新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 現代には合わない機能を持った古い建物の将来が心配な理由は…


今日は郊外の新しいモールを試すことにしました。

前回のヤンゴン滞在中に空港に向かう途中に工事現場を見かけていた物件ですが、月日が経つのも早いもので、ついに初対面できると思うと今から楽しみです。そのモールまでは6kmほどあえうのですが、あえてバスに乗らずに途中のモールなどにも寄りながら歩いて行くことにしました。それで午前中はのんびり過ごして、正午からのスタートとしました。

まずはランチを食べる前に見かけた歴史ある建物なのですが、これはヤンゴンの中心部にあって現竿も使われている消防署の建物です。昔はこも塔より高い建物は無かったでしょうから、抜群の眺望だったことが想像できます。しかし周辺にも高い建物の建設が続いてることから機能を終えたと言えるでしょう。大ヤンゴン圏は今も拡大中ですので、街の中心部に消防署がある意味も少なくなっていますので、この歴史ある建物はリノベーションして博物館などにすべきだと思います。しかしすぐ近くでは古い建物を取り壊してビジネスビルが建設中です。この建物も早く手を打たないと開発業者が手を出してきそうです。






今日のランチは久しぶりにKFCを試してみました。

長く外資系企業の進出を禁止していたミャンマー政府が段階的に緩和することにしたようで、私が知らない3年の間に韓国のロッテリアやマレーシアのマリーブラウンなどのファストフード店が進出していたようです。しかしヤンゴン市民にとってインパクトがあったのはシャングリラホテルの西側の新築のビルに大きな店を出したKFCだったみたいです。もうオープンして1ヶ月過ぎているらしいのですが、レジには長い行列ができていましたので。フライドチキンはローカルのチェーン店でも食べることができるのですが、独特のアメリカ的な雰囲気の中で大勢で食べることに意味があるのでしょう。

順番待ちの間に周辺を観察してみたら、私以外はすべてミャンマー人のグループで、どことなくオシャレして来ている感じでした。店内はクーラーが必要以上に効いていましたので、薄いニットを重ね着している奥様までいました。私はミャンマーオリジナルのカレーソースがかけられた2500チャットのライスボックスのセットを注文してみたのですが、店内の寒さに耐えかねて2階のテラス席に逃げ出しました。ちなみに斜め向いのパークソンの1階のテラスにはシンガポールのカヤトーストの店が出店していましたが、これからヤンゴンではテラス席を作ることがブームになるかもしれませんね。






3年前に最新だった商業施設をチェックしてみました。

ロシア大使館の対面に完成した当時は規模の大きさにヤンゴンの皆さんも驚かれたと思いますが、それからいくつか新しい商業施設もできているみたいですから、もう客を奪われてサミシイ状態になっているんじないかと予想していました。しかしテナントを入れ替えたりして、来客数の減少を食い止めることに成功しているみたいです。地下にはダイソーも出店していましたが、値段表示が無かったのが不思議でした。ちなみに隣国のタイよりも少しだけ安い1800チャットということでした。






モールに向かう途中で何度か雨宿りしました。

郊外型のスーパーなどをチェックしたりして雨が止むのを待ったりしたのですが、ちょっと面白かったのはダゴンセンターという商業施設の特設会場で行われていたミャンマー人の歌手らしい女性のイベントでした。おそらくCDを買ってくれた人にサインでもしていたのではと思いますが、そのかなり厚化粧の女性の前にはファンの青年たちが無表情で撮影を続けていたのが不思議な感じでした。ちなみにステージには「18歳のバースデー」と書いてありましたので驚かされました。






2時間ほどで目的の新しいモールに到着できました。

ネピドーの商業施設と同じ名前でしたが、ヤンゴンの方がはるかに大きくて隣接地にコンドミニアム建設も行われていましたので今後が楽しみです。3年前に工事現場を見かけた時から「どんな内容になるんだろう…」と想像していたのですが、駐車場がパンクしているほど流行っているわりには退屈なテナント構成でしたのでガッカリでした。

またシネコンは3スクリーンありましたが、観たい作品じゃ無かったので落胆させられました。せっかく映画館の入場料が安い国に来ているというのに観ても良いかなと悩むことさえできないというのは不幸です。何か映画を観ることができれば、モールで夕食を食べてから市バスに乗って戻るつもりでした。しかし頑張って歩き続けたら暗くなる前に戻れそうでしたのでアメリカ大使館がある湖畔の道路を歩いて行くことにしました。






私は1日に1ビールというルールを守ってきました。

しかしネピドーに行った日は飲みませんでしたし、今日はすでに8kmくらいは歩いているのでと自分に言い訳をして明るいうちからビール休憩することに。800チャットのビールのツマミとして試してみたのは6000チャットの魚の皮を揚げたものでしたが、これが期待を裏切らる1品でした。ウナギの骨みたいにクリスピーだろうと想像していたのですが、揚げ方に問題があるためかモッサリした口当たりでした。






アメリカ大使館の前に新しい建物ができていました。

ミャンマーは満月の日は祝日になるらしいのですが、それでアメリカ大使館の入口も閉ざされていて警備員たちもヒマそうでした。要塞のように巨大なアメリカ大使館の内部にはフィットネスジムもありそうですので、この民間のジムに大使館関係者たちが通っているかは不明です。しかし窓ガラスの曇り具合からクーラーをガンガン効かせた中でエクササイズしてるのはアメリカ人のイメージに合っていますが…(笑)






NLD本部の看板が新しくなっていました。

3年前はこのファサードはもっと地味な雰囲気でしたが、今年の秋には選挙が控えているのもあって新しくしたのかもです。「看板の架け替え」というと悪いイメージがありますが、政党の主張は一貫性があるでしょうから問題は無いのでしょう。私はミャンマーは2度目で、滞在日数の合計は20日ほどしかありません。そんな短期間で複雑なミャンマーの政治事情を理解することはできないのですが、どうもNLDには不利な状況になるのではと危惧しています。地方都市の住民たちのことはわかりませんが、大ヤンゴン圏の住民の皆さんはある程度は現状に満足してるように見えますので。






最初はこの建物は丸紅のヤンゴン支社かと思いました。

遠くから目立つ看板の赤いMのロゴで丸紅だろうと勝手に思い込んでいたのですが、なんとパチンコ産業のマルハンの建物でした。それも銀行らしいのですが、日本で儲けた資金を元にミャンマーで銀行業を始めたみたいですね。これまでも異業種の銀行業への参入としてモンゴルでのHISなどがありますが、ミャンマーで銀行の事業を始めるのは盲点だったかもですね。ハイリスク・ハイリターンだとは思いますが、人口減少社会の日本でパチンコ業を続けるよりはマシかもですし。






日本大使館のあたりで夕暮れとなりました。

それで先日の早朝に到着したヤンゴン駅前に辿り着いた頃には薄暗くなっていましたが、街灯や駅舎のライトアップが不足しているので真夜中のような雰囲気でした。駅の周辺は野犬も多いですし、普通の日本人観光客が夜にヤンゴン駅に降り立ったら身の危険を感じて外に出るのを躊躇ってしまうかもですね。ミャンマーの名誉のために書いておきますが、世界の大都市の駅前としては夜でも安全な部類に入ると思います。断言はできませんが、札束を数えながら歩けそうな気がします。

現在はこんな場末感が漂うミャンマーの表玄関なのですが、ヤンゴンのフリーペーパーで読んだ記事によりますと日本企業によりキレイに整備される計画があるとか。もしかしたら10年後には東京駅みたいにリノベーションされて、ヤンゴンっ子たちのデートスポットになっているかもしれませんよ。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/31(金) 23:59)

<<もうすぐタイへ移動するのにヤンゴンで親子丼を試した理由は… | ホーム | 初めてヤンゴン駅に降り立ってみた感じた居心地の悪さは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3421-d086eb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア