新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 6時間ほど仮眠した後に早朝の関空で見かけて考えたことは…


 関空で6時間ほど長イスで仮眠させてもらいました。

以前は早朝便に乗るために前夜から関空入りしている人が多かったのですが、リムジンバスが24時間の運行になったためか減っていました。関空で仮眠してしますと寝過ごしてしまう危険もありますが、真夜中にリムジンバスに乗れば関空に到着したら起こされるので早朝便に乗り遅れることは無いでしょう。






 起床してから洗顔するためにトイレに行きました。

たしか関空のトイレが航空関係の雑誌かウェブサイトか何かで世界一に選ばれ、それが経済面では中国に抜かれてプライドが傷ついた世襲総理を支持するような人たちが飛びついたみたいです。現政権になってから日本語がペラペラの外国人に日本の素晴らしさをヨイショさせる番組が増えましたが、空港としてはシンガポールなどに大きく水をあけられて追いつくことは無理なのでトイレだけに集中させることにしたようです。

それで「トイレ大賞」みたいなアホな発想につながったようですが、情けなくて涙が出そうです。もちろんトイレがキレイなことや便座洗浄機が付いていることには文句がありません。世界一の空港であるシンガポールのチャンギ空港は600万の国民数に対してひとつだけですが、日本は1億2000万に対して100空港くらい存在しています。日本の地方都市が空港さえあれば活性化するという幻想と国土交通省が天下りしたいという思惑が一致してアホみたいに作り続けてしまいました。日本にはせいぜい30空港くらいあれば充分だと思いますが、先のことを考えない連中のせいでトイレくらいしか誇れない国になってしまいました。それもトイレは清潔なのに張り紙が多過ぎて美しくないという悲しいことに…






 関空では外国人が集まってる場所がありました。

それは外国人旅行者が日本各地で使うことができるWi-Fiの登録だったようですが、ようやく日本もここまで追いついてきたみたいです。海外でも外国人旅行者だけが購入して使うことができるパスなどありますが、極東まで来てもらうにはある程度のインパクト がある特典を用意するべきでしょう。新幹線が乗り放題になるジャパンレイルパスがひとつの例ですが、もっと時代に合うものを企画すべきじゃないかと思いますが。

私は以前にデルタ航空の399ドルの乗り放題のエアパスで全米を飛び回ったことがありますが、そんな空席がある場合のみに乗れるタイプのエアパスを日本でも導入するのもアリだと思います。飛行機会社も空気を運ぶより少なくても収入がある方がメリットがありますし、就航してる地方都市の活性化につながるということなら協力してくれることでしょう。






 今朝のジェットスターは1階からの出発でした。

目の前のボーディングブリッジが繋がったジェットスター機に階段を上って乗り込むのかなと思ったら、バスで5分ほど走った先に停めてあった飛行機にタラップを使って乗り込むことに。利益率が低いLCCですからボーディングブリッジを使わないということに文句があるわけじゃないのですが、関空のターミナルに近い場所には空きスペースがたくさんありましたのでバスで離れたところに連れて行く必要は無かったのでは。歩いてもらえばバスを使うより安上がりなはずですので。






 関空を離陸後はすぐに厚い雲に突入してしまいました。

しばらく雲の上を飛んでいましたので、せっかく窓側の席なのに下界の景色を楽しむことはできませんでした。雲の切れ間から陸地が見えてきたのですが、細長い独特の地形に風力発電の大型ファンが並んでいましたので佐多岬だと理解できました。iPadのGoogleマップを見ながら「お次は佐賀関あたりかな…」と考えていたら地図と同じ地形を見ることができたのですが、航空写真を元に作られているので当然のことですよね。

熊本上空を飛んだ時は雲がほとんど無くなっていたのですが、おかげさまで久しぶりに景色を堪能することができました。熊本駅の周辺を空から見るとガッカリさせられましたが、これからMICE施設の工事も始まることからますますヒドい状況になるのでしょう。千駄ヶ谷の国立競技場のゴタゴタを反省材料にして建設の見直しが行われたら良いのですが…






 熊本空港ではターミナルの近くに停めてくれました。

しかしわざわざタラップで滑走路に降りた後に階段かエレベーターで2階に上がる必要がありました。それでターミナルの端からしばらく歩かされて、またエレベーターで1階のターンテーブルのところに降りることになりましたが無駄が多過ぎますよね。ターミナルが小さいのを大きく見せようとしたのかもですが迷惑な話です。飛行機をターンテーブルの近くに停めてくれれば5分の1くらいの時間で済むはずですが。






 熊本空港では地元のキャラクターが迎えてくれました。

私が久しぶりに見かけたくまモンは説明不要でしょうが、左の阿蘇山の帽子を被った飛行機のキャラクターの全国的な知名度はゼロでしょうから少しばかり説明を。たしか熊本空港に「阿蘇くまもと空港」という愛称が付けられた時に作られた「あそらくん」というキャラクターだと思いますが、こんなフォルムですから立体化するのは難しいのでしょう。阿蘇の噴煙も透明なアクリルの支えが無ければ折れてしまうのでしょう。面白さもありませんし、デザイン的にも失敗なのでは。






 空港にはホンダの車とバイクが展示されていました。

なぜホンダなのかというと空港の近くにホンダの二輪車の工場があるからなのでしょうが、この黒いモンキーもくまモンバージョンの特別車なのです。自動車の方は普通でしたが、くまモンバージョンのエアロパーツなどは用意されていました。インドネシアを旅行中にはくまモンはまったく見かけませんでしたが、熊本に降り立った直後から怒涛の勢いでくまモンが出没し続けています。くまモンはゆるキャラグランプリで1位になった後で1年で消え去ると予想していたのですが…(笑)






 夕食はとんかつを食べようかと考えていました。

今回はバンコクで食べなかったので、かなりご無沙汰でしたので。しかし通常の番組が次々に茨城の洪水被災地の生中継に変わっていきましたので目が離せなくなりました。決壊した部分から非情に流れ込む濁流が民家を押し流し、いくつかの今にも流されそうな住宅からの救出劇は手に汗を握る展開でした。

それでとんかつを食べに行く気分にも、材料を買いに行って作る気にもなれませんでした。それで6月17日に出国してから1度も口にしていなかった日本的なカレーにしてみたのですが、レトルトでも充分に美味しゅうございました。






 くまモンは地元の番組にも生出演していました。

今日は長崎県じゃない熊本県の天草からの中継でしたが、週末に行われるサンタクロースのイベントの告知でした。昨年は天草出身のおじさんが世界一のサンタの栄冠を手にしましたので全国ニュースでも取り上げられましたが、今年は天草エアラインが新型機を導入したこともあり、天草市役所ではサンタ課を新設するほど気合が入っているようです。私が天草市民であればそんな遊び半分と思える課の新設には反対ですけどね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/09/10(木) 23:59)

<<お惣菜コーナーの寿司が安くなるのを待ってる間に見かけたものは… | ホーム | 台風18号の影響も無く早朝に関空に到着して見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3464-b79813dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア