちろんかつての線路の上の部分は公園化されていて地域の緑地は足りているとの判断だったかもしれませんが、長い目で見ると失策ということになるのでしょう。






MRTに乗って西門駅まで移動してみました。

松山線は新しくても列車は普通のものでしたので特に変わりは無く、到着した西門駅も案内看板以外は昔と変わらない感じでした。案内看板には「誠品116」とか知らない施設の名前がありましたので地上に出てみたら渋谷のセンター街のようなゲートの横に安っぽいテナントビルが出現していました。これで誠品のビルは3軒目ですが、日本的な手法でどこまで大きくなるのか、あるいは失速するのか楽しみです。

その横は歩行者天国だと思いますが、たまに自動車が通っていたりします。これは黒いオープンカーをキティちゃん仕様にしたものでしたが、近くのウエディング屋が新婚さんのために用意したものかもしれません。私以外は撮影する人もいないみたいでしたので、西門エリアでは珍しくないのかもですね。今回はまだ台北で一度もくまモンを見かけていないのですが、台湾の新婚さんのためにくまモンミニクーパーのカブリオレを貸し出してあげると良いかもですね。






西門エリアから北門駅まで歩いてみました。

MRTの空白地帯にまったく新しい駅が出現したことにより乾物屋さんが並ぶ下町へのアクセスが良くなることが期待されているようですが、この新駅の裏手には台湾鉄道の使われなくなった古い建物が多く残っていましたので、将来はビジネスビルが建ち並ぶようになりそうです。

ここから台北駅の北側の中山駅までは1駅ですが、地下街で台北駅まで歩いて行くこともできそうですし、将来は香港島のように空中を歩行者用のデッキで結ばれるようになるのかもしれません。現在は桃園国際空港に降り立った観光客の多くは台北駅行きの高速バスに乗りますが、直通列車が開業すれば15分くらいでこの地域までやってくることができるでしょう。そうなれば北門駅の北側の古い問屋街はシンガポールのチャイナタウンのように大改装されてしまうかもしれませんね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/01/22(木) 23:59)

<<台北駅の観光案内所で無料Wi-Fiの手続きを済ませて向かった先は… | ホーム | 那覇空港のLCCターミナルに一番乗りしてみて考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3231-e15f9fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア