新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 タイミングが悪くてハジャイの街でチェックできなかったものは…


私はおそらく日本一のモールマニアです。

それはヒマと金を持て余している人でも海外旅行でモールには行かないでしょうし、モール関係者でも大都市の話題になっている施設しかリサーチしないでしょうから。ハジャイの中途半端な規模の「DIANA PLAZA」はバスターミナルに近いので旅行者で立ち寄ったことがある人はいるでしょうが、バンコクに似たものはたくさんありますのでごく少数でしょう。

この手のモールは10時開店だろうと思っていたのですが、正面入口は工事のためか閉ざされていました。数人のバイクの人は駐車場へ向かっていましたが、おそらく出勤する従業員なのでしょう。まあどうせ近くにセントラルの大型店が進出してきてテナントが歯抜け状態になってるモールだろうとスルーすることにしました。次回は廃墟になってるかもですが…(笑)






これがハジャイの最新で最大の商業施設です。

チェンマイにも同じ「セントラルフェスティバル」という名前のモールができていましたが、これまでのモールと差別化するための新しいネーミングみたいです。ここもどんどん人が巨大な建物に吸い込まれていましたが、正面入口は閉ざされていました。なんと平日は11時からのオープンでしたが、昨晩の内にチェックしておくべきだったなと悔やまれました。

モールマニアではありますが、たかがセントラルごときのために1時間近くも待つことはしたくないので、今回は外観だけのチェックにしておきました。さすがにこのモールは数年の内に無くなることは無いはずですし。






ハジャイのバスターミナルは初めてでした。

バスターミナルと言っても、どちらかというとミニバスの方が主流といった感じでした。マレーシアの国境の手前のダンノックまでも大型バスは無く、26番から出る57バーツのミニバスだけでした。ミニバスは途中で客を拾わない満員発車タイプでしたが、ドライバーは途中の店などに荷物を届ける宅配業者も兼ねていました。

ミニバスは1時間ほどでダンノックに到着したのですが、出国するイミグレの200mほど手前でしたので「近過ぎるよっ!」と文句を言いたくなりました。急ぎの場合は近くて構わないのですが、私は国境の町の様子を観察しておこうと考えていましたので。






ダンノックは意外にいろんなものがありました。

Googleマップで見たら田舎っぽい感じがしましたので、「コンビニはあるかな…・と心配していたのです。しかし「これが最後のコンビニかな…」と思ったセブンイレブンの先に4軒もありました。さすがにマレーシアには何でもあるので国境のアップル専門店はありませんでしたが、数軒の床屋が目につきました。逆にガソリンスタンドは少ないようでしたが、それぞれに国の事情を反映しているのでしょう。ちなみにダンノックは道路の整備中のところに雨が降っていましたので、かなり印象は悪いものでした。






ダンノックにはこんなクリニックもありました。

全体的な医療水準はマレーシアの方が高そうですが、軽い病気の場合はタイの病院の方が選ばれるのかもしれません。日本人でさえ国境のイミグレはフリーパス状態でしたので、アセアン内のタイとマレーシアの国民にとっては時差があることくらいしか違いを感じないのでしょう。ただタイの方が町は小さいのに人口は密集している感じがしました。これもそれぞれの国の総人口の違いを現しているかのようでした。






500mほど歩いてテスコロータスへ行きました。

財布の中に残った9バーツという半端なコインを使い切るためにセブンイレブンに入ってみたら、安いビールやアイスクリームが置いてありませんでした。それでロータスで何度か29バーツのアーチというビールを買ったことがあることを思い出したのです。しかし残念ながら置いてなかったので、8バーツのアイスクリームを購入しちゃいました。






タイ側でランチを食べておくことにしました。

タイバーツに余裕がありましたし、モスリムが多いマレーシアに入ると豚肉を食べることが難しくなりますのでね。ちなみにテスコロータスでアイスクリームを買う前にマクドナルドで59バーツの定食をという選択肢もありましたが、チキンだったので止めておきました。

タイの飲食店は40バーツくらいの値段が普通で、大盛りにすると10バーツ高くなったりします。最後に選んだ華僑系の店の豚脚飯は普通サイズが50バーツでしたので、コインを増やしたくない私にはぴったりでした。






タイとマレーシアの国境を歩いたのは私だけでした。

後でその理由がわかったのですが、地元の人たちはダンノックの旅行代理店でマレーシア各地へのバスのチケットを買ってから、バスで国境を越えるのが常識だったみたいです。私は前回タイの西側の山の中の国境を越えた時にマレーシア側ではタクシーも無くてヒッチハイクしたことがありますが、こちらは陸路でのメインルートなので次の町へ行く市バスくらいはあるだろうと予想していました。しかし公共交通機関はゼロでした。

国境で働いてる人に訊いたらマレーシア側のイミグレから次のバスターミナルまでは9kmほどあり、タクシーで10リンギくらいということでした。またヒッチハイクすることも考えましたが、バイクタクシーなら5リンギで行けるのではと南下しながら探しました。歩いていたらタクシーから20リンギで行くと声がかかりましたが、高いとスルーしてバイクタクシーのおじさんに訊いたら「ターミナルまでなら20リンギだな…」と小雨の降る中の旅行者の足元を見た強気の答えでした。

ムカついてきたので残り8kmを歩いてやろうかと考えていたら土砂降りになってきたので断念。逃げ込んだテントにたまたまいたタクシーの運転手と世間話していたら、「バタワースまでは無いだろうから、アロースター行きに乗ってから別のバスを…」ということでした。雨が止む気配は無かったので渋々タクシーでターミナルに行きましたが、そこにいた猫たちに気分が癒されました。






バスターミナルからバタワース行きはありました。

出発まで1時間ほどありましたが、歩いていたら間に合わないところでしたのでタクシーに乗って正解でした。マレーシアの道路沿いには何も面白そうなものがありませんでしたし、途中でビールも買えなかったはずですし。バタワースまではタクシー代と同じ20リンギという安さで、ターミナルには普通にWi-Fiもありましたので問題なしでした。

大型バスは5人ほどの乗客を乗せて高速道路をひたすら南下して、一度だけアロースターのターミナルに寄って3人ほどの客を乗せました。なんとか日暮れの少し前にバタワースの駅前に到着できたのですが、そこのトイレは30センと有料でしたので腹が立ちました。日本円にすると10円ほどですが、私は21世紀にもなって有料なことが許せないのです。ジョージタウン行きのフェリーまでガマンすることができましたが、マレーシアは2020年までに先進国入りをしたいにであれば改善すべきでしょう。






さすがにジョージタウンに着いたら真っ暗でした。

前回はまだ窓枠などがボロボロだったリノベーション中の建物がかなりキレイになっていましたが、看板にはアニメの施設だという風に書いてありましたが、何かの間違いでは。ジョージタウンは植民地時代の古い建物がたくさん残っていて、これから次々とリノベーションされそうですので楽しみです。ちなみにフェリーはバタワース側から1,20リンギで、ジョージタウン側からは無料です。これもトイレと同じように無料とすべきでは。かなり観光客の印象が良くなると思いますが。






1泊ですから前回と同じ宿に泊まることにしました。

荷物を置いて賑やかな屋台街に出かけたのですが、ペナンですから迷わずに3、50リンギのラクサを選びました。さすがにそれだけじゃ満腹になりそうになかったので1、50リンギの春巻を1本追加したのですが、観光客に慣れたおばさんは知らん顔で2本運んできました。こちらはタイのビールを持ち込んできているという負い目もあって2本分を払いましたが、あと味が悪いですよね。私がバタワース行きのバスを待つ間に猫たちに癒されていなかったら食べずに席を立っていたかも。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/11(火) 23:59)

<<ペナンの宿で無料の朝食をいただきながら考えたことは… | ホーム | タイを夜行列車で南下するのも最後かと考える理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3432-8c7f93aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア