新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 心地良い風が吹いていたので試してみることにした朝食の味は…


今回のゲストハウスは共有部分が開放的です。

マニラで寒いということはありませんし、スコールが降ったとしても短時間でしょう。台風で横殴りの雨が降る時には使えなくなるのでしょうが、そんなことは1年に一度あるかという程度でしょうから、365日フルオープンです。今朝は特にマニラ湾からの心地良い風が吹いていて室内の店に出かけて朝食を食べるのはもったいない感じがしました。

それでゲストハウスの割高な朝食を試してみることにしたのですが、料理はごく普通でした。朝食を頼むと無料と書いてあったコーヒーも普通に美味しかったので皿を下げに来た人に「美味しかったよ、お代わりを…」と告げました。ところがしばらくしてテーブルにソーサー無しで置かれたカップに入っていたのはインスタントコーヒーで、それに20ペソも取られました。朝食に1杯しか無料のコーヒーが付いていないのであれば書いておくべきでしょうし、最初にレギュラーコーヒーを出しておいて、それを期待して注文したらインスタントというのはちょっと問題があるのでは。明日は違う朝食を試してみようかと思っていましたが、2度と食べないことに決定!






これは5ペソのコーヒーの自動販売機の話です。

フィリピンではなぜか5ペソコインで飲むことができる韓国製のコーヒーの自動販売機が普及しているのですが、ソウルなどの安食堂に置いてあるものと同種のものだと思います。コインを入れるとカップが落ちてきて電熱で沸騰させた水で粉末のインスタントコーヒーなどが溶かされるという仕組みのようですが、店側は場所と電源さえ提供すればメンテナンスなどは業者さんが巡回して行ってくれるシステムだと思います。手軽なのであちこちで見かけるようになったのですが、こんな感じで壁に固定されているのは初めて見ました。完全に屋外でしたが、シンプルな構造なので意外に問題は無いのかもですね。しかし私は壊れていたら面倒なので試す気にはなれませんが。






これは今朝のマニラ動物園の入口の様子です。

上野動物園みたいにダウンタウンに近い小規模な施設で、私は昔から入ってみたいと考えています。しかしここもマニラ市民以外は倍の入場料を取るという理不尽なシステムを続けていますので入場することができません。普通の日本人観光客の皆さんは少額のことなのでと気にしないで支払われるのでしょうが、私はこういった二重価格は許せません。合理的な理由がないからですが、おそらくマニラ市長あたりが自分の選挙に有利だと発案した名残りが今でも残っているだけなのでしょう。日本の田舎の村の温泉施設などでも村民料金は半額だったりしますが、どこでも似たような浅ましい発想があるものですね。






ランチは動物園の先のSMで済ませました。

かなり老舗のモールで老朽化しているのですが、クーラーの効きが良いとはいえないところが居心地が良かったりします。もちろんジョリービーや超群などのフィリピン国内ならどこでも見かけるようなチェーン店は揃っていますが、子育てを終えた主婦が友人たちと始めたような雰囲気の店もあったりして楽しめます。今日はそんな屋台に毛が生えた程度の店の45ペソで飲み物付きのセットを試してみることにしたのですが、他の客が20ペソのソーセージみたいなのを追加していましたので私もマネしました。味は値段に見合っていましたが、見た目が良くないですよね。キュウリやトマトのスライスしたものが少し乗ってるだけでイメージが格段に良くなると思いますが…






マカティ地区のモールは微妙に変化していました。

まずは他のシネコンより少しだけ安いグリーンベルト1の上映作品をチェックしてみたのですが、コタキナバルで観た「チャッピー」と知らない俳優さんたちの恋愛ものでしたのでガッカリ。どうせ200ペソ以上するので観ないことになるのはわかっていましたが、グリーンベルト3の最上階のシネコンのラインナップもチェックしてみることに。その途中で「TOPSHOP」の工事現場を見かけたのですが、日本から撤退するブランドがフィリピンにオープンするのが違和感がありました。化粧品のセフォラなども東南アジアでは今でも見かけることがあるのですが、日本のマーケットはそれだけシビアだということなのでしょうか。ちなみにウェンディーズに続いてタコベルも日本再上陸するそうですが、それは個人的に大歓迎です。






アヤラ駅の近くにこんなバス乗り場が作られていました。

私はこれまでボニファシオ地区に行く場合はいつもアヤラ駅やグアダルーペ駅などから歩いていたのですが、かなりビルや店も増えてきたことから巡回バスの運行が始まっていました。歩くと25分ほどかかる距離を12ペソで行ってくれるみたいですから乗ってみようと思ったのですが、あまりにも行列が長過ぎでしたので断念。この路線はジープニーでは無く大型バスですから、行列の待ち時間はたいしたことが無いかもでしたが、フィリピンで行列に並ぶことが許せませんでした。歩くのは健康に良いし、途中に新たな発見があるかもと自分に言い訳して高級住宅街に向かって歩き出しました。






マカティではやたらとファミリーマートを見かけました。

エルミタ地区でもアメリカ大使館の向かいに出店していましたが、セブンイレブンやミニストップに対抗するためマカティ地区に集中出店することしたみたいでした。コンビニの中てはいちばん洗練されたイメージですが、お弁当コーナーには高価なカツ丼や蕎麦なども強気の姿勢で並べていました。

さらに強気だと感じたのは抹茶とブルーベリーのソフトクリームの値段がライバル店の倍の30ペソだったことですが、なんとセルフサービスで自由に作ることができるということでした。つまりライバル店の倍の大きさにすれば良いということでしたが、今日はランチ後にミニストップのソフトクリームわを食べていましたので悩みました。しかしこれからボニファシオ地区まで歩いて行くからカロリーは消費すると言い訳して初チャレンジすることに。わりと上手く巻くことができましたが、倒れるのを恐れたので大きくはできませんでした。これは再チャレンジしなきゃですよね…?






ミニクーパーの横でロールスが工事中でした。

元英国車の大小が仲良く並ぶことになりましたが、近くにはメルセデスもありましたし景気が良さそうに見えます。しかしフィリピン経済の実態は素人には理解不能です。中国のバブル経済が破綻したらこれらのショールームはすべて閉店となりそうですが、そんなハイリスクの中でも次々に新しいビルが建設されています。さてババ抜きの被害者は誰になるのかな…(笑)






キッザニアの建物はすでに完成していました、

私はこちらが正面になると予想していたのですが、反対側が半円状になっていてエスカレーターで3階の受け付けまで上がるような造りでした。おそらくこの背面にはイラストなどが大きく描かれることになり、敷地に余裕がありましたので、将来的には別棟を建て増すことが予定されているのかもしれません。






デパートの地下のスーパーで少し買い物をしました。

明日の朝食用のパン・デ・ソルと本日1本目のビールなどでしたが、やはりレッドホースの方が美味いと思えました。もちろんかなり歩き疲れていて、喉も渇いていたこともありますが。それからデパートの横の各地へのジープニー乗り場からEDSA行きに乗ったのですが、着いたのはなぜかアヤラ駅前でした。それはゲストハウスに戻るには最短ではありませんでしたが、マカティ地区の中心部をチェックするには最適でしたので夕陽に向かって歩き出しました。

ゲストハウスまで半分くらいまで歩いた所で休憩することにしたのですが、もう今日はソフトクリームを2個も食べていましたので悩みました。2本目のビールは夕食の時が良いので、目の前にあったクーラーが効いていそうな美容院で髪を切っておくことに決定。ダリル・ホールに似たオカマっぽいおじさまが素晴らしいテクニックで5分ほどで仕上げてくれましたのであまり休憩にはなりませんでしたが、50ペソでしたから文句はありませんでした。もちろん私の理想は夕暮れに海沿いのパームツリーの下でハサミだけでカットしてもらうというものでしたが、現在の大マニラ圏では不可能でしょう。

気分的にもサッパリしてゲストハウスに向けて歩き出したら、駅の近くにシュワルマ屋がありましたので今晩の夕食に決定。オニオンを多めに入れてもらって、先ほどの美容院のお釣りの50ペソを払ってコンビニにビールを買いに行きました。シュワルマは本家のレバノンやシリアなどの人々が食べたら激怒しそうなレベルでしたが、アジア飯に飽きていた私には許容範囲でした。ビールが救ってくれたというのもあるでしょうが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/09(月) 23:59)

<<名前が無いセルフ店でランチを食べて帰国したような気分になった理由は… | ホーム | 朝食用のパンを買い忘れたために早朝のマニラで見かけた光景は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3278-42dc5813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア