新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 香港2日目の朝に2階建てバスから見えてきた工事現場は…


香港2日目の朝食はイケアで食べることにしました。

おそらく日本でいちばんのイケアの朝食マニアとして新メニューの有無をチェックしたかったのですが、コーヒーを何杯かお代わりして飲みたいというのが最大の理由でした。インスタントコーヒーは持ち歩いているのですが、満足できませんでしたので。イケアの後は旧空港跡地に完成したモダンなクルーズ船のターミナルに行く予定でしたので九龍湾駅に近いメガボックスの支店に行くことに。219X番バスに7.5香港ドルを支払って2階の特等席に陣取りました。

今日は昨年に工事が始まっていた場所のその後の様子を確認したかったのですが、山肌にコンクリート製の階段状の基礎のようなものが登場していました。これから斜面に沿うような高級住宅やオフィスなどが建設されるのではと予想しているのですが、まだ全体像は見えてきません。次回が楽しみです。






今朝はイケアでいちばん高い朝食を選びました。

それでも26香港ドルでしたが、ソーセージがドイツ風な歯応えがあるものでしたので悪くありませんでした。香港の生活レベルは確実に上がっていて、ちょっとオシャレな店なら100香港ドル前後が当然といった感じになっています。

そんな中で4分の1くらいの値段でコーヒー飲み放題でやってるのは偉いと思いますが、そろそろ香港のイケアでもコーヒーの種類を選べるようにすべきだと思いますが。香港からの観光客がわざわざ日本のイケアに行って朝食を食べたりはしないでしょうが、日本ではコーヒーが選べることを知ったらイヤな気分になるんじゃないでしょうか。






イケアの目の前に広大な空港跡地が存在しています。

かつての滑走路のいちばん先端部分に大型クルーズ船用のターミナルが建設されたことは知っていたのですが、Googleマップで検索してみたらバスでも徒歩でも行くことができるみたいでしたので、まずは歩いて行くことにしました。それはバス代を節約するためでもありましたが、バスが発着するのは九龍湾駅でしたから、イケアからは無料のシャトルバスに乗って駅に向かい、そこで乗り換えるという面倒なことがあったのです。

イケアからの道路は日差しを遮るものが無くてキビしいかもと覚悟して歩きはじめたのですが、適度に並木が整備されていてマシでした。橋を渡る時から巨大なターミナルは見えていたのですが、何も変化が無い単調な直線道路でしたので長く感じました。ちなみに元滑走路の真横の海では魚が頻繁にジャンプしていましたが、釣りをしたら豊漁になりそうでした。






クルーズターミナルはほとんど無人でした。

大型のクルーズ船が着岸していたのでターミナル内も賑やかなのかと思ったのですが、どうやら昼間は団体バスで香港ディズニーランドとか近郊に観光に出かけていたのでしょう。ターミナルのいちばん先には免税店とカフェがあり、クーラーをガンガン効かせた中でスーツを着て接客しているようでしたが、その中にTシャツ姿で入っていったら20人くらいの店員さんから注目されてしまいましたので居心地は最悪でした。

それでトイレに逃げ込んで顔を洗い、ペーパータオルで入念に拭き取ってから店内に戻りました。時間を置いたので視線はあまり感じなくなりましたが、免税店に用は無いのでエスカレーターで屋上庭園に上がりました。大型クルーズ船より長い屋上庭園は歩くのも一苦労でしたが、自由に使うことができるセグウェイでも常備しておいてもらいたいものでした。






ターミナルからは86番のバスに乗りました。

頑張れば歩いて行ける距離でしたが、料金は5.5香港ドルと安くはありませんでした。しかしクーラーが効いた車内は快適で10分もかからない内に九龍湾駅に到着しました。そこから広場を挟んだ対面にシネコンがありましたのでラインナップをチェックしてみたのですが、「ジュラシックワールド」や「テッド2」は公開中で、「ターミネーター」の新作は7月2日からで「進撃の巨人」は近日公開となっていました。

シネコンの窓側にまったく知らなかった「ピーナッツムービー」の立体POPが置いてあったのですが、なかなかのクオリティでしたので感心させられました。ほとんどの子供連れのファミリーはここで記念撮影をしていましたが、その内かなりの確率で映画を観に行くことになるのでしょう。立体は経費はかかりますが、すぐに元が取れるのでは。






九龍湾駅から2駅分を歩いて行きました。

昨年の10月21日のオープン日に行ってみたら大盛況だった「KUMAMOTO CAFE」の半年後の様子をチェックするためでしたが、予想していた通りにお客さんはまばらで店員さんたちもヒマそうでした。それでも何組かのお客さんはお茶しながら店内のくまモンのぬいぐるみなどと記念撮影していましたが、オープン日の喧騒とは大違いの静寂さがありました。こうなるとFRP製の邪魔なくまモン人形を処分して、普通の日式のカレー専門店にでもした方が儲かりそうですが、1年くらいは頑張るという約束なのかもしれませんね。






遅めのランチをモールのフードコートで食べました。

「KUMAMOTO CAFE」が入居していた「apm」というモールはチェーン店ばかりで退屈でしたので、目の前の観塘站から8.5香港ドル支払ってMRTに乗って「黄金電脳商場」などがあることで有名な深水埗駅へ移動しました。アキバ風な売り場ではお目当てのタブレットは見つからず、「西九龍中心」という大衆的なモールの8階のフードコートへ。

ランチタイムはとっくに過ぎているというのに大混雑していたのですが、それはチェーン店がほとんど無くて値段も割安だったからでしょう。私は大盛りのご飯に30種類ほど並んでいた料理から3つを選べて32香港ドルというシステムの店を試してみることにしたのですが、本格的な中華の味に大満足でした。しかし量が多過ぎて完食するのがたいへんでした。もう今晩の夕食は不要となりそうです。






深水埗駅近くの路上はアキバの裏通りに似ています。

こんなものを誰が買うのかと思うような中古家電や部品などを売る屋台が道路の両側に並んでいて楽しいのですが、いくらでも万引きできそうな雰囲気が中で成り立っているのが不思議でした。私は前回の旅行中にLEDライトを無くしてしまったので、ゴム製で取り外しができる自転車用のライトを5香港ドルで購入してみたのですが、日本円だと80円ですから安いですよね。これで旅行中にベッドの下の落し物を探したりするのが格段に便利になります。






食後の運動も兼ねて歩いて帰ることにしました。

いくつかの電脳ビルでタブレットを探したり、昨年の道路封鎖との状態を比較しながらネーザン通りを南下していたのですが、さすがに胃袋はまだパンパンでした。しかし甘いものは別腹ですので、マクドナルドの新顔の抹茶味を試してみることに。イケアの2.5香港ドルに較べれば5香港ドルは高いのですが、物価が高い香港では安い方だと自分に言い聞かせたのですが、予想より風味が良くて悪くありませんでした。






宿に戻る前にビールを購入しておきました。

普通のコンビニより安いので何度か購入したことがあるネーザン通り沿いの「バンガード」という大陸でよく見かけるスーパーでしたが、フランス製の500缶が4.5香港ドル、中国製の330缶が4つで11香港ドルでしたので嬉しくなりました。5缶で250円もしなかったわけですが、現在の香港では最安値なのでしょう。撮影後にキンキンに冷えたフランス製のヤツを裏手のサルベーションアーミー側の階段で一気に飲み干したのですが、気分爽快で最高でした。ちなみに中国製のヤツも青島で作られていて味は悪くありませんでした。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/19(金) 23:59)

<<香港3日目の朝食に試してみて少し後悔させられた理由は… | ホーム | 香港1日目に地元の方に教えて貰って食べた朝食は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3384-44dbde41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア