新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 朝食用のパンを買い忘れたために早朝のマニラで見かけた光景は…


先日は朝食用のパンを買うのを忘れていました。

それで夕陽見物の帰りに見かけたジョリービーで食べようと早朝のエルミタを歩いていたら、道にテーブルを置いてるカジュアルな店で仕事を終えた夜のお姉さまたちがビールを飲みながら食事をされていました。おそらく昼夜逆転の生活も長く、これから寝て午後に起きてからチェーンスモークしながら化粧されるのでしょう。

そのテーブルの近くは昨晩からのゴミが散乱していたのですが、その店の息子と思える少年が掃除を手伝っていましたので感心しました。ゴミのポイ捨てする夜のお姉さまたちとそれを掃除する少年の組み合わせを撮影しようとしたら、少年は照れて顔を隠そうとしていました。






ジョリービーでいちばん安い朝食を試してみました。

以前にもあったものか記憶に無いのですが、パンケーキで目玉焼きとチーズを挟んだものとコーヒーのセットが49ペソでした。それにベーコンを加えたものもありましたが、パンケーキとは合わないように思えてシンプルで安い方を選びました。ジョリービーは世界で唯一、外来種のマクドナルドに勝ち続けているローカルチェーン企業らしいのですが、理由がわかるような気がします。最近はベトナムやブルネイなどにも進出していますが、日本にも出店してほしいものです。






日曜日ですから教会ではミサが行なわれていました。

フィリピンはかつてスペイン領だったことがあるので東南アジアではキリスト教の信者数が多いことで有名ですが、南米並みに教会の数も多いのです。この歴史がありそうな教会も多くの信者でほぼ満員でしたが、昔とただひとつ違っていたのは壁に神父さんの顔を映し出すために液晶モニターが取り付けられていることでした。






ランチは地元民向けの定食屋を試してみました。

道路に面してフルオープンの屋台に毛が生えたような店でしたが、肉料理と野菜料理から1種類づつ選んだ定食が55ペソと割安感がありました。店のお母さんがずっと受け継いできたフィリピン料理だから不味いわけはなく、また別の種類も試したくなりました。






ランチ後にチャイナタウンまで歩いて行くことに。

エルミタ地区からは電車やジープニーでも簡単にアクセスできるのですが、街の変化をチェックするのには歩くのがいちばんですし、健康にも良いはずですから。これも歩いていたから見つけたものですが、大学の入口に電車に不正乗車しないようにとバナーが。苦学生が多いのでしょうが、ちょっと恥ずかしいですよね。






バス停にはこんな図案が残されていました。

マニラにバチカンでいちばん偉い人がやってきたことは何かのニュースで見かけたことがありましたが、その熱烈歓迎ぶりが目に見える証拠で残っているとは思っていませんでした。フィリピンは周辺国に較べると地味に見えますが経済成長していて人口も増えていて、タクロバンの大災害などありましたので信者を増やす好機とバチカン首脳部が考えたとしても不思議じゃありません。APECだって開催できる国になったとフィリピン人が誇りを持てるようになると良いのですが、その直前に台風や火山噴火など起きなければ良いのですが…






途中のスーパーでビールと飴を購入しちゃいました。

飴はごく普通のもので問題なしでしたが、アルコール度数が7パーセントと高いビールの方は安いウィスキーをブレンドしたような感じで後味が悪くて最悪でした。フィリピンでビールといえばサンミゲルでしたが、最近は不味かったレッドホースが劇的に美味しくなっていると評判で勢力図を塗り替えているようです。疑い深い私はその2種類を交互に飲みくらべているのですが、レッドホースの方が現代っぽい味で多くの支持を受けることが理解できます。サンミゲルも悪くないのですが、少し古くさいビールって感じがしますので。






久しぶりにチャイナタウンで映画を観ることにしました。

チャイナタウンには3軒の古い映画館が残っていて、ショッピングモールのシネコンより安いので何度か観たことがあります。今日も何か見逃していた作品をやっていないかとチェックしてみたら、サム・ライミ監督の「SUCKER」という聞いたこともない作品を65ペソで上映中でした。シネコンの入場料が200ペソ以上する時代に安かったので試してみることにしたのですが、その劇場は音響システムも映写機の光量にも問題があって最悪でした。

しかもチケット売場に書いてあった時間より3分ほど前に入場したのに本編が始まっていたので、ストーリーが把握できませんでした。音が悪過ぎて英語のセリフが聞き取れず、映像が暗かったので夜のシーンでは何が起こっているのか理解するのに苦労させられました。エスカレーターは数年前に止まっていたみたいですから3階の劇場まで階段を上がる必要がありましたし、久しぶりにヒドい劇場でしたが無くなるとサミシイものがあります。映画を観終えて表に出たら「ROJER」という劇場が閉鎖されてテナントを募集していましたが、これで残り2軒となりました。誰か大富豪が劇場を買い取って50ペソくらいの入場料で街の映画館として再建してくれないかな。もし資金を出してくれるなら、私もボランティアで最初の1年くらいは支配人を務めますが…






チャイナタウンにはまだこんな違法建築がありました。

川のゴミは少なくなっていましたが、相変わらず悪臭は酷くて日本人なら劣悪な環境だと目を背けたくなることでしょう。まあこの程度はかつてのスモーキーマウンテンに較べればマシな方なのですが、この川に3メートルほど張り出して建てられている家はかなり危険だと思います。廃材を集めてそれだけの家を作ったお父さんは大丈夫だと言い張るのでしょうが、もし崩落して水没したら子供や老人は水死するかもしれません。マニラ市は危険性を認識していながら、川の上の住民は危険を承知で住んでるので仕方がないと考えているかもですが、そんな国であればAPECなど開催する資格は無いでしょう。今からでも三流国には無理ですと辞退すべきでしょう。






チャイナタウンの野外市場は大盛況でした。

「999」と大きく書かれた卸売りモールの先に肉や魚、野菜などを売る屋台が路上に並んでいて見て歩くだけでも楽しいのですが、1キロほどで10ペソだったトマトを購入しておきました。マンゴーなどの果物も買いたかったのですが、マニラ滞在中に食べ切る自信が無かったので止めておきました。それでマンゴーを食べた気分でも味わうために屋台のマンゴージュースを試してみたのですが、これが果肉が入っていないのではと疑ってしまうヒドいものでした。見た目はインドの濃厚なマンゴージュースに似ていたのですが、おそらく果汁は5パーセント以下でしょう。地元の人は誰も飲んでいなかったのに気がつくべきでしたが、20ペソも無駄遣いしてしまいました。






チャイナタウンからは歩いて帰ることにしました。

最初の計画ではチャイナタウンの先の駅から電車に乗ってブエンディア駅あたりで降りてマカティ地区の変化をチェックするつもりでしたが、つまらない映画を観てしまったので時間が無くなってしまいました。それでイントロムロスの横を歩いてリサール公園を横切ってアメリカ大使館の先あたりでビールでも飲みながら夕陽見物をすることにしたのですが、アメリカ大使館の対面にできていたファミリーマートの前でこんなWi-Fiの看板を見かけました。

ゲストハウスまで5分ほどでしたので試す必要は無かったのですが、歩き疲れたこともあってファミマの軒先に腰掛けてアクセスしてみました。ログインする必要もなく繋がったのですが、肝心のメールの本文を開くことができずイライラさせられました。そこで無駄な時間を過ごしている間に夕陽は沈んでしまったのですが、虚しさだけが残りました。いくら無料のWi-Fiといっても、そんなんじゃダメですよね。公共のWi-Fiであってもアップルストア並みの快適性を目指すべきでしょう。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/08(日) 23:59)

<<心地良い風が吹いていたので試してみることにした朝食の味は… | ホーム | 早朝のマニラのニノイ・アキノ空港で見かけて意外だったものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3277-5ea14435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア