新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 夜行列車に乗る前にスカラ座で観ておくことにした作品は…


居心地が良いバンコクも出発する日になりました。

いつインドネシアビザが不要になるか不明ですが、とりあえず今晩の列車でスラタニまで南下してどこかのビーチでのんびりするつもりです。いずれにせよインドネシアに飛ぶとすればマレーシアのペナンからですし、そこまでは数日の猶予があります。インドネシア政府が自国民はビザ無しで日本に行くことができるようになったのに日本人にはビザ代という入場料を35ドルも払わせ続ける気であれば私は2度とインドネシアには行かないでしょう。2015年にもなってビザなんて時代遅れのシステムを続けている国がいくつかありますが、ビザ無しにした方が観光収入は増えるはずなのでアホだと思います。

愚痴はこれくらいにして、チェックアウト後に観ることにした映画の話です。明日の宿にチェックインするまでシャワーを浴びることができないのでクーラーが効いた映画館で過ごすことにしたのですが、スカラ座ではタイミング良く面白そうな「イミテーションゲーム」という作品を上映中でした。その感想を書く前にバンコク最後のランチ選びについて少しばかり…






夜行列車の前ですから汗をかかない店が条件でした。

私は基本的にクーラーが効いた店では食べないのですが、今日は寝る前にシャワーを浴びることができないのでMBKにある飲食店の中から選ぶことにしました。何か最後のランチに面白そうなものはないかと歩き回っていたら、「トムヤムうどん」というのがありましたので悩んでしまいました。

その味は想像できるのですが、腰があるうどんと一緒に食べてみたら知らない世界が待ってるかもですからね。しかし店名が讃岐地方では地元の人の評価が低いであろう「亀」の二番煎じの「鶴」でしたし、隣の食堂とキッチンは裏で繫がっているようでしたので止めておきました。先日もすき家のガパオ牛丼を試してみて、タイ人が作ったからといってタイ料理が美味しいとは限らないということを学んだばかりでしたし。






いろいろ悩んだ末に6階のフードコートで食べることに。

私は最近のフードコートでは常識になっているプリペイド式のカードシステムが面倒で大嫌いなのですが、ぐるりと一周した時に試したことがない土鍋料理が50バーツでありましたので即決しました。この手の料理はマレーシアやマカオでは経験済みでしたが、タイでは初めてでしたし。

ガラスケースの中には2種類の土鍋料理の見本が並んでいましたが、小麦の縮れ麺より米粉の丸まった麺の方が美味しそうでしたので指をさして注文しました。土鍋は単なる容器みたいでグツグツに煮てあるわけじゃありませんでしたが、なかなか美味しい料理でした。モヤシやネギもセルフで取り放題でしたし、今日も満腹&満足となりました。






映画まで時間があったのでデザートを探しました。

フードコートでもカキ氷風なヤツや亀ゼリーみたいなものとかたくさん並んでいたのですが、デイリークィーンの10バーツのソフトクリームに較べてしまうと高過ぎるように感じてしまいます。それでMBKの中の2軒のデイリークィーンの店に行ってみたのですが、どちらも割高な30バーツのワッフルコーンのタイプしか販売していませんでした。

映画を観た後に夕食を買いに行くテスコロータスに支店があるからいいかとあきらめたら、渋谷では見かけたことがないソフトクリーム屋がありましたので笑えました。マスコットは渋谷だけにハチ公をイメージしたのでしょうが、どうも私の思い浮かべるものとは乖離していました。まあ流行っていない店でしたので、批判する気にもなりませんでしたが。






念のためMBKのシネコンにも行っておきました。

シネコンはどこも普通でも高い入場料が週末にはさらに高くなったりしますので、私はスカラ座以外で映画を観る気にはなれません。しかし何か面白いものを上映していたらとラインナップをチェックしてみることにしました。

スカラ座で近日公開のポスターを見て楽しみにしているニール・ブロムカンプ監督の「Chappie」の新しい予告編を繰り返し流していましたので10回くらい見てしまいましたが、かなり面白そうです。ただバンコクでの公開は3月だそうでガッカリでした。来週くらいから始まると期待していたのですが…






今日のスカラ座はかなり混んでいました

そろそろアカデミー賞が話題になる季節ですし、公開が始まってから最初の週末ということもあったのでしょう。このタイプの作品としてはわかりやすくて、時代背景も上手く描かれていて悪くはなかったのですが、最後まで感情移入ができませんでした。事実に基いた作品は脚色に限界があるのは理解できるのですが、もう少しヒューマンドラマとして濃厚に描くことができなかったのかと残念でした。

少しだけ割り切れない思いでスカラ座を出たら、前回は真っ暗だった飲食店が並んでいた屋根がある細い路地が営業を再開していたので嬉しくなりました。ここがやってると知っていたらMBKのフードコートなんかで食べなかったのにと残念でしたが、また来年に来れば良い話ですから…






タイでは珍しい行列を見かけました。

暑い国ではどこも何かを買うために屋外で並んだりすることを好まないと思いますが、サイアムスクエアワンの隣ビルの裏口の辺りで原宿のパンケーキ屋やポップコーン屋みたいな行列かできていたので驚かされました。

その行列の原因は日本ではさほど評価もされていないクロワッサンたい焼きの店でしたが、不思議なもので私も一口だけ味見してみたくなりました。もちろん今晩の夜行列車に乗らないとしても、行列には並びませんけどね。






予定より早くファランポーン駅に着きました。

近道するために駅の東側の職員通用口みたいなところから駅舎内に入って、先ほどテスコで購入した食料品を並べて撮影できる場所を探したのですが、真横を通り抜けようとした列車が少し雰囲気が違うことに気がつきました。それは数年前に車両のメンテナンスを健全に保つために運行を取り止めてきたオリエント急行でしたが、偶然でしたので驚かされました。

列車最後尾のフルオーブンのキャビンのデザインからオリエント急行だと理解できて急いでデジカメを構えたのですが、タイミングを逸してしまいました。まあオリエント急行はこれから南下する国でも停車出発を繰り返しますので、そのスケジュールを事前に調べておけば見る機会はありますが。ちなみに見送る鉄道ファンが皆無だったととにビックリでした。






これが今晩の夕食のラインナップです。

タイ料理にも少し飽きてきたこともあり、イタリアンなマカロニをチョイスしてみました。それにトマトやオレンジ、そして明日の朝食用のパンや水、インスタントコーヒーなどを購入したのですが、最後に駅の近くのコンビニで購入したビールも含めて500円以下になんとか収まりました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/01/31(土) 12:31)

<<1年に1度以上もタイを旅行していても理不尽な話だと思うことは… | ホーム | 最後にバンコクで試しておこうかと考えて食べてみた料理の感想は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3240-4e5aa119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア