新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大自然の脅威の前にあまりにも小さな存在の私が考えたことは…


 午前中に中岳から多量の噴煙が噴き出しました。

噴煙が火口から上空2000メートルに達したこともあって気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げ、火口から約4キロの範囲を立ち入り禁止にしたそうです。11時前に知人から噴火のことを聞いたのでテレビをチェックしてみたら各局が中岳の映像をライブ中継していましたが、幸い人的被害は皆無でした。秋の収穫シーズンに農家への打撃、そして観光シーズンなのに近隣の温泉宿などではキャンセルが相次ぎそうですから心配です。もちろん大噴火がいちばん心配ですけどね。






 ある番組のランキングにも阿蘇が並んでいました。

私は帰国して5日目ですが、水害や地震に続き噴火と天災続きで驚いています。水害ではまだ行方不明になっておられる人がいますが、水害も人災といった側面がありそうですし、政府の対応が国民の望むものと乖離しているようにも思えます。私の持論は総理の下にアメリカの「FEMA」みたいな緊急事態管理庁を新設すべきだということですが、既存の省庁が自分たちの上に新組織ができることを阻止したいので世襲総理の政権では実現はできないでしょう。




2015japan509

 今日の夕刊のフロントページは予想通りでした。

阿蘇は大分県や福岡県にも近いのですが、やはり何かあった場合には熊本県が受けるダメージが突出するはずですから大きく扱われるのは当然でしょう。このような大自然の脅威の前には人間の存在はあまりにも小さいのですが、フクシマの教訓を肝に命じて身の丈にあった生活を心がけるべきだと思います。

私の帰国前からヨーロッパでは難民問題で大騒ぎですが、国際社会の一員である日本が距離的に遠いからと無関係でいられるはずは無いでしょう。また中国で本格的にバブル崩壊が起これば内戦が起きることもあり得ますし、そうなれば多くの難民が九州にやってくるかもしれません。日本で首都直下型の地震が起きることだってあり得ますし、政府は戦争法案の成立に時間を無駄にしてる場合ではないと思いますが。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/09/14(月) 23:59)

<<北海道の大雪山で初雪が降った日に熊本のスーパーで見かけた光景は… | ホーム | もう少しで真夏日になりそうだった日曜にいただいた秋の味覚は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3468-e43facb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア