新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝の涼しいミリの町を歩き回ってみて感じたことは…


昨夜は朝食用のパンを買えませんでした。

苦労して探したホテルの数軒先にはコンビニがありましたが、いつ作られたものかハッキリしないパンは買う気になれませんでした。それでまずは昨晩に美味しい油麺を食べた市場に行ってみたのですが、朝食にちょうど良いものが見当たりませんでした。最悪の場合は朝マックや朝ケンタでもいいかと考えながら探したのですが、醤油とワサビの小袋は持ち歩いていますので、市場で新鮮な魚とナシレマックでも買ってナシサシミにでもとも考えました。しかしプラスチックのナイフじゃ魚を捌くのはキビシイので他を探すことに。






市場ではたまにこんな光景に出くわすことがあります。

前回はたしか釜山でしたが、こういった脱出しようという気力があるヤツは応援したくなります。ただここから海まで300mはありますので連れていってやろうとは思いませんが。バケツの仲間の元に戻すのも手が魚臭くなりそうなので、この市場の関係者らしき人に向かって地面を指差してアピールしておきました。たぶんそれで事態を理解してくれたことでしょう。市場ではよくあることでしょうから。






ようやく朝食にちょうど良いものを買えました。

揚げたての細い油条が3本1リンギであったので、それと同じ値段のチキンの串揚げとナシレマックの3種類を購入したのですが、揚げたてのものはなんでも歩きながら食べる最高に美味しいですよね。昨晩は無人地帯だったアーケードを抜けてホテルに戻ろうとしたら、そこは地元の中高年男性の溜り場となっていましたので驚かされました。






チェックアウトして最初にこのモールへ行きました。

ビンタンメガモールという名前に負けない大きさがあり、スターバックスやダイソーなども入っていたので驚かされました。また最上階にはシネコンまでありましたが、残念ながら私が観たかった「キングスマン」は時間が合いませんでした。






次のシティモールにもシネコンがありました。

町の少し北側にあったモールの隣に新たに増築されたものみたいで、新しい方のモールの最上階にもシネコンがあり、10分後に観たかった「キングスマン」が始まるところでした。予告編が15分ほどありますので、ランチを食べる余裕もありましたが、あまり空腹感が無かったのでシュガーバンという店でテイクアウトしたハンバーガーを持ち込むことにしました。

なかなか笑える作品で、シリーズ化されるのが確実だと思えました。マレーシアはシネコンのクーラーが効き過ぎいるので困りますが、今日はすべての荷物を運んでいましたので、ジャケットなどを総動員して対処できました。ちなみにギリギリ午前中の回でしたので6リンギでしたが、これは私の最高記録です。前回までは同じ配給会社の7リンギでした。






ブルネイ行きのバスまで時間の余裕はありました。

それで先日とは反対側の道を歩いてバスターミナルまで行くことにしたのですが、ショートカットのために敷地内を横切った図書館の1階は祈りの場やイベントなどにも使えるように面白い造りになっていました。掃除のおばさんがいたので昼寝している人は皆無でしたが、ここはおそらく昼寝の人気スポットなのでしょう。この建物の中を真っ直ぐに通り抜けることができたので、5秒ほど時間が短縮できました。(笑)

3キロほど先のバスターミナルまで歩く途中でローカルなスーパーがありましたので、非常食や明日の朝食用のパン、そしてフルーツなどを購入しておきました。ブルネイはシンガポールドルとリンクしている物価が高い国ですから、生活防衛のために配慮しておく必要がありましたので。ちなみに先日の夕方に通り抜けたモールにも大手チェーンのジャイアントがありましたが、初めてのスーパーの方が楽しめました。






先日のモールの対面には立派な教会がありました。

人口が多いとは言えないミリの町にシネコンがあるモールが2軒もあったり、こんな大きな教会が建てられたりするのは不思議ですが、裕福なブルネイに近いことがひとつの理由なのかもしれません。この教会には大型バスを停めることができそうな広い駐車場がありましたが、日曜日にブルネイ人の信者たちがモールとハシゴしているかもですし。

ここで私のようにミリの中心部からバスターミナルまで歩く方へのミニ情報ですが、この教会の隣のペトロナスのガソリンスタンドのフェンスが壊されていて、そこから少し岩場を登って二股を左に歩くと屋台街があり、その先がバスターミナルです。Googleマップで見れば理解できると思いますが、普通の道は遠回りになりますのでショートカットしたい方にはオススメできます。ただし岩場は滑りやすいので自己責任で。また教会の対面のモールに行くには離れた所に信号や歩道橋がありますので、安全最優先な方はそちらを。






ミリを出発して30分ほどで国境に到着しました。

バスの乗客は10人程度でしたし、ブルネイと行き来が多いマレーシア人たちは彼ら専用の無人審査機を使ってましたので、かなりスムーズでした。審査を終えて誰もいない税関をフリーパスで抜けたら2匹の猫が寝そべっていましたが、いかにも南国のマイナーな国境という感じでした。






ブルネイ側の審査の後でバスの乗り換えがありました。

同じバス会社ものでしたが、ここで乗客をスイッチさせてそれぞれの車庫に戻るというのを1日に2回繰り返しているのでしょう。ちなみにバスの先に新しいブルネイ側のイミグレーションの建物が見えましたが、それを使うようになると乗り換えは屋根の下で行うようになるのかもしれません。






このモニュメントは見覚えがありました。

ブルネイに入国してすぐの場所にあるのですが、ブルネイのおもてなしの文化を象徴しているものかも。ブルネイ側に入ると金をかけて整備されていることがわかりますが、華美というわけではありません。晴天なら最高時速が100キロまで許されている信号が少ない国道をひたすら走り続けましたが、残念ながらキレイな夕焼けは見ることができませんでした。






バス3時間半ほどで首都に到着できました。

ブルネイは人口も少なく、店が閉まるのも早そうですからまるで真夜中のような雰囲気でしたが、先ほど太陽が沈んだばかりなのです。ブルネイを旅行する場合の選択肢はラディソンのような普通のホテルか、ユースホステルかの2択なのですが、私は当然ながら割安感がある後者を選びました。

そのユースホステルはバスターミナルから近いので悪くないのですが、フロントにいつも人がいないのが問題です。それでどこにも寄らずに直行してみたら、アフリカ系のフランス人が4時間ほど待ってるということでした。それから30分ほどでユースホステルのマネージャーがやってきて無事にチェックインできました。手持ちの10シンガポールドルで支払って、カギを渡されて後はご自由にという感じでマネージャーは帰宅してしまいましたが、明日のチェックアウトは何時でもいいからカギだけポストに忘れずに入れていってくれということでした。そのユースホステルにはあちこちに監視カメラはありましたが、日本人の感覚からしてみると無用心ですよね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/02(月) 23:59)

<<プールを眺めながら朝食をいただいた後に出かけた所は… | ホーム | 早朝のシブの市場で見かけて少し驚かされたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3271-98c5e92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア