新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ジョホールバルからの夜行列車でKLセントラルに到着して見たものは…


ジョホールバルからの夜行列車は7時に着きました。

殺風景なKLセントラル駅のプラットホームからエスカレーターで地上部分に上がったら巨大なエアアジアのバナーが出迎えてくれましたが、早くも我が家に帰ったような不思議な感じがしました。シンガポールでも似た感じでしたが、クアラルンプールの方が滞在日数が長いので、より親近感があるのでしょう。このバナーの先の「NU CENTRAL」というモールを抜けて表に出てみたら、もうセント・レジスのビルがほぼ完成していていましたので時代の変化を感じました。






いつものようにチャイナタウンまで歩きました。

数年前からパサール・セニ駅前では新しいMRTの大規模な工事が行われているのですが、その新しいイラストが登場していました。それはチャイナタウンの喧騒には似合わないモダンなデザインでしたが、無個性で面白くないと思います。その方がコストがかからず、地元からの文句も出ないので選ばれたのでしょうが、外国人観光客が駅の前で写真を撮りたくなるような個性的なデザインにすべきだと思いますが。






チャイナタウンでは火事があったようでした。

浅草橋にありそうな季節もののディスプレイを売る古い卸問屋でしたが、「HAPPY」という店名が焼け残っているところが悲しいですよね。特に火種になるものは扱っていないはずですから、タバコの不始末や漏電などが原因なのかも。しかしMRTの工事現場のすぐ近くですし、この店の裏手は大きな駐車場と古い市場があります。そうなるとクアラルンプールの華人マフィアによる放火という可能性も。地上げに応じない老人に対しての脅しとして効きめがありそうですし。






今日はパビリオンで映画を観ることにしました。

いつものようにパサール・セニ駅前から無料のGO−KLバスに乗り、パビリオンの手前で降りました。いつもならクーラーが効いていない安い食堂街でランチを食べているのですが、今日は初めてバス停の近くのビジネスマン御用達の雑居ビル内の食堂を試してみることにしました。昔は普通の物販店ばかりでしたが、最近は飲食店が増えていて活気がありましたので。

1階から3階までいろんなタイプの店をチェックしてみて、2階の和風な店のランチタイムはすべてのラーメンが11リンギというバナーにも惹かれました。しかしラーメンは帰国後に同じくらいの値段で食べることができますので、7.50リンギの英国風なシェパードパイを食べることに決めました。ところが売り切れだったので、7.20リンギのチキンパイに変更せざるを得ませんでした。まあ美味しかったので文句はありませんが、また次回にでもリベンジするつもりです。






観たい映画の上映までは1時間ほどありました。

それでスリアの紀伊国屋へフリーペーパーを貰いに行くことにしたのですが、わざとクーラーが効いた歩行者専用の空中ブリッジは使いませんでした。それはパビリオンとKLCCの間の広大な工事現場の様子をチェックするためでしたが、まだ基礎工事も始まっていませんでした。やけに時間がかかっていますが、周辺のビルに迷惑をかけないいうに時間をかけて静かな工事を心がけているだけじゃ無さそうです。原油安か中国株価の影響で資金繰りで問題が発生したのかもしれませんね。






これも経営に失敗した商業施設の成れの果てです。

かつてこのビルとビルの間の鰻の寝床のような細長い敷地には「KL CITYWALK」という飲食店が集まった施設がありました。KLCCからも近くて、近所の高層ビルに勤めるビジネスマンたちが通り抜けることもできますので悪いアイデアでは無いと思っていました。しかしテナント構成が悪過ぎたみたいで、オープン後すぐに閑古鳥が鳴いていました。看板には「リノベーションのため閉鎖」と書いてありましたが、原油価格の高騰でも無ければこのままの醜態を晒し続けそうです。






紀伊国屋で4種類のフリーペーパーをいただきました。

日本ではあまり報道されないローカルニュースやクアラルンプールに新しくオープンした店の情報、そして在留邦人をメイン顧客にしてる飲食店の広告などをチェックするのが目的なのですが、どんどんページも内容も薄くなってる感じがして残念です。まあ情報はネットで得る時代ですからアナログ媒体に期待してはいけないのでしょうが、発行を続けたいのであれば紙面をもう少し工夫していただきたいものです。

ちなみに旅行関連の本のコーナーに見慣れないクアラルンプールのガイド本がありましたが、それは世間を騒がせたエリカ様の元旦那によるものでした。どうせヒルトンなどに泊まってペトロナスツインタワーに登ったりしてるだけだろうとパラパラとめくってみたら、けっこうディープな情報が満載でしたので驚かされました。私と似たような所を歩き回って取材されていたのですが、どこかですれ違っていた可能性もあります。






ようやく予告編を見て期待してた映画を観れました。

ガイ・リッチー監督が大昔の「ナポレオン・ソロ」というスパイもののTVシリーズを映画化したものでしたが、冷戦下のベルリンから始まるオープニングは秀逸で、グッと古き良き時代に引き込まれてしまいました。衣装やセット、CGも含めて文句の付け所がありませんでしたので。

ちょっとスーパーマン的な顔立ちの男優さんと小柄な女優さんたちじゃ物足りないんじゃと心配していたのですが、まったくの杞憂でした。おそらくイギリスやドイツでは大ヒットして同じU.N.C.L.E.のメンバーで続編も作られるのでしょうが、舞台はイスタンブールでしょうから楽しみです。






これはパビリオンの正面を対面から撮影したものです。

パビリオンの真横の空き地にはスカイラインが共通の5階建てくらいの別館が作られるのだろうと予想していたのですが、25階建てくらいの細長い鉛筆ビルでしたので驚かされました。低層階は物販や飲食店になるのでしょうが、日本の会社も狙っていそうですね。ちなみにパビリオンの周辺では数本の高層ビルが建築中ですが、どれも成金趣味です。モスリム国ですのでアラブの富裕層が宿泊したりするのでしょう。






早くも誘惑に負けてビールを購入してしまいました。

映画を観る前にスリアのコールドストレージで夕食用に炒飯と揚げものを購入したのですが、それにはウォッカよりビールが合うと酒屋に寄ってしまいました。前回は3本で11リンギに値上がりしていましたので、12リンギになってたら潔くあきらめるつもりでした。しかしなぜか10リンギと昔の値段に。少し円高ということもあり意外に安かったのですが、それなら免税店で重たいウォッカを買う必要は無かったのに…





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/09/03(木) 23:59)

<<1リンギのKTMでミッドバレーに出かける前に見たものは… | ホーム | JBセントラルから少しだけキレイなバスで向かった先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3456-bd08718f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア