新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 夜明け前にバンダル・ランプンに到着して泊まることにした理由は…


今朝も自動車が夜明け前に到着しました。

最初にメダンから乗ったトバ湖行きのバスは2時間も遅れて論外でしたが、早過ぎる時間に着くというのもありがたくありません。出発時間を3時間くらいズラして夕方にすれば良いのにと思いますが、何かそれなりの理由があるのでしょう。

先日のトヨタ車のドライバーは親切な青年で、夜明け前のホテル探しを手伝ってくれました。私はバンダル・ランプンが面白そうで無ければ早朝のバスに乗ってジャカルタ方面へのフェリー乗り場に行こうかと考えていたのですが、ホテル探しで街をドライブしてみたら面白そうでしたので1泊してみることにしました。それにドライバーくんのヘルプもあって夜明け前からチェックインできましたので、ムチャ楽でしたし。

午前中はブログの更新などを済ませて、まずはスマトラ縦断鉄道がバンダアチェまでできたら始発駅になるかもしれないルブックリンガウ駅に向かって歩き出しました。古い市場風なビルの前に偉人風な銅像が見えてきたのですが、かつての多民族国家だった時代の英雄なのでしょう。スマトラの歴史は詳しくないので何を成し遂げた人物かわかりませんが、このように都市によって雰囲気がガラリと変わるのは面白いですね。






銅像の近くに変わったバス停がありました。

バスに乗車するレベルがブラジルのクリチバみたいに高い位置にあったのですが、なぜスマトラでバンダル・ランプンだけがそうなっているのか不思議でした。このバスへの乗車方式はメリットとデメリットがありますが、この街でメリットの方が上回っているとは思えませんが。まあ1回だけ試しに乗ってみただけでは失敗かどうか判断できませんけどね。






駅前の屋台に毛が生えた店でランチしました。

モスリム人口が多い国を旅行しているわりには鳥肉をあまり食べてないことに気がついて13000ルピアの料理を注文してみたのですが、工夫が何もなくてガッカリでした。近所の腹ぺこ猫が甘えた声でやってきたので救われましたが。

ちなみに53000ルピアを出してお釣りを貰おうとしたら、看板は古い料金だから16000ルピア払ってと理不尽な要求が。食後で胃袋が膨れていましたし、26円のために喧嘩したく無かったので払いましたが、私が猫と戯れていなかったら「看板の値段しか払わない!」と拒否して騒ぎになっていたかも。やはり猫の存在は大きいですよね。






ルブックリンガウ駅はかなり貧相でした。

場所もダウンタウンの外れにあり、隣の商業施設はテナントがほとんど撤退していました。この駅のシステムは新しそうな感じでしたが、バス全盛の時代にパレンバン以北にも路線を伸ばそうというのなら特別な戦略が必要だと思いますが。

それは生活の足だけではない楽しい体験ができるということに徹するべきと思います。とりあえずはメダンまで急いで延伸させて、その沿線の風光明媚な場所に伝統的な工法でロスメンを作って、自由に途中下車できるようにすれば良いのでは。






駅前から北のモールまで歩くことにしました。

ホテルからモールまでだと私の初めての町で歩く基準である4kmを越えていたのですが、今朝はホテル探しで楽できましたので。しばらく北上していたらコンビニ風な店が仲良く並んでいるのを見かけたのですが、こんなことは初めてでした。ちなみにパダンやブンクルではこのチェーンテは両方とも見かけなかったのですが、不思議な分布ですね。






バンダル・ランプン最大のモールは退屈でした。

おそらく日本でいちばん数多くのモールに足を運んだことがあるモールマニアの私には「モールはこうあるべきだ!」という私的な基準がありますが、このモールは先人たちが苦労して編み出した手法を無視していたのです。独自性があると表現することもできますが、私は数年のうちに間違いだったことを思い知らされる時が来ると思います。近所にライバルのモールが出現したら、客数は半減するでしょうから。






モールには6スクリーンのシネコンがありました。

メダンのロッテマートが入居していたシネコンと同じ系列だと思いますが、こちらはドアマンが1人でしたし、面倒だったのかドアは開けっ放しになっていました。もちろんバンコクで見逃していた「ミッション・インポッシュブル 5」は上映中でしたし、今日からピクサーの新作である「インサイドアウト」が始まっていました。ここは40000ルピアからと高かったので、週明けにジャカルタで観ることにしました。






モールから4000ルピア払ってバスに乗りました。

それで海が見えるところまで南下して貧民街を抜けて海岸の様子を見に行ってみたのですが、そこでレベルを超えたゴミの山を見て愕然とさせられました。フィリピンの海岸でも似たような光景を見たことがありますが、インドネシア政府は早急にゴミ処理班を派遣して再発防止に力を注ぐべきでしょう。こんなのをほったらかしにしておいて、ドアマンがいる映画館で楽しむなんて狂っているとしか思えませんから。






これは地元のシンボルになってるようです。

あちこちでこのデザインを見かけるので何なのか気になって調べてみたら、かつての多民族国家の頃の王妃の冠が元になってるようでた。王様と王妃の像の上に3本の傘がデザインされているものもありましたが、なぜ3本の傘がシンボリックに使われているのかはわかりません。このランドマークの近くの屋台で知り合った地元の女性も知らないということでした。






今日は3日ぶりにビールを飲むことができます。

モールの1階にあった「chandro」というスーパーでようやく売っていたので最安だったANKERの小瓶を4本だけ購入しておきました。安いといっても1本が14900ルピアでしたので、日本円だと131円ほどと高いのですけどね。

瓶ビールは重たかったのですが、今日のホテルには壁に栓抜きがありましたので悪くありませんでした。残念ながらホテルの食堂の製氷機の電源が入っていなくて氷を貰って冷やすことはできませんでしたが。今日のホテルにはクーラーがありましたので濡らしたバンダナで包んで吹き出し口で冷やすという手もありましたが、その時間を待てなくて飲んでしまいました。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/21(金) 23:52)

<<ホテルで無料の朝食をいただいてからバスとフェリーで出かけた先は… | ホーム | ブンクルから安く南下する方法を探している時に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3442-b6be36f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア