新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 猫が多いチェンマイの街角で猫を二度見してしまった理由は…


チェンマイでは多くの猫が暮らしています。

今朝も雄猫たちのケンカの音で目覚めたのですが、人間の知らぬところで熾烈な縄張り争いが繰り広げられているのでしょう。夜明けのコーヒーを1杯飲んだ後に朝食を買いに近所の市場まで出かけたのですが、そこで熊本の老猫とそっくりの模様の猫を見かけましたので二度見してしまいました。この猫は痩せ過ぎていて、尻尾も長いのでぜんぜん似てないのですけどね。熊本の猫に「行ってくるよ〜!」と別れを告げてから1ヶ月が過ぎましたので、軽いペットロス症状みたい。宿の猫は呼んでも近寄ってきてくれないですし…






この小さいのはミイラ化したヤモリです。

宿の掃除をしていた方が発見してくれたのですが、その小ささがわかるようにタバコなどと一緒に撮影しておくことにしました。先週の「ジュラシックワールド」では恐竜はダチョウの卵のように大きなサイズから誕生していましたが、ヤモリの卵ってムチャ小さいもでしょう。これが生後何日なのか不明ですが、こんなに小さな生き物が昆虫などを捕獲して大きくなるわけですからスゴい話ですよね。






ランチは郊外のベジタリアンの店を試しました。

中心部から108号線でエアポートプラザの前を通り抜けてしばらく南下してから、業務用タンクの専門店を左折した辺鄙な場所にあった「PunPun」という店でしたが、オープンエアの広々とした客席の前にはハーブや野菜などの畑があって良い雰囲気でした。同行された方はオーガニック野菜を炒めた料理を、野菜不足気味の私は60バーツのサラダプレートにしたのですが、どうせ量が少ないのだろうと予想して10バーツのブラウンライスも注文しておきました。

しかし運ばれてきたのは私の予想の3倍くらいのサラダでしたので、ドッキリ企画かとうたがってカメラを探してしまいました。時間をかけて何とか完食できましたが、これで生野菜はしばらく食べなくても平気です。このサラダはグループで行った時にシェアされることをオススメしておきます。






ランチの後にヤボ用でホームセンターに行きました。

なぜかビッグCと同じ敷地内に店を構えていることが多いホームプロという大型店でしたが、もしかしたら親会社が一緒なのかもしれません。入口部分に簡易ベッドが並べてあったのでマッサージの実演かと思ったら献血でした。日本と同じように献血した人はジュースやお菓子などが貰えるようでしたが、もちろん私はスルーしました。タイの医療機関に貢献する気はありませんし、英語の問診表も用意されていないでしょうからね。






駐車場でジーンズの移動販売車を見かけました。

ビッグCとホームプロの間の駐車場に停めてあったのですが、クーラーが無いフルオープンの移動店舗ですから暑い時期や雨季は不利なのでしょう。この撮影した直前まで雨が降っていましたので客はゼロでしたが、週末はそれなりに賑わうのかもですね。余談ですが、この時に濡れた路面は15分ほどですっかり乾いてしまいました。真夏の太陽の力はスゴいですよね。






戻る途中にエアポートプラザに寄りました。

今回も東京堂書店に立ち寄ってみたのですが、新しいフリーペーパーは「ニュースクリップ」だけでした。この半月ほどくまモンを見かけていないので店内を隅々までチェックしてみたのですが、さすがにチェンマイでは発見できませんでした。書店の入口にはこの2冊が平積みされていましたが、チェンマイにかわいい場所なんてあるのかと不思議に思いました。







これは東京堂の前の和食屋で見かけたポスターです。

和食屋といっても日本人の経営じゃない店がほとんどで、おそらく日本に留学経験がある若いタイ人たちがタイ人の好みに合わせて作り上げたビジネスモデルだと思います。なぜ断定的に書けないかというと値段が高いので試したことがないからですが、最近のタイでは寿司やしゃぶしゃぶの食べ放題が人気があるみたいです。それでフードバトルは開催されることになったようですが、タイ語のポスターなので詳細は不明です。






タイではこんな円柱状のケースが付けてあったりします。

ナンバープレートの近くに取り付けてある場合が多いのですが、最初は発煙筒やETCの機械などが入っているものだと思っていました。しかしタイの事情通の方の話によりますと、単なるデコレーションの一種に過ぎないということでした。バイクの登録番号は平たいケースに入れておいても何の問題なく、美意識が高くて経済的に余裕がある人たちが円柱状のケースを好んでいるみたいですね。






夕方にナイトマーケット方面の酒屋に行きました。

いくら夏のチェンマイが暑くても毎日ビールばかりじゃ飽きるので、たまにはワインをという話になりました。2リットル入りの南アからの輸入ワインが420バーツと安くはありませんでしたが、美味しいとの評判でしたので購入してみました。その酒屋の近くで日本語も書かれた看板を見かけたのですが、英語の名前とのギャップがスゴいですよね。






今晩はチェンマイ焼きという料理をいただきました。

そのレシピが編み出されたのは偶然らしいのですが、その経緯をごく簡単に説明しておきます。数年前にたこ焼きパーティーをするために具材をたくさん用意したのに、たこ焼き機が故障してしまったのでフライパンで焼いてみたというのがチェンマイ焼きの誕生の瞬間だったという話でした。

つまり油を入れて熱っしたフライパンに小麦粉を水で溶いたものを流し入れ、刻んだキャベツや豚肉などを乗せるというものでした。タコより数段に安いイカの足も大量に用意されていたのですが、焼いてる途中の酒のつまみとしても悪くありませんでした。チェンマイ焼きは生地が柔らかいのですが、万人受けするものですから店を開いたら大人気になりそうですけどね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/18(土) 23:59)

<<歴史ある古都のチェンマイが世界遺産に選ばれない理由は… | ホーム | チェンマイの市場に朝食を買いに行った時に偶然に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3408-97bb5e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア