新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 インドネシアのメダン到着後に初めて食べた朝食は…


昨晩はわざと朝食用のパンを購入しませんでした。

それはWi-Fiがあるというので泊まることにしたのに4階の私の部屋まで電波が届かなかったので、フロントの横のホテルの食堂で朝食を食べながらメダンの後の旅行の下調べをすることにしたからでした。3種類の朝食メニューからカヤトースト風なものを選んだら、「今日はそれは品切れ」と言われました。残りはナシゴレンかラーメン風な麺料理でしたが、どちらも朝から食べたくなるものではありませんでした。

隣のテーブルを横目で見たら麺料理はインスタントラーメンの麺でしたので、消去法でナシゴレンに決定。甘過ぎるお茶と共に朝からは嬉しくない料理でしたが、値段は1万ルピアでしたので「ネットカフェに行ったと思えば良いか…」と自分に言い聞かせてガマンすることにしました。






シャワーを浴びてからホテルを移ることにしました。

Wi-Fiの電波が届かなかったこと以外にベッドのスプリングに問題があったのと、トイレのポタポタと落ちる水漏れの音がどうしても消すことができなかったのが理由でした。それに部屋が4階の割にはモスクの反対側で、眺めも悪かったですし。

フロントに鍵を返してから最後のメールチェックをしていたら、黒猫の親子がやってきました。子猫は母猫の尻尾で遊んでいましたが、強敵が登場してバイクの下に逃げ込んでしまいました。母猫は動じることなく見守っていましたが、おそらく毎朝のように似たようなことが繰り返されているのでしょう。






新しいホテルにチェックインして街へ出かけました。

最初の目的地は駅前の大型商業施設に入居していたロッテマートでしたが、メダン駅の周辺は建設ラッシュで無秩序な状態になっていて驚かされました。この奥の工事中の高層ビルの地下にロッテマートは入居していましたが、この撮影場所の手前にも韓国系の銀行が進出していました、つい最近ジャカルタにはイオンモールが進出したみたいですが、メダンには日本の大手企業の進出は今のところは皆無だと思います。






ロッテマートでランチを食べることにしました。

ハノイのロッテマートでもそうでしたが、生鮮食品売り場の一角にデリカテッセンで作られた料理を食べることができるスペースが用意されていましたので。なぜか和風や韓国風のコーナーはありませんでしたが、ピザやラザニア、そしてグラタンなどを売ってるコーナーがありましたので悩みました。

しかし両替前でインドネシアルピアが残りわずかでしたし、初日は地元の料理にすべきだと自分に言い聞かせて、何かのキャンペーンで2万ルピアから1万3千ルピアに値下げされていたガドガドを注文。真っ赤な揚げ煎餅は不要でしたが、ピーナッツソースが美味しくてインドネシアにやってきたことを実感しました。やはりピザなどにしなくて正解でした!






ロッテマートの近くで不思議な日本語を見かけました。

東南アジアでは日本風な菓子パンが人気があり、たまに日本人からしてみると気恥ずかしくなる表現があったりするのですが、この店はまさにそれを説明するのに最適な実例でした。まず店のシンボルマークの暖簾に片仮名で「パン」と入っていたのがユニークでした。またレジの上には頑張って習字で書いたようなスローガンが誇らしげに貼ってありましたが、日本のパン屋さんにはまず無い発想ですよね。

おそらく学生時代に日本風なパンと出会ってファンになったインドネシア人が日本かジャカルタ、あるいはクアラルンプールあたりの日本企業のパン屋さんで修行されたのではないでしょうか。苦労して貯めた資金で店を出すことになり、ベーカリーでありながら心の中は「自分は美味しいパンを作り続けるんだ!」という気概に満ち溢れてこんな表現になったのでは。しかし日本人が見ても面白いですが、日本語がわかるポルトガル人が見ても楽しいかもですね。






モールの最上階にはシネコンもありました。

やはり上映作品はタイやマレーシアとほとんど同じでしたが、このシネコンは高級路線でドアマンが2人立っていました。クアラルンプールのミッドバレーメガモールにも高級なシネコンはありますが、ドアマンはいなかったはずです。モール内で空調が効いていますので、ドア自体が不要ですしね。誰の発想なのかわかりませんが、私はこの手の陳腐な手法は好みではありません。不人気で閉館になることを心から望んでおります。





モールには珍しくゴールドジムが入居していました。

あちこちのモールで女性のダイエットや健康管理のためのフィットネスクラブは見かけますが、数々のモールを見てきた私もゴールドジムは初めてでした。しかもロゴマークが入ったウェアやグッズの販売をやってるコーナーも初めて見ました。メダンは華僑系の人口が多いので、おそらくハマーにでも乗ってるLA好きなマッチョな中国系のおじさまがオーナーなのでしょう。私の勝手な推測ですが当たっているかも…(笑)






両替屋は街のあちこちに点在していました。

銀行のレートと大差ないみたいでしたので、このSOGOが入居しているモールの地下の両替屋の表示してあった数字が良かったので替えようとしたら、「それは我々の買う場合のレートですが…」ですって。ムカついて大人気ない捨て台詞を残して近所のインド人の両替屋に戻って1万円を替えましたが、1090000ルピアが出てきて大金持ちになった気分にさせてくれました。

10000ルピアが91円くらいになる計算ですので、末尾の0を2個取るだけでおおよその値段がわかるので便利です。ちなみに財布には友人から餞別にと貰った古いインドネシア紙幣がたくさんあるのですが、それは日本で日銀にあたるようなインドネシア銀行でしか替えてくれないみたいです。






これは北側の踏み切りから見たメダン駅です。

左手にそびえているのが先ほどまでいたロッテマートが入居している高層ビルですが、それが無かった頃はのんびりとした田舎っぽい駅前だったのでしょう。まだ駅の西側には空間がありますが、いずれは東側と同じように高層ビル群が建ち並ぶようになるのでしょう。やはり空港が郊外に移転する前にチェックしておくべきだったかと悔やまれます。






駅から少し北上した場所でも工事中でした。

ジャカルタも10年ほど前から急速に高層ビル化が進みましたが、メダンは華僑系の人口が多いので大陸からの投資が多かったのかもしれません。インドネシアは人口が多い若い国ですので、高層ビルの需要は今後もそれなりにあるのでしょうが、大陸のバブル経済の崩壊なんてことになればあちこちで工事が止まってしまうかもしれません。その余波の大きさは計り知れないのですが、以前にも発生した華人の店を襲う暴動が再発する可能性は高いでしょう。ビザ不要になったことで活気が出てきたインドネシアの観光業界も一気に冷え込んでしまうかもしれませんね。






これはメダン駅の西側からの眺めです。

こうやって遠くから見ることでようやく東側の再開発エリアの全体像を見ることができましたが、数年前の画像と較べてみたら面白いでしょう。駅の北側にはJWマリオットなどの高層ホテルも最近になって進出してきたようですが、現在と10年前の夕暮れ時の航空写真を較べてみたら面白いでしょう。高層ビルの影で急速に都市化が進んだことが理解できるはずです。







郊外のモールでようやくビールを購入できました。

地下のスーパーの奥にひっそりとワインショップがあり、その片隅にほんの少しだけビールが並んでいました。ビンタンはこの330と500の缶、そして大瓶がありましたが、日本並みに高いので悩みました。先日は飲めませんでしたので大瓶にしたかったのですが、グッとガマンして昼飯代より高い15500ルピアを支払いました。日本円にすると140円くらいですが、コーラが5000ルピアの国ですので割高なのです。

これは今日から泊まる部屋の窓からモスクとビンタンビールを撮影したものですが、イスラム教が禁じているアルコールをモスクの前で飲むというのも面白い経験です。私が初めて中東を旅行した時はアルコール類が入手できなくて、1ヶ月以上も酒無しで過ごした経験があります。それに較べたら探せばある国ですのでマシですよね。マレーシアよりも少し安いですし。






今日の夕食はビールに合うものにすることに。

近所の屋台のフライドチキンでもと思いましたが、これからしばらくチキンばかりになりますので「他に何かあるんじゃ…」と探す気になりました。そんな時に出会ったのがハンバーガーの屋台でしたが、「これしか無い!」と即決しました。

鉄板で焼いた牛肉を円形の枠の中で焼いた溶き卵の中に入れて焼き上げるという初めての手法のハンバーガーでしたが、チーズも挟んであり13000ルピアの価値は充分にありました。テイクアウトしてモスクを眺めながらいただいたのですが、ビールとの相性も抜群でした。ちなみにビールは濡れたバンダナで包んで扇風機の風に当て続けて気化熱を奪うことで冷やそうとしたのですが、室温が高いのでほんのり冷えた程度でした。それでもムチャ美味しかったですけどね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/13(木) 23:59)

<<メダン2日目の朝に試してみたトーストとコーヒーの味は… | ホーム | ペナンの宿で無料の朝食をいただきながら考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3434-365bf3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア