新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台北駅の観光案内所で無料Wi-Fiの手続きを済ませて向かった先は…


午前中は体を休めるため宿でのんびり過ごしました。

今朝は台湾時間の6時前に目が覚めたのですが、外気温が低そうで行列ができる華山市場の店に朝食を食べに行く気になれませんでした。それでコーヒーとお菓子でガマンして、l遅れがちなブログの更新など済ませてから台北駅に出かけました。それはIDがパスポート番号で、パスワードが誕生日という入力しやすい無料のWi-Fiの登録をするためでしたが、一度ログインしておけば、ほとんどのMRTでインターネットにアクセスできるようになるみたいですから便利です。

私は景色を楽しめないMRTの地下路線は好きじゃなく、時間がかかってもバスに乗りたいといつも考えています。バス停で馴染みがない地名と格闘するのは面倒ですから、最寄りのMRTの駅でGoogleマップでバス優先にしてルート検索できるようになりますので助かります。欲を言えばコンビニや銀行などでもWi-Fiを使えるようにしていただきたいものですが…






お昼前には半袖でも過ごせる気温になりました。

それで久しぶりに太陽を浴びながらのランチをと228和平公園に行く途中の路地にあった惣菜がずらりと並んだ店で弁当を購入しました。そのシステムは中国でも一般的ですが、食べたいものを4種類指差して50台湾ドルを支払うという簡単さでした。それに宿の冷蔵庫から3本で105台湾ドルだったビールを持ってきたので、両方で340円くらいでした。






食後に永康街を目指して散歩しました。

昨年は全部入りの50台湾ドルの葱抓餅を試した「誠記越南面食館」という有名店でしたが、先日の朝に別の屋台で食べた葱抓餅と比較するために玉子だけを加えた30台湾ドルのものを注文してみました。今日は斜め前の台湾カキ氷の店の方が行列が長いくらいでしたので5分くらいで順番が回ってきたのですが、熱々の葱抓餅は文句無しの美味しさでした。

先日の屋台より極端に美味しいというわけじゃありませんでしたが、先日の葱抓餅は玉子を加えると40台湾ドルでしたので、値段の安さも人気の理由なのでしょう。ちなみに先日の屋台は作る度に生玉子を割り入れていましたが、誠記では予め大量に溶き玉子溶液を準備していました。個人的な好みは前者ですが、値段では後者を選んでしまいます。(笑)






こちらの有名店にも行列ができていました。

中山の三越の裏にあった店が駐車場になっていたので今回はまだ小籠包を口にしていないのですが、台湾でこの店の行列に並ぶ気にはなれません。30年前のマクドナルド並みに世界中に支店を出している台湾発のグローバル企業ですが、割高感がありますのでそれを支える気になんてなれません。近所の誠記を見習っていただきたいものです。(笑)






大安森林公園駅でトイレを利用させてもらいました。

2013年の11月に開業したMRT信義線の新しい駅でトイレもまだキレイそうだからでしたが、この駅の最大の魅力は公園側に大きな採光窓があるところでしょう。この外側は公園が半円形に掘り下げられているのですが、太陽光が差し込むように考えて造られているようで、市民やペットの憩いの場として機能しているようです。新駅を計画する時はこんな工夫を増やしていただきたいものですね。






大安森林公園駅には充電コーナーもありました。

他のMRTの駅では見たことがありませんが、テーブルもあったので先ほど観光案内所で登録してもらったものでインターネットにアクセスしてみることに。自分のパスポート番号や誕生日など個人情報を入力するのは抵抗がありますが、悪事に利用されないように考えられていると思い込むようにしました。

メールチェックした後に気になっていたイスラム国の人質事件のこともチェックしてみたのですが、まだ何も動きがありませんでした。ある人が人質たちが中東入りしたのは日本政府の関与があるとの説を言い出していましたが、もしそれが本当なら内閣が吹っ飛んでしまいそうですね。






台北で継続できるか疑問な高級店がありました。

人口が多い日本でも継続するのは難しいと思えるクロムハーツの店ですが、台北で見るのは最後になるのかもしれません。隣のユナイテッドアローズもキビシイかもしれませんが、まだシーズン毎にスーツなどを購入する常連さんがいそうですからマシでしょう。何年か前にテレビ東京のWBSで台湾のスタッフが原宿本店で接客訓練してる様子を見たことがありますが、それを律儀に守ってるみたいで少しだけ滑稽でした。






久しぶりに大豆スイーツを食べてみました。

日本人にも人気な騒豆花カフェという小さな店の前を通ったので、看板メニューの40台湾ドルの騒豆花を試すことにしたのですが、今日は上着が不要なくらいの暖かさでしたので冷たい方を選んでみました。トッピングのピーナッツが茹でたようにしっとりしていて抜群のコンビネーションでしたが、おそらくローストしたものを漬け込んであるのでしょう。味としてはマレーシアのイポーで試したものの方が美味しかったのですが、台北でこの値段なら悪くありません。次回も近くを通るはずなので、黒胡麻のヤツを試すことになりそうです。






これは建設中の台北ドームという野球場です。

昨年は基礎工事の段階でしたが、ここまで鉄骨が組み上がると開業は早いでしょう。これまで長い間空白だった場所にインパクトがあるランドマークが出現するわけですが、裏手の古い倉庫の建物をリノベーションした文化施設と共に回遊性が高まることになりそうです。そうなると近くの騒豆花カフェも来客数が増えて値上げされちゃうかも…






こちらは完成間近の微風グループの商業施設です。

Wホテルの隣の開発はかなり難航したようですが、ようやく高層ビルも完成に近づいていました。どうやら低層部分だけが商業施設になって、上層階は外資系のホテルになるみたいです。MRTの市政府駅からもダイレクトにアクセルできるはずですし利便性は抜群ですが、微風グループですから期待はしません。このビルの南側の低層の商業施設も微風グループの経営に変わっていましたが、面白くありませんでしたし。






夕方にバスで南港エリアに行ってみました。

市政府駅前から上手い具合に南港のソフトウェア地区の中を走る「忠孝新幹線」というバスに乗ることができたのですが、15台湾ドルで周辺の景色も楽しむことができました。南港エリアの大部分のビルの工事は終わってテナントも半分くらいは入居していましたが、こちらも特筆すべきものは皆無でした。

松山駅と同じように台湾鉄道の南港駅ビルも完成していて、同じ「CITY LINK」という商業施設が開業していたのですが、素人が作ったような感じで驚かされました。2014年末にこのデザインを承認した人がいたことが不思議でなりません。






今日の夕食はカルフール南港店で買い揃えました。

なぜか北海道というビールと豚肉と枝豆、そして少年がモチーフの袋麺を買ってみたのですが、朝食用のレーズンパンと合わせて150台湾ドルでした。袋麺は具材が入っていないシンプルなものでしたので、昨年にタイで購入したフライドオニオンと海苔を乗せたのですが、それでも薄味でした。いちばん美味しかったのは100gが9台湾ドルと安かった枝豆でした。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/01/23(金) 23:59)

<<先日と同じように青空の下で弁当を食べてから出かけた先は… | ホーム | 台北での初めての朝食を食べに出かけて落胆した理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3232-6d36c97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア