新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早寝早起きしてバンビエンの町を散歩していて見かけたものは…


早朝のバンビエンの町は爽やかでした。

昨晩は23時前後に睡魔に負けて心地良い眠りについてしまいましたが、その時に遠くから下手な韓国語の歌が聞こえていましたので、朝方まで飲み続けていた観光客も多かったのでしょう。そんな自堕落な連中とは真逆に早朝から托鉢する10代の若い坊さんたちを見かけましたが、生まれた国によっての違いを痛感させられました。まあこの若い坊さんたちもオレンジ色の袈裟を脱げば普通の青年戻るのでしょうが。






工事現場で何かを祈ってる人がいました。

住み慣れた古い家屋を取り壊して、増える観光客に対応するためのコンビニなどの新築工事の現場なのでしょう。生まれてからずっとここで暮らしてきた雰囲気のおじいさんが空に向かって祈りを捧げていたのですが、意外にたんまりと儲けてコートダジュールにバカンスに行きたいとか願っていたのかも。年齢的にフランス語を喋ることができてもおかしくないですし。






バンビエン中心部に工事用クレーンが聳えていました。

先ほどの民家の建て替えとはあきらかにレベルが違う大工事みたいでしたが、これが外資系のホテルになるのか大規模なモールになるのか現時点ではわかりません。たしかなことは町の雰囲気を一変させるだけのインパクトがありそうな工事だということです。私は前々回のカンボジア旅行で偶然にシュムリアップで初めてのエスカレーターがあるショッピングモールの開業日に行ったことがあるのですが、このバンビエンにもそんな場違いなものが計画されているのかもしれません。






国境で知り合った人たちと朝食を共にしました。

洞窟探検や川での水遊びなどネイチャー系のアクティビティーに興味がある彼らは連泊することにしたのですが、早くタイに逃げ出したい私は朝食後に出発することにして荷物をすべて持ったまま店探しをしました。ある西欧人御用達のレストランでは朝食は2万キープと高かったものの、15000キープするシェイクが無料ということでしたので決めました。

私はイスラム国では食べることが難しくなるベーコンとチーズオムレツのセットとマンゴーシェイクを選んだのですが、どちらもなかなかの美味しさでした。ちょっとシェイクの量が少なめでしたし、シェイクを選ぶとコーヒーは付いてこなくなりましたが、これで300円なら文句を言えないかもですね。






バンビエンには旅行代理店が腐るほどありました。

早朝の散歩の途中で数軒に訊いてみたのですが、どれも横並びでカルテルを組んでいるように感じました。つまり「外国人観光客は外貨をたくさん持ってきているので、皆なで儲けようじゃないか!」と談合でもしてるような感じがしたのです。バンビエンは小さな町ですから町のリーダー格の人間がそう言えば抜けがけして値段を下げることは難しいのでしょう。私はそれが気に入らなくて2kmほど歩いて郊外もバスターミナルまで出向いたのですが、そこでも談合なのか値段が旅行代理店同じでしたもで腹が立ちました。






今日のランチ休憩は素晴らしい景観の店でした。

雄大な景色が一望できる高台の部分にテーブルが置かれているレストランでしたが、値段が少し高めでしたので食事をするのはあきらめました。もちろん日本のこういった場所にあるレストランに較べたら安いのですが、私は到着後に次のバスを待つ間に普通の値段のものを食べることにしました。雄大な景色は無料で堪能させていただきました。






ある休憩ポイントでこんなのを見かけました。

鹿の足や熊の手を度数が高い酒に漬け込んであるものでしたが、かなりグロテクスな感じがしました。おそらく近くの自然な環境の山の中では多くの野生動物がひっそりと暮らしているのでしょうが、こんなのをありがたがるのは中国系の人間なのかもしれませんね。






道中のトイレはどこも有料で2000キップでした。

日本円にすると30円ですから高くもないのですが、私は緊急時以外は利用しないことにしています。ラオスなんて人口が少なくて立ちションできる場所なんてどこにでもありますのでね。モールマニアの私は商業施設のトイレが有料だったことも許せないのですが、ラオスはこんなことでもリピーターをどんどん失っていると思います。






ようやく夕方にルアンパバーンに到着できました。

1時間後にタイ国境のチェンコーンの対岸のファイサーイという町へ向う夜行バスが17万キープでありましたので購入したのですが、空腹でしたのでバスターミナルの裏手にあった食堂でビールと炒飯を注文しました。1万キープのビールは普通の値段でしたが、炒飯が15000キープというのは高過ぎるように感じました。まあそれでも空腹でしたので美味しくいただくことができたのですが、これだけで400円近くもしましたのでラオスに再訪する気は完璧に無くなりました。ビアラオの味も以前に比べたら落ちたように思えましたし。






ラオスの寝台バスはベッドが広くて快適でした。

ベトナムでは通路が2本ある3列タイプが普通ですが、これは2列でしたのでイランのベッド風な食堂のテーブルセットくらいの広さがありました。ちょっと背が高い西欧人にはキビシイ感じでしたが、日本人なら対角線に締めに寝れば大丈夫そうでした。クーラーが効き過ぎていたのが残念でしたが、そんなこともあるだろうと長袖のサマーニットを準備していましたので朝方まで耐えることができました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/09(木) 23:59)

<<予定より1時間遅れで国境の町に着いて腹立たしかったことは… | ホーム | ビエンチャンの猫に別れを告げてミニバスで出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3399-63d1a96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア