新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 気持ち良く目覚めた朝にクラビのバスターミナルまで歩いた理由は…


今朝気持ち良く目覚めることができました。

昨夜は夜更かしの欧米人旅行者たちがうるさかったのですが、逆に朝はなかなか起きてこないので静かな朝を迎えることができたのです。クラビはなかなか快適でしたので連泊することも考えたのですが、手持ちのバーツが少なくなってきましたので先に進むことに。宿からソンテウという小型の乗り合い自動車に乗れば楽バスターミナルまで行くことができたですが、先日の原人信号はひとつでは無くて動物のバージョンもあると聞きましたので歩いて行って撮影することに。しかし誰かこんなものを発案したのでしょう。

歩くことにしたもうひとつの理由は、この象さんの信号の近くにタイ政府観光局のTOTのオフィスがあったためでした。マイナーな西海岸側を南下してから船でマレーシアへ渡るというルートの情報収集に行ってみたのですが、あまり役に立つ情報はありませんでした。






突然にインドのような光景が出てきました。

クラビの中心部は外国人旅行者が多いこともあって都会的な雰囲気があるのですが、やはり少し離れると昔のクラビを思い起こさせてくれるシーンに遭遇することがあります。





タイの神棚が大量に投棄されていました。

わりと若い人たちも信心深いみたいですし、高齢者などはお寺を見かける度に手を合わせたりするくらいタイでは宗教が生活に深く根ざしていると思います。そんな国で神棚みたいなものが便器などと共に廃棄されていたのは驚きでした。古い家を解体した時などに邪魔になったのでしょうか、まとめてお坊さんに処分をお願いする予定なのかもですが。






とりあえずバスでトランという町まで行くことに。

今日の最終目的地はタイ南部のサトゥンという町ですが、クラビからの直行のバスもありました。それでバスターミナルの売店で食料を購入してサトゥンまで行くことも考えましたが、急ぐ旅でも無いのでトランまでのチケットを120バーツで購入して11時発のバス乗り込みました。

満員のバスは予想した通りにクラビ空港方面に走ったのですが、しばらく走ったらアウトレットモールが見えてきました。先日私の見間違いではと思いましたが、やはり間違いありませんでした。こんな場所に不思議でしたが、那覇のあしびなーを視察した人たちが発案したのかもしれません。






トランまでは約2時間ドライブでした。

岩山が点在する地形のためなのか、海岸線を走ることは皆無でしたが、そうなるとディカプリオの映画に出てきたような豊かな自然が残っているということなのでしょう。バスは意外に小さなターミナルに到着しましたが、とりあえずトラン駅まで歩いてみることにしました。






トランでのランチ探しは苦労させられました。

バスターミナルにも小さなモスリム食堂がありましたし、映画に続く通りにもいくつかの見せが点在していました。13時を過ぎていましたので空腹でしたが、駅の手前の市場の食堂を狙おうと歩いたのですが、ランチタイムを過ぎていたためか後片付けしてる店ばかりでした。結局はトラン駅周辺でも先日のような良い店が見つからず、バスターミナルの近くまで戻って食べたのですが、その店でも最後の客みたいでした。






次のサトゥン行きのバスは15時半発でした。

今回も内陸部の道路を走ったので景色は単調でしたが、ほとんど2車線で信号も少なかったので快適でした。バスはギリギリ日没前にサトゥンの普通の路地に到着しましたが、町から遠いことが多いバスターミナルで降ろされるよりマシでした。






夕暮れのサトゥンでこんなものを見かけました。

タイで最後の宿探しのために町の中心部らしきモスク方面に歩いていたら立派お屋敷が現れました。この辺りの知事の公邸みたいでしたが、タイ南部はモスリム比率が高いので行政の長の権限が大きいのかもしれません。サトゥンの隣のマレーシア北部ではまだスルタン制度が残っているみたいですし。






宿探しは後にして、先に何か食べることに。

サトゥンはマレーシア国境に近い最後の大きな町ですが、両国を行き来する場合のメインはハジャイですので旅行者は少ないみたいです。それでゲストハウスの数がクラビの数十分の1と少ないみたいですが、いくら夜でも半袖で心地良い気温とはいえ物価の安い国での野宿はイヤでしたので、かなり町の隅々まで歩き回りました。

しかし予算オーバーなくせに見た目がたいしたことがない宿ばかりでしたので、長期戦に備えて先に屋台が並ぶナイトマーケットで夕食を探すことに。サトゥンも海に近いのでムール貝の卵とじに決めたのですが、これが40バーツで、ごはんは付いていませんでしたので7バーツのチマキ風なものを購入しました。ナイトマーケットではムスリムが多いためか誰もビールを飲んでいませんでしたので、テイクアウトにして近所の店で33バーツのチャンビアを購入してベンチで食べました。

食後にまた宿探しを再開して許容範囲の宿にチェックインできたのですが、今日は予想外のことが多過ぎました。もう1時間早くスタートしていたら結果は違うものになっていたことでしょう。タイ語が理解できない旅行者には早めの行動と多少の妥協は必要なようですね。まあ明日からは英語が通じるマレーシアですから問題は無さそうですが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/02/02(月) 23:59)

<<久しぶりにアザーンで起こされてから出かけた先で出会ったものは… | ホーム | 1年に1度以上もタイを旅行していても理不尽な話だと思うことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3242-df2a3163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア