新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 もうインドネシア旅行も最後なので試してみた料理は…


アッという間にインドネシア旅行も終わりそうです。

明日からのシンガポールは冷えたビールが楽しみですが、ビール以外の物価は高くなりますので複雑な心境です。まあGoogleマップを見る必要が無くなることは気分的にかなり楽ですけどね。どこでも普通に英語が通じますし。逆に自分の英語力の低さも痛感させらりたりしますが。

もうインドネシアで食事をするのも残り数回ですから、今日のランチにはガドガドをライスにかけた「ナシ・ガドガド」といった感じの料理を試してみました。これで10000ルピアでしたし悪くは無かったのですが、やはりガドガドは普通のロントン入りのものが美味しいと思いました。






食後のデザートにアイスクリームを食べました。

ここでも最後だからと普段なら注文しない5000ルピアのドリアン入りを試してみたのですが、やはりドリアンが強過ぎました。もちろん少量のドリアンがバニラアイスにはさまれていただけなのですが、それでも1時間以上は口の中にねっとりとしたドリアンが残っている感じがしました。






タナアバン駅に向かう途中に近道を探しました。

Googleマップの歩行ルートでは表示されませんでしたし、駅までショートカットできる橋は存在しないことになっていました。それにしては路地の歩行者が多かったので路上の物売りに駅まで行くことができるか訊いたら大きく頷いてくれました。

イオンモールに行くために近所の人たちが作った竹製の橋みたいなものを想像して路地の奥に行ってみたら、ちゃんとバイクも走れるコンクリート製の橋がありました。橋は問題無かったのですが、その橋からの景色はゴミだらけで最悪でした。ここからルイヴィトンがある高級モールに「プラザインドネシア」まで徒歩30分くらいなんですけどね。






電車をカバヤラン駅で降りました。

そこから目的地のガンダリアシティモールの周辺の高層ビルは見えていたのですが、歩くと遠く感じました。このモールは大きさを売り物にした感じで、残念ながら独特の工夫などは見当たりませんでした。またなぜか買い物客の導線を変形したSの字風に湾曲させていましたが、その理由は最後までわかりませんでした。オーナーさんのイニシャルだったりして…(笑)






地下のロッテマートで少し買い物をしました。

ルピアの現金が残りわずかですから、今晩の夕食用にインスタントのお粥とラーメン、そして朝食用にバゲット、さらにキンキンに冷えていた缶ビールを購入しました。せっかく冷えていましたので、今日は明るい内から飲んでしまうことにしたのですが、ツマミにバゲットを齧ってみたら意外に美味しかったので得した気分に。バゲットは6900ルピアと安かったので、まったく期待していなかったもので。






次のモールまでは南へ徒歩15分くらいでした。

核店舗であるSOGOの地下に紀伊国屋があるというのでわざわざ遠回りして来たのですが、増床工事らしいものが見えましたのでイヤな予感がしました。このモールは幹線道路の両脇に建っているツインモールで、自動車でやってくる人たちが顧客みたいでした。そのためにモールをぐるりと周遊できる自動車レーンがモールを取り囲んでいて、歩いて来る人たちを拒絶するような造りでした。

アメリカにもマイアミの郊外などで99パーセントが自家用車での買い物客という感じのモールを見たことがありましたが、これほど露骨に自家用車での買い物客以外を歓迎しないモールは初めてでした。これは民間企業の開発ですから、どのような構造にするかは自由なのですが、インドネシアの恥として批判されるべきじゃないかと思います。歩道側とモールを隔てている鉄柵は遠くからでも見えていますが、外観の見た目は普通のモールですからね。






紀伊国屋には1種類だけフリーペーパーがありました。

ジャカルタには紀伊国屋が3店舗あるみたいですし、人口が多いインドネシアでの成功を夢見て事務所を開設する日本企業も多いと思ったのですが、まだタイやマレーシアに較べると中間層の購買力が弱いと判断されているのかも。それでシンガポールや香港あたりから出張してくる企業人は多くても、住んでいる人は少ないのかもですね。まあ若奥様や小さな子供を住まわせるには治安や衛生面に不安があるのは理解できますが。

ちなみにタイのスーパーでパッケージにくまモンがあるのを見かけてから3週間ぶりくらいにくまモンを見かけました。そういえばくまモンはインドネシアはまだなのでは。マーケットとしての大きさを考えれば出張も妥当なところでしょうが、熊本県庁の担当課の皆さんが行きたくないと言ってるのかも。






今日の最終目的地はブロックMでした。

その中間くらいに「ダマンワンサ」という知らない商業施設がありましたが、ストリートビューで見て悩むくらいのサイズでした。それほど遠回りじゃないけど、交通の拠点であるブロックM行きのバスはたくさん走っています。歩いて行くとトータルで1時間くらいかかる距離でしたが、あえて歩いて行くことに。「買い物は悩んだら止める」という主義ですが、「旅行は悩んだら行く」主義ですから。

住宅地の中を頑張って歩いて辿り着いた商業施設は、「なるほど、こんな感じなわけね…」と納得するレベルでした。時間の無駄ではありましたが、モールマニアとしてはひとつクリアできました。いくら数を回ってもギネスがワールドレコードに認定してくれるわけじゃないでしょうが…(笑)






ブロックMの近くのカフェで何かの撮影中でした。

女性がスゴい盛り付けの飲み物をレポートしていましたから、「王様のブランチ」みたいな週末の情報番組の話題の店の紹介を撮っていたのかもしれません。なにせインドネシアは若い人口が多いので、デートする店の紹介などは需要が多そうです。もちろん可処分所得はまだ低そうですから、どうしても高額な食材などは使えずにアイデア勝負ということになりがちかも。






日暮れ時にようやくブロックMに到着しました。

周辺に工事中のビジネスビルなどがありましたが、基本的なことは前回とさほど変化していない感じでした。昼間にロッテマートで買い物しちゃいましたのでカルフールには足を踏み入れませんでしたが、かなり売り場が疲弊していることでしょう。もうリニューアルの時期は過ぎていると思われますので、早くどこかに買収されると私も楽しめるのですが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/08/27(木) 23:59)

<<インドネシア最後のランチに選んでみだ料理の感想は… | ホーム | システム障害のようです>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3449-8a9e7c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア