新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 すっかり廃墟化していた商業施設のフードコートで試したものは…


今日は郊外の新しい商業施設に行くことにしました。

その前に両替しておこうと久しぶりにナイトマーケットに立ち寄ることにしたのですが、昼間はサミシイ感じでした。PCショップなどが入居している雑居ビルに行ってみたら、かなりのテナントが抜けて廃墟化しちゃっていました。まだ下層階のテナントはかろうじて残っていましたので4階のフードコートはやってましたが、ランチタイムなのに活気はありませんでした。少ない選択肢からガパオライスを試してみましたが、45バーツと少し高かったのですが味はまあまあでした。






ナイトマーケットの別の商業施設もヒマそうでした。

バーがキングの対面にある高級感がある商業施設でしたが、入口の案内所の女性もヒマそうに吹き抜けをスマートフォンをいじりながら歩き回っていました。この案内所の裏手には以前はドイトンコーヒーのカフェがありましたが、どこかに移転したのか閉鎖されていました。これも時代の流れかと上を見上げたら2階に中国の春秋航空の旅行部門のオフィスがオープンしていました。まさに時代の流れですね!






予定外の両替屋で1万円だけ替えておきました。

チェンマイの両替は観光客が多いお堀の内側のエリアよりナイトマーケット周辺の方が少しだけ両替率が良さそうで、バンコクで有名な「スーパーリッチ」よりも少し手前の店の方がマシとの話でした。その2軒はどちらも1万円なら2745バーツでしたが、別の方からスーパーリッチがある通りを東に600mほど歩いたピン川の手前のSKという両替屋が良いだろうと聞いていたので探すことに。しかし私は勘違いしてナイトマーケットの通りを北に歩いてしまいました。そこにVKという両替屋があったのでチェックしてみたら、スーパーリッチより2バーツだけ良い2747バーツでしたので、「このあたりがチェンマイでの最高値かな…」と妥協してしまいました。






気になっていた建物がキレイに蘇っていました。

前回のチェンマイ滞在中に「存在感のある建物だけど、取り壊されて味気ないビルに建て直されたらイヤだな…」と危惧していた川沿いの木造建築でしたが、それがキレイにリノベーションされていたのです。店内は私の好みでは無かったので足を踏み入れることはしませんでしたが、建物の中央部分は居心地が良さそうなカフェになっているようでした。やはり古都にはこんな趣きがある店が似合いますよね。






それからファミリーマートと観光局に立ち寄りました。

前者では10バーツのアイスを、後者では冷水機から冷たい水を補給できて長距離を歩く準備が整いました。まず普通の観光客は郊外のモールまで歩くことは無いでしょうが、私はもし新幹線の駅が現在のチェンマイ駅の周辺にできたらと将来を想像しながら歩くことにしたのです。

その「プロムナーデ」という商業施設はスーパーハイウエイのマクロがある交差点を右折して、15分ほど先のビッグCの裏手にありました。Googleマップの航空写真で見るとビッグCとは背中合わせで行き来できるような感じでしたので裏手に回り込んでみたら、そこには小さな川が流れていました。

これはスーパーハイウエイへ引き返して大回りするしかないのかと絶望的な気持ちになっていたら、そこに天使が舞い降りてきました。道路は無いと思われた場所から少女が出てきたのですが、もしやとその場所に行ってみたら日曜大工で作ったような狭い橋があったのです。橋の先は普通の民家で厳密には不法侵入となり警察に通報されることもあり得ましたが、「微笑みの国だし、パスポートを見せてタイに入国したばかりで道に迷ったと言い訳すれば許してくれるだろう…」と勝手に考えて最短距離で抜けることに成功しました!






郊外の商業施設はモダンなデザインでした。

仙台のメディアテークのように束ねられた鉄材が空に伸びて屋根を支えているという構造で、テントも多用していて外光を上手く活用していました。モールの1階部分が駐車場になっているため昼間でも自動車が熱くならないでしょうし、モール内へのアクセスも工夫されていました。かなり野心的なプロジェクトでしたが、ロケーションの悪さと集客力があるテナント誘致の失敗、そしてチェンマイでのライバルの多さと悪いことが重なってキビシイ現実に直面しているようでした。






毎週水曜日はチェンマイでも映画の日でした。

料金表には水曜日は100バーツと大きく表示されていて、30分後に今日が封切り初日の「アントマン」の上映が始まるところでしたので嬉しくなりました。カウンターで100バーツ札を差し出してチケットを買おうとしたら、「始まったばかりの作品は150バーツなのですが…」とこの商業施設の印象を悪くするようなことを宣告されてしまいました。

どうしても観たい作品じゃありませんし、この先のミャンマーやインドネシアでも上映されているかもですので今日も止めておくことにしましたが、今回は黄色いキャラクターのアニメと人造人間の新作に邪魔されてばかりです。これも円安にした世襲総理のせいにしておきましょう!(笑)






映画をあきらめて中心部へ戻ることにしました。

モールの案内所でどうやって戻れば良いかと訊いてみたら、2系統の無料のシャトルバスがあるということでした。しかしタイミングが悪いことに16時のヤツが出発したばかりで、次は2時間後でした。タクシーを呼びましょうかという申し出を断ってモール内をブラブラしながら待つことにしたのですが、歩き疲れてシネコンに戻って予告編を見て時間をつぶすことに。絶対に日本では公開されそうにないタイの同性愛映画などの予告編が興味深いものでしたが、映画のDVD鑑賞が趣味だという世襲総理にプレゼントしてあげようかな…(笑)






シャトルバスはターペー門の近くに停まりました。

偶然にも月曜日に閉まっていたハンバーガー屋の前を通った時に開いていたので行ってみたら、レギュラーサイズの単品が120バーツで、ビールは60バーツでした。つまり総額では700円近くになってしまうので悩みました。テイクアウトしてコンビニでビールを買って食べれば600円以下になりますが、それでも予算オーバーです。それで市場でもハンバーガーを焼いていたことを思い出しましたので、ここで食べるのは止めることに。ちなみに看板には「オープンディリー」とありましたが、店内には月曜定休と書いてありました。






市場のハンバーガーは値段もサイズも半分以下でした。

レギュラーサイズのチーズバーガーが45バーツで、ベーコンのトッピングは5バーツでしたので、「ベーコンチーズバーガー1つ!」と注文してから41バーツのビールを買いに行きました。ハンバーガーのサイズはターペー門の近くのバーガー屋の半分以下でしたが、パティは自家製のようで美味しゅうございました。ただオニオンやピクルスが無いのは残念でしたが、総額では330円と安かったので文句はありません。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/15(水) 23:59)

<<食べ頃がよくわからないバナナを美味しくいただくためには… | ホーム | 映画を観に行く前にチェンマイの中心部で見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3405-0f7ce1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア