新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 帰国するのに新しいKLIA2ターミナルに行く前に考えたことは…


ついに今回の旅行も最終日になってしまいました。

残念ながら朝から雨の空模様ですが、涼しくなってくれるのはありがたい話です。帰国するまで長旅になりますので、できるだけ汗はかきたくありませんでしたので。いつもならKLセントラルまで歩くのですが、今日はMRTのパサール・セニ駅に向かいました。それはいつもと同じじゃ面白くないので、郊外のパラダイムモールで映画を観た後にモールから出てる空港バスでKLIA2に行こうかと考えたからでした。

自販機で2、10リンギでトークンを買いホームに上がったらMRTの工事現場が一望できました。また次回には大きく変化していることでしょう。さすがに中国経済が破滅的なことになっても、このMRTの工事は止まらないはずですから。






これはKLセントラルからふたつ目の駅です。

これまではこの駅の周辺に何も無かったので、都心に近いわりにはムチャ地味な存在でした。私も昨年までは何度も電車では通りましたが、駅で降りてみることはありませんでした。しかし川を挟んだ対岸に最初はミッドバレーが、そして次にザ・ガーデンズができて運命が変わったようです。最近は真横に「KL ECOCITY」というコンドミニアム群の建設が始まったことから期待されているようです。






ケラナジャヤからのシャトルバスはこの赤いヤツでした、

距離が近いので10分もかからずにパラダイムモールの裏側に到着したのですが、いつもと同じ場所なのに隣に建設中の2棟の高層コンドミニアムとの間のブリッジが作られはじめていましたので雰囲気が激変していました。それ以外にもいくつかパラダイムモールの周辺にはコンドミニアム群が建設されるようですが、住民が増えればモールももう少しは賑やかになることでしょう。現在は地下のテスコでレジに並ばないで買い物できるので私は気に入ってるのですが…






予定を変更してKLセントラルに戻ることにしました。

私はパラダイムモールから空港の近くにオープンした三井アウトレットパークに行くバスが出てると思っていたのですが、すべてKLセントラルと同じでKLIA2に行くものでした。KLセントラルからは15分間隔くらいで出ていますが、パラダイムモールからだと14:00の次は17:00と極端に少なかったので、早く到着できる方を選びました。

それでKLセントラルの横にオープンした「NU CENTRAL」という都市型モールのシネコンで観ることにしたのですが、それは午前中に小雨が降っていてMRTから工事現場の撮影が上手くできなかったことのリベンジの意味もありました。午後に雨が止んでいたのでチャンス到来と思っていたら、MRTに乗った途端に再び雨が!






KLセントラルの周辺はビルだらけになりました。

しかしこの集配所みたいなのは高層ビル群の中でひっそりと営業を続けています。もちろん既に再開発計画は決まっていて、数年後には高層ビルに生まれ変わるのでしょうが。最近になって初めてクアラルンプールに来た人はこのような高度利用されていない土地が残っていることに驚かれるかもですが、KLセントラルが開業する前は高層ビルは1本も存在しなかったことには考えが及ばないのでしょう。






今日は少し変わったものを試してみました。

見本の写真ではポテトフライみたいなヤツかなと思ったのですが、魚のすり身を素揚げした酒のつまみになりそうなスナックでした。ちょうどシンガポール空港の免税店で購入したウォッカがありましたので、それに合わせることに。同じブラックペッパーのソースでは飽きましたのでマヨネーズの小袋を取り出して味を変え、最後まで美味しくいただきました。







今日は「トランスポーター」の新作を観るつもりでした。

しかしまだ始まったばかりだったようで14.50リンギと割高でした。たかが映画に300円以上も払うのはバカらしいので、今日は何も観ないで空港へ向かうことも考えました。しかし「HITMAN」というスキンヘッドのおじさんが主演のアクション映画が10分後に10.50リンギで始まるところでしたので試してみることに。

遺伝子操作で特殊な能力を身につけた連中が戦う「マトリックス」風な話で、CGシーンはそれなりに見応えがありましたし、ベルリンやシンガポールでのロケは興味深いものでした。しかしスキンヘッドの主人公と地味なヒロインには最後まで感情移入ができませんでした。キャストを変えたらもう少しマシだったでしょうが、それは「アントマン」と同じですよね。






映画を観終えてKLIA2行きのバスに乗りました。

値段が11リンギに値上げされていた以外にはエアアジアの発着がLCCTだった時代とまったく同じでしたが、KLIA2が建設された場所が空港の北でしたので少し早く着いたような気がしました。KLIA2に到着したら、目の前に三井アウトレットパーク行きのシャトルバスが停まっていましたが、私がバスを降りる前に動きはじめてしまいました。

またもやタイミングが合わなかったかとあきらめかけたら、日本人らしい女性たちが運転手にアピールして停めていました。私もそれに便乗して無事に乗り込むことができましたが、無駄な待ち時間がゼロというもは気持ちが良いものです。シャトルバスはマレーシア航空などが発着する隣の空港に寄ってからアウトレットパークへ快適に走ってくれました。






アウトレットパークは特に面白いものはありませんでした。

荷物を無料で預かってくれたことや、無料のシャトルバスがあったことは良いのですが、単に店を2層に並べただけで工夫がありませんでしたのでガッカリでした。日本からやってきたアウトレット施設ということをもっとアピールするためにロボット技術や新型のパーソナルな乗り物などを活用すれば良かったでしょうが、何も無くて残念でした。

何も無かったのでフードコートで早めの夕食をと考えたのですが、アウトレット施設のくせに設定価格が割高で腹が立ちました。KLIA2にも期待ができないのでコンビニ風な店で3.50リンギの炒麺を購入してチンして食べましたが、これがマレーシア最後の食事とはカナシイものです。






再び無料シャトルバスでKLIA2に戻りました。

想像以上の大きさとショップの充実ぶりでしたが、やはり最大のポイントは空港にでは世界初となると思えるカプセルホテルを作ったことでしょう。カプセルホテルは日本で発明されたものなににマレーシアに先を越されるとはもったいない話ですよね。これからでもオリンピックを前にホテルが不足するらしいので首都圏の空港に整備すべきでしょう。






KLIA2の探検はなかなか楽しめました。

いつものようにエアアジアの自動チェックイン機でボーディングパスをプリントアウトして、荷物を7kg以下にすることに。もう旅行に必要無いものを捨てたのですが、この数ヶ月の旅で大活躍してくれたビーチサンダルともお別れしなければなりませんでした。鼻緒の部分を何度も補強した愛着があるものでしたが、さすがに踵の部分が薄くなり限界でした。また帰国後にキャンドゥで同じものを買おうかな…






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/09/08(火) 23:59)

<<台風18号の影響も無く早朝に関空に到着して見かけたものは… | ホーム | KLのチャイナタウンから99番のバスで出かけた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3462-dc247d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア