新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 高雄に行くのをあきらめて台南の街で行った所は…


今日は高雄に電車で移動する予定でした。

しかし先日の自転車で長距離を走り回った疲れが残っていたので、居心地が良い台南で連泊してのんびりすることにしました。遅れていたブログの更新を済ませ、先日はエレベーターが混んでいてあきらめた林百貨店に行ってみたのですが、先日よりマシでしたがエレベーターは3回待ちでした。

林百貨店のリノベーションはかなり良くできていたのですが、商品や飲食メニューは高めでしたので残念でした。各所に日本語の説明文もあったので悪くありませんでしたし、歴史的な価値がある建物を上手く活用してくれたことに感謝です。






これは林百貨店の屋上から駅方面の景色です。

対面の銀行の建物も日本統治時代のものらしいのですが、入場制限するほどの林百貨店の人気を受けて近いうちにリノベーションされるのではと予想しています。それは神戸の居留地の大丸の裏の歴史ある建物がサザビーによりアフタヌーンティーなどが入居する「LIVE LAB. WEST」という商業施設に生まれ変わり、それが契機となって周辺が激変したことからも間違いないでしょう。台南の雰囲気を台無しにする駅の裏のアグリーなシャングリラホテルが見えていますが、そんなものを許可した役所の人間は大いに批判されるべきでしょう。






ランチは何にしようかと考えながら歩き出しました。

先日のランチにエビ麺を試した店の前には今日も行列ができていたのですが、その中にゲストハウスで知り合った人がいたので挨拶したら、私も食べに来たと勘違いされ「私と一緒にどうぞ…」と行列の最後尾に並ばなくて良いように配慮してくれました。もう2度と再訪することは無い店だと思っていたのですが、せっかくの配慮でしたので店でいちばん安い挽肉が乗った小さな一品を試してみることに。それだけじゃ絵的にサミシイので、同席の方が注文されたエビ麺と共に撮影しておきました。エビ麺と同じで普通に美味しかったのですが、これで30台湾ドルは高いですよね。普通の店なら15~20台湾ドルくらいですので。






台南でも6缶170台湾ドルのビールを購入しました。

台中から高速バスに乗る前にファミリーマートで購入して足りると思っていたのですが、先日の自転車での長距離走行と揚げものばかりを夜市で食べたこともあり、残り1缶となっていました。ランチをご一緒した旅行者の方がシェアしても良いとのことでしたので購入しておいたのですが、台湾のファミリーマートでもチョコレートのソフトクリームがありましたので一緒に購入しようかと悩みました。しかしマニラだと15ペソで買えるソフトクリームが割高でしたので止めておきました。ビールだけでもカロリーが高いですからね。






台南のダウンタウンにはお寺がたくさんあります。

まだまだ低層の古い建物が残っていますし、裏道を抜けたらお寺の境内に出たりして新たなショートカットを発見できたりして楽しかったりします。お寺では老夫婦がお供え物を購入してお互いの健康や孫たちが健全に生長することなどを祈っていたりしたようですが、若い人も見かけたりします。日本だと若い人は元日くらいしか行かないと思いますが、のんびりとした空気が流れている台南では物理的にも精神的にも距離が近いみたいですね。






台南の市場でものんびりした空気が流れていました。

名物のカラスミを製造販売している店ありましたが、日本人観光客に慣れている台北の土産物屋とは雰囲気が大違いでした。ここは日本語が通じそうにありませんし、店ご主人も頑固そうな雰囲気でしたし。もちろん台湾の人と買物に行けば優しく対応してくれるでしょうが。






台南の市場でようやくノラ猫を見かけました。

マニラでは食堂の足元には普通に腹ペコ猫がいたりしましたが、台湾に着いてからほとんど見かけなくなったので飢餓感がありました。今日はようやく市場で3匹の親子を見かけたのですが、逃げ足が遅い末っ子だけを撮影できました。この子もすぐに母猫の後を追って逃げてしまいましたが、台南の人は猫たちに優しくないみたいですね。






屋台に毛が生えた店で春巻を買ってみました。

地元の熟練主婦の皆さんが目の前に並んでいる食材を手慣れた手順で巻き続けている店でしたが、多い人は10本単位で購入していましたので休むヒマは無さそうでした。けっこうな量の砂糖を入れて巻いていましたので「不要!」と言いたかったのですが、そんなことを申し出れる雰囲気ではありませんでした。歩きながら食べてみたら想像した通りにかなり甘めでしたので、ビールと合わせるのは止めておきました。






台南の観光地ではコンサートが開かれていました。

台南のダウンタウンの中心的な存在の赤かん楼ですが、夜は歴史ある建物がライトアップされて、不定期にコンサートなどが開かれているようです。3月の台南は夜でも暖かくて、こういった屋外イベントに最適です。私は外から雰囲気を味わうだけで充分でしたので、入場料を払ってまで入ることはありませんのでしたが。






。夕食は台南の名物を試してみました。

台南だけでなく、広く東南アジア各国で食べられている牡蠣と卵の料理ですが、台南が本場みたいなのです。そういえば最近は口にしていませんでしたので、ゲストハウスにいちばん近い店でテイクアウトしてビール共にいただきました料理は少しだけ冷めてしまいましたが、冷蔵庫から出したばかりのビールキンキンに冷えいて最高でした。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/15(日) 23:59)

<<早朝に台南駅から電車とMRTを乗り継いで向かった場所は… | ホーム | 台南で小籠包とエビ麺をハシゴしてから自転車で出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3284-9d26e13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア