新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝に台南駅から電車とMRTを乗り継いで向かった場所は…


今朝はコーヒーだけを飲んで慌しく出発しました。

居心地が良かった台南で3泊してしまい、高雄での滞在が数時間だけになってしまいましたので早めに出発しました。普通なら台南駅から高雄駅へ行くのでしょうが、それじゃ面白くないので途中の岡山駅まで行ってからMRTに乗り換えることに。いつものように台南駅で自動改札機を抜けようとしたら、カードが反応しませんでしたので現金で35台湾ドルを払って乗車券を購入しました。最後になってトラブル発生でしたが、乗車時間が迫っていたので焦りました。






MRTの南岡山駅の周辺は何もありませんでした。

鉄道の岡山駅の数百メートル南にMRTの北の終点である南岡山駅がありましたので、周辺にはベッドタウンや商業施設などが計画されているのではと予想していたのですが、かなり田舎っぽい所で駅前にはバイクの駐輪場があるだけでした。MRTは延伸できるように考えられているようでしたが、現在のところは鉄道と並行して延伸する必要はないのでしょう。しかし近くの軍用飛行場が他に移転したり統合されることにばれば大規模な計画が動き出すかもしれません。たとえば港湾施設も兼ね備えたクルーズ船とLCCの新しいターミナルとか。長崎や蒲郡の不採算施設を再生させることに成功したHISのマネをした感じの構想が動き出すんじゃないでしょうか。






オープン5分前にイケア高雄店に到着できました。

今朝の台南からの列車は10分ほど遅れたのですが、イケアはMRTの駅から近かったこともあり余裕で間に合いました。1階の奥のロッカーに荷物を入れ、エレベーターで3階のレストランへ。高雄のイケアは朝食は39台湾ドルの1種類しかありませんでしたので、それと25台湾ドルのコーヒーを。Wi-Fiは使えませんでしたし、なぜか眺めが良い奥の席は利用できないようになっていました。

コーヒーサーバーも半分は調整中だったりと、オープン当初に較べたらいろいろ不快に感じる要素が増えていましたが、それはイケアの理念に反すると思います。私がイケアの朝食のマニアになったのは、イケアが大衆の心理を掴む巧みな戦略に感心させられたからでしたが、第一印象を悪くするようなことはすべきではないでしょう。朝食やランチなどで満足すれば、普通は購入額も増えたりするはずですからね。






高雄でもレンタル自転車が始まっていました。

台北ではすっかり市民の足となっているICカードで借り出すことができる自転車ですが、高雄では初めて見かけました。まだ台中では見かけませんでしたが、高雄はそれだけ都会だということでしょう。この手のレンタル自転車には広告がつきものですが、複数の自転車には草間彌生さんの名前がありました。それで水玉デザインが多かったのですが、海岸沿いのインダストリアルな都会にピッタリでした。






小雨の中を傘をさして高雄駅方面に歩きました。

これは高級ブランドが入居しているファッションビルですが、隣に同じくらいの白い別館みたいなものが工事中でした。その色合いからしてみてタージマハールからの発想じゃないかと思いましたが、確かめる術はありません。予想外の展開でしたがモールマニアとしては楽しめました。ただビルの中身はたいして面白そうではありませんが。今回は交差点の反対側に来てから存在に気がついたのでチェックできませんでしたが、次回はちゃんと宿泊してゆっくりチェックしてみます。






イケアから1時間ほど歩いて高雄駅に到着しました。

高雄駅の手前にはバス乗り場がありましたが、そのに停まっていたバスの車体広告に驚かされました。「チャッピー」の広告でしたが、その台湾版のタイトルが「成人世界」だったのです。ゲストハウスで知り合ったアメリカ人にその話をしたら信じてもらえませんでしたが、本当にそんなヒドいタイトルで公開されているのです。そのタイトルには何か私が想像できなかった深い理由があるのかもしれませんが、次に台湾人で日本語が喋れる人に会ったら尋ねてみることにします。






少し離れた場所にこんな建物がありました。

高雄駅の観光案内所でドリームモールより新しい商業施設を訊いてみたら、郊外の「E−DA ワールド」というファミリー向けのアウトレット施設を教えてもらいましたが時間的に無理でした。他に何か新しいものはと教えていただいたものが郊外の文化センターでしたが、かなり巨大な建物で全体を撮影することができませんでした。私は外の景色を楽しみたかったので高雄駅から88番のバスで行きましたが、MRTの駅前に建設されていますので簡単にアクセスすることができます。






こちらの現代建築のホールはまだ工事中でした。

先ほどの文化センターから歩いて行くこともできたのですが、時間が無くなってきましたのでMRTで移動しました。観光案内所ではすでに完成してると聞いていたのですが、まだ数ヶ月はかかりそうな雰囲気でした。こちらもかなり巨大な建物でドローンで空撮でもしない限り全体を1枚に収めることはできそうにありませんでした。これを見てソウルの東大門と広州の東側に完成した現代建築を思い出しましたが、これがいちばん巨大かもしれません。高雄の冬は温暖ですので維持費はかからないかもですが、真夏はたいへんそうですね。






残念ながら帰国の時間が迫ってきてしまいました。

時間があればドリームモールまで行って変化をチェックしてみたかったのですが、それは次回にするしかありませんでした。バスでイケアの少し先まで移動してコストコの対面の屋台で50台湾ドルの炒麺を食べてからイケアで10台湾ドルのソフトクリームを食べました。それでロッカーから荷物を出してMRTの駅に向かったのですが、コンビニがあったのでポケットのコインを使い切ることにしました。店員さんに空港までの運賃を訊いたら25台湾ドルということでしたので、それだけ残して購入できる値段のビールを購入して電車が来る前にコインを使い切れたことを祝して自分に乾杯して飲んでしまいました。






高雄から成田までのフライトは長く感じました。

バニラの新路線でしたが、初就航記念で5000円以下の格安プロモーションを行っていましたので満席でした。日本人乗客は2割くらいだったみたいですが、台湾人観光客は遅い時間に寒い成田に到着して戸惑うのではと心配になりました。まあ成田空港は24時間化していますし、事前予約しなくても東京シャトルという1000円の高速バスで東京駅まで1時間ほどで行くことができるようになりましたのでマシですが。

LCCが増えて東京シャトルも乗客が増えていましたが、移動中に携帯機器の充電できるようにコンセントが用意されていたのはありがたい配慮でした。しかし日本人や台湾人やアメリカ人などはアタッチメント無しで使うことができますが、形状が違う国から飛んできた旅行者はせっかくの電源を利用できません。バスのチケットのカウンターやバスの車内でアタッチメントを販売するのでも良いでしょうが、コンセントをマルチタイプのものにするのが一番でしょう。また普及率が高いUSB端子も備えておくべきでしょう。






東京駅に着いてから遅い夕食をいただきました。

約2カ月ぶりでしたので和風なものなら何でも良かったのですが、バス停から見えるくらい近かった富士そばで今日までの期間限定の550円のセットがありましたので即決。かなり空腹でしたし、蕎麦もカレーも2カ月ぶりでしたので。富士そばでしたのでクオリティはそれなりでしたが、和食に対する飢餓感がありましたので美味しくいただくことができました。ビールも飲みたかったのですが、それは帰宅後まで我慢することに。円安で渡航先の国でも節約モードでしたが、日本では円安の原因を作った憎き安倍政権にできるだけ納税しないように支出を最低限にしなきゃなりませんし。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/16(月) 23:59)

<<雨上がりの朝に自転車で猫に会いに行く前に立ち寄ってみた所は… | ホーム | 高雄に行くのをあきらめて台南の街で行った所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3285-afd03068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア