新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ビエンチャンの猫に別れを告げてミニバスで出かけた先は…


無事にミャンマービザをゲットできました。

そうなれば猫を見かけること以外は何も魅力が無いビエンチャンに連泊する理由などありませんので、次の町に移動してしまうことにしました。朝から生憎の雨が降り続いていましたが、それも午後には止んでくれましたし。

ちなみにずっと降り続いていたならビエンチャンにもう一泊したと思いますが、映画館も無いので退屈だったことでしょう。町で出逢う猫たちと触れ合うことができればマシですが、ビエンチャンの猫たちは地元民にいじめられているためか逃げ腰ですので困ったものです。無理強いはできませんので、この程度の距離感で逃げ出す前に撮影するのが精一杯なのです。






ビエンチャンは首都ですから空港はあります。

これまで私は常にタイ北部のノンカイからの入国でしたので、ビエンチャンの空港は一度も利用したことがありません。地図で見ると中心部から歩いて行くこともできるくらい近いのですが、不思議なことにエンジンのは聞こえず機影を見かけたこともありません。国内線のフライトもわずかでしょうし、国際線も近隣国に限られるのでしょう。人口が少ない上に観光資源も乏しいので需要も少ないと思われますが、サミットの時には各国の政府専用機の離発着で混乱するかもしれません。空港の職員たちも慣れていないでしょうし。






ビエンチャン最後のランチは屋台でいただきました。

一緒にミャンマービザを申請した方と今日も昨晩の店でと行ってみたら昼間はやってなかったので、違う店を探し回りました。小雨が降り出したのでキレイとは言えない屋台でうどん風な麺の料理を試してみることにしたのですが、1万キープのわりにはなかなかの美味しさでした。偶然に相席になったタイ北部在住の日本人男性の話によりますと、この屋台がビエンチャンの中心部ではいちばんということでした。そう言われてみると余計に美味しく感じましたので不思議なものですね。(笑)






ランチ後に宿へ荷物を取りに行きました。

それで観光案内所で聞いた宿の真北の停留所で北バスターミナル行きの市バスを待ちましたが、停留所に番号表示がありませんので本当に待ち続けて良いか心配になりました。それで少し遠いですが、市バスが出発するターミナルへ行くことにしました。その途中でビエンチャンには似合わないピザ屋とアイスクリーム屋を見かけたのですが、高級車も停まっていましたので2015年の最先端のデートスポットなのでしょう。






バスターミナルはこのモールの裏手にあります。

一昨日にモールの中に入ってみて上層階が真っ暗でシネコンやフードコートが無いことにガッカリさせらたのですが、まだ上層階は工事の途中みたいでしたので可能性はあるのかもしれません。下層階は完成してから10年は経っていそうな雰囲気でしたが、無理が無いようにのんびり計画を進めるのがラオス式なのかもですし。この寄せ集め状態のモールも来年のサミットに合わせての完成予定だったりして…(笑)






市バスのターミナルはわかりにくい配置でした。

最初の友好ブリッジを渡ってタイのノンカイへ向かう国際バスも発着するようでしたが、路線図や案内板みたいなものが見当たりませんでした。制服を着ていない人ばかりでしたので、北バスターミナル行きの市バスを探すのに苦労させられまあいた。ようやく見つかって5000キープを支払って乗り込んだものの、満員に近くなるまで発車しませんでしたのでイライラさせられました。少し余裕はありましたが、次の目的地へ行く最終バスの時間が迫っていましたのでね。






北バスターミナルまでは25分ほどかかりました。

まずチケット売り場に行ってみたら、やる気が無さそうな係員がアゴで右手に停まっていたミニバスを指して乗るように促しました。観光案内所によりますとバンビエン行きの最終は17時とのことでしたが、採算に合うほどの客数が見込めないことからミニバスに任せることにしたのかもですね。

屋根の上に荷物を積み上げていたドライバーは料金は5万キープですぐに出発すると言ってましたが、やはり出発するまでは15分ほどかかりました。バンビエンまでは3時間ほどと微妙な距離ですので休憩が無さそうでしたので何か買い込んでおきたかったのですが、利用者が少なそうな北ターミナルにはろくなものがありませんでした。中心部の市バスのターミナル付近で買っておくのが正解だったようです。






予想に反して給油休憩が一度ありました。

そのガソリンスタンドは周辺の村の簡素な民家とはかけ離れた感じの近代的なデザインでしたが、もしかしたら中国資本なのかもしれません。トイレも日本並みにキレイで無料でしたが、先ほどのモールやバスターミナルのあまりキレイじゃなさそうなトイレが有料であることを考えるとエラいですね。まあラオスでも将来はこれがスタンダードになるのでしょうが。






ちょうど暗くなってからバンビエンに到着しました。

ミニバスは町はずれのターミナルじゃなくてバンビエンの中心部で我々を降ろしてくれましたので助かりましたが、いきなり西欧人観光客が大はしゃぎしている所へ降り立ちましたので違和感がありました。バンビエンの中心部には首都のビエンチャンに匹敵するくらいのコンビニがあり、どこも立ち飲み用のビールを購入する観光客により行列ができるほどでした。そのあまりの変化に居心地が悪くなりましたが、次の街まで夜行バスは無いはずでしたので今晩の宿探しすることに。






宿を決める前に食事を済ませることにしました。

バンビエンの町は西欧人観光客が多いのでレストランなどは深夜まで営業してそうな雰囲気でしたが、ランチが軽いものでしたしビールを飲みたかったのです。それであちこちのレストランのメニューをチェックして、ビアラオの大瓶が1万キープと高過ぎない店を選びました。料理は久しぶりに炒麺にしてみたのですが、これも1万キープでしたので支払いは合計で15000キープでした。つまり日本円だと230円ほどでしたが、ビエンチャンに較べて割安感はありませんでした。宿代は少しだけ安い感じがしましたけどね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/08(水) 23:59)

<<早寝早起きしてバンビエンの町を散歩していて見かけたものは… | ホーム | やることが無い東南アジアの小国の首都でガッカリさせられたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3398-3d1cfe14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア