新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 かなり悩んだ末にチェンライで連泊することにした理由は…


チェンライは昨晩から雨が降っていました。

朝には止んでくれましたし、雨のおかげで気温が低めなのは嬉しいことです。しかし昨晩のシャワーの時に洗濯したTシャツがまったく乾く気配がありません。湿った服を持ち歩くのはイヤなものですが、とりあえずバスターミナルにミャンマー国境行きのバスの情報収集に出かけました。10番からチェンコーン行きのようなクーラーが無いローカルバスが頻繁に出てることを確認してセブンイレブンに朝食を買いに行きました。

昨晩ナイトマーケットで天ぷらを食べた後にデザートにアイスクリームを買うために立ち寄った時にチェンマイではどこのセブンイレブンにも置いて無かった「とんかつバーガー」を発見したので最後に試してみることにしたのです。37バーツ払ってチンしてもらったのですが、値段に見合わない内容でしたので落胆させられました。こんな粗悪品に日本語や日本の料理名を使うことは許せません。開発担当者に会ったら大声で罵倒してやりたい気分でした。






洗濯物と映画のために連泊することにしました。

ミャンマーの国境は17時くらいまで開いてるようでしたので、宿のフロントに荷物を預けて映画を観てからローカルバスに乗っても間に合いそうでしたが、インターネットでミャンマーのことを検索してみたら悪い情報ばかりでしたので、もう1日だけタイでのんびり過ごすことにしました。

ミャンマーに行ったらネット環境も貧弱になりそうですから午前中は友人にメールしたり、ニュースサイトを巡ったりしておきました。お昼になりましたので朝食のリベンジは美味しいタイ料理をとモールへ行く途中で良さそうな店を探していたら、なんと食品サンプルを使っている店がありました。なかなか良い完成度でしたが、私はご飯ものが食べたかったので、写真で45バーツのスパイシーポーク炒め定食を選びました。






食後にこんな看板を見かけました。

最近はタイを旅行していても存在感が希薄なムエタイのイベントを知らせるものでしたが、さほど遠くないので夕食後にでも様子を見に行ってみようかと考えています。もちろん入場料は払わずに周囲の雰囲気だけをチェックするつもりですが。






こんな安っぽい感じのホテルがありました。

かなり裏道なのに急に派手なものが現れたので驚かされましたが、これは日本のラブホテルをマネしたものなのでしょう。経営者はチェンマイ生まれの秀才で、筑波あたりの大学に留学して日本のラブホテルを見て「これだ!」と閃いたりしたんじゃないかなと思います。もちろんその推理を確かめる術はありませんが、けっこう自信があります。(笑)






健全なモールの手前に怪しげな店がありました。

店の雰囲気から昼間は営業していない夜の店だということはわかりますが、どういった業種なのか名前では判断できません。ビール会社のライオンのモチーフがありましたので酒を飲む店ということは確実ですが、まだ内容を絞り込むことはできません。しかしポスターにビキニの女性が起用されていますので、女性客をターゲットにしたものじゃないことがわかります。もう少しヒントがあれば正解に辿り着けるはずですが…






30分ほど歩いてセントラルモールへ到着しました。

これは国道側の反対の裏ゲートから撮影したものですが、私はここを通るのは初めてでした。前回は近道をしようとして他人の住宅の中を横切ったのですが、今日は懲りていましたので少し遠回りして裏ゲートからモール内へと進みました。

このモールは完成してから5年くらいだと思いますが、今のところは他にライバルは出現していないようなので駐車場は混んでいました。ただチェンマイにはモールが激増していましたし、ネット通販の利用も増えているでしょうから、駐車場の混み具合と売り上げは必ずしも正比例はしないのでは。






またしてもシネコンは変なラインナップでした。

チェンライのモールのシネコンは5つのスクリーンがありましたが、その内の3つが「アントマン」で残りの2つが「ミニオンズ」という選択肢の少なさでしたので驚かされました。その内の1つの劇場は夕方から「ターミネーター」の新作などに変わるようでしたが、ここまであからさまに観客の要望に沿うような偏った編成はいかがなものかと思いますが。

「アントマン」は先週の水曜日にプロムナーデで観ようとして150バーツと高過ぎたのであきらめたヒーローものでしたが、公開から1週間が経過していますので90バーツと許容範囲でした。作品のアイデアは良くて楽しめたのですが、キャスティングがダメだと思いますし、途中で間延びしていたのが残念でした。それ以前にチェンライのシネコンは何の表示も無くタイ語の吹き替え版を上映していましたので腹が立ちました。






これはシネコンの下のフードコートです。

おそらくチェンライにシネコンはひとつだけですから、小遣いが少ないハイティーンのカップルは映画を観てからこのフードコートで食事したりするのでしょう。ごく普通のラインナップでしたが、ここにはビールを販売するブースもありました。

タイを旅行した経験がある方ならビールサーバーの色で銘柄を当てることができるでしょうが、最近は日本のようなビヤタワーが普及してることはご存知ないかも。1本4リッターで400バーツほどするんじゃないかと思いますが、こういったものが増えるのもタイ経済の好調さを現しているのかも。ちなみにフードコートであっても17時までは販売されません。






前回ランチを食べた店は消え去っていました。

3年前も映画を観るためにやってきて、このサインの下あたりにあった空席だらけの店で79バーツという激安の食べ放題ランチを試しました。その後で隣のコーヒー豆を扱う店で事業を興したばかりの若い女性オーナーと世間話をした記憶があるのですが、どちらも業績を回復することができなかったようですね。撤退した跡はスターバックスなどのチェーン店に置き換わっていましたが、実にサミシイものです。






今日はモールから裏道を歩いて宿に戻りました。

無料シャトルバスに乗れば楽ですが、モールマニアとしては周辺に新たな動きがないかを確認しておきたかったのです。ちなみに新しいホテルやコンドミニアムは増えていましたが、まだチェンマイのような高層ビルは見当たりません。せいぜい20階くらいがチェンライのスカイスクレーパーみたいですね。

日暮れまで宿でのんびり過ごして、まずはテスコでキンキンに冷えたビールを買いました。それでバスターミナル側からナイトマーケットへ突入してみたのですが、3年前に購入したタコ焼き屋さんは元気に営業中でした。たしか前回は7個で30バーツでしたが、8個で40バーツに地味に値上げされていましたので買いませんでしたが。寿司はネタを小さくして1個5バーツというキリが良い値段を維持してるようでした。






夕食は時計塔の近くの屋台でと考えていました。

チェンライを旅行した複数の方から街のシンボルである黄金の時計塔の近くの店や屋台が美味しいと聞いていましたので。しかしなぜか先日はあった屋台が消え去っていました。

それで昼間見かけムエタイの会場の周辺の屋台でも試してみようかと考えて行ってみたら真っ暗でした。それでランチを食べた店の近くの屋台で適当に写真で選らんで注文してみたら、ピータンと野菜を炒めたガパオライス風な料理が出てきました。ピータンを具材として使ったものは初体験でしたし、値段も35バーツ割安感があって悪くありませんでした。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/22(水) 23:59)

<<チェンライからミャンマー国境までのバスは… | ホーム | 長く宿泊したチェンマイで最後のランチに選んだものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3412-4145043e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア