新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 香港空港からS1バスでMTRの東涌駅に移動した後に見かけたものは…


1時間の時差があるため暗いうちに目覚めました。

今回も香港中心部までの最安値であるS1バスとMTRの組み合わせを選んだのですが、バスのドライバーはお釣りを用意していないので事前にコンビニでコインに両替してもらいました。ちなみにオクトパスカードは嫌いなので持っていないのですが、早くアップルウォッチのような端末での支払いに対応してもらいたいものです。

3.50香港ドルを料金箱に入れてバスの2階の最前シートに座り、明るくなりかけていた中をMTRの東涌駅に向かったのですが、進行方向の左手に人工島の建設現場が良く見えました。10分ほどで見慣れない建物が見えてきたのですが、それは臨空コンドミニアム群の住民たちのために開発されたと思える「東涌遊泳池」という屋内型のスイミングプールでした。






今回はMTRのオースチン駅で降りました。

チェックインには早過ぎるので朝食を食べることにしたのですが、香港在住の方に教えていただいた観光客はまずやってこない店の朝食セットの中から牛肉麺を注文してみました。これに食後のミルクティーが付いて26香港ドルでしたが、物価が高い香港では最安値の部類でしょう。






香港のサークルKはくまモンが溢れていました。

11月2日のブログで香港のコンビニがくまモンのフィギュアがもらえるキャンペーンを始めることを書きましたが、香港に到着してみたらコンビニのいちばん良い場所にディスプレイされていたので驚かされました。しかし私がチェックしていた数分の間に興味を示す人は皆無でした。子供には目線が高過ぎるのも原因なのかもしれません。






重慶マンションの前でこんな光景を見かけました。

香港ドルは前回の残りで乗り切れるかもでしたが、連休になるので用心のために1万円だけ両替しておくことに。マシなレートの店で639.50香港ドルでしたが、6月18日に替えた時は628香港ドルでしたので気分的に少しだけマシでした。

両替を終えてネーザン通りに出たら若いカップルが道路の真ん中でウェディング写真を撮っているのを目撃したのですが、おそらくお金を出しているのは大陸の富裕層なのでしょう。一生に一度の記念だからと大勢の冷ややかな視線に耐えて撮影していましたが、豪華に製本されたフォトブックを見せられた花嫁の友人は羨ましくて仕方がないのかもですね。






これは九龍半島の最南部の工事現場の様子です。

かつてSOGOがあった場所のあたりの海岸にはインターコンチネンタルホテルがありますが、その東側の大きな区画で50階建てクラスの高層ビルとそれに付随してそうな低層ビルが建設中です。観光案内所で聞いたらホテルやオフィス、そしてレストランやショップが入居するという話でしたが、香港島の夜景が楽しめる立地ですから高級店ばかりなのでしょう。






2.5香港ドルのスターフェリーで湾仔に渡りました。

湾仔のターミナルは少し海岸を埋め立てて移転しているのですが、そこからの眺めは工事現場だらけです。どうやら渋滞解消と観光促進などのために地下に道路を作って、地上部分は九龍半島を望む都市公園にするみたいです。つまり両岸から夜の光のショーを楽しめるようにするのでしょう。






銅鑼湾のイケアで新作のデザートを試しました。

イケアのソフトクリームは食べ飽きているので好都合でしたが、8香港ドルのフローズンヨーグルトはさっぱりした味わいでお代わりをしたくなるほどでした。まあイケアは旅行の最後のクアラルンプールに新しい店がオープンしていますので、また食べる機会はあるでしょう。






ファッションストリートにはツリーが並んでいました。

銅鑼湾のイオンの近くには日本や欧米のブランドショップが並んでいるのですが、かつてこの辺りはそんな気配は微塵も感じることができないエリアでした。洒落た感じの路面店を集中的に出店させて世界的にも有名なファッションストリートになったのですが、その地位をさらに高める努力を怠らない点は評価に値するでしょう。






ランチ前にちょっとしたトラブルに遭ってしまいました。

1ヶ月ほど前に変な角度から床に落ちてiPadの液晶のボタン周辺のガラスが割れていたのですが、ベゼル部分でしたので使い続けてきました。それがランチに購入した豚蒸し飯を撮影しようかとバッグから取り出してみたら、ボタンの部分が抜け落ちていたので焦りました。取り出した時に落ちたかもと周辺の道路を探したのですが見つからず、自分に「落ち着け、最悪の場合でもGoogleマップ専用機として使い続けることができるから…」と言い聞かせてランチを食べ終えました。結局はバッグの底に引っかっていただけでしたが、これで旅先で新品を買わずに済みました。

安心してチェックしてみたのは6月に工事中だった湾仔駅の南側の高級そうな商業施設でしたが、香港初のライフスタイルモールではと期待した私がアホでした。単に高層コンドミニアムを5棟ほど建設して、その低層階部分にテナントを入れただけでした。中央のブリッジの下の広場に面してはヨックモックとウエストでしたが、そのレベルを有り難がるコンドミニアムの住人を狙ったありがちなレベルの開発でした。






香港の老舗モールはリトルプリンス一色でした。

久しぶりに寄ってみたパシフィックプレイスでしたが、映画の配給会社との大規模なコラボ企画でした。この広場の造形物意外にもモールの側面に巨大なイラストが貼り付けられていましたし、カマボコ型の展示会がふたつも準備されていました。行列ができていたので中のチェックはしませんでしたが、映画の名場面がミニチュアと共に上映されていたのでは。






ブルガリが派手なプロモーションをやっていました。

来年は申年ですが、巨大な蛇が円を描いているものでした。何か神話をモチーフにしたものかもしれませんが、香港では忙しくて調べてみる気にはなれません。どなたかご存知の方はコメントで教えてくださいませ〜!






帰りもやはりスターフェリーに乗りました。

iPadのボタン紛失事件もありましたし、初日から歩き過ぎたので明るい内に宿へ戻ることにしました。それでセントラルの埠頭から2香港ドル払ってスターフェリーに乗ったのですが、座った席の横の煙突のカーブが絶妙に心地良くて5分ほど熟睡してしまいました。規則的に響くエンジン音が母体の中と似ていたということもあるのかもしれませんね。






九龍半島にもアップルストアがオープンしていました。

スターフェリーを降りて巨大なモールの中を通り抜け、プリンスホテルの手前から道路に出たら新しいアップルストアがありましたので驚かされました。これで香港島側に2店舗、九龍側に2店舗になりましたが、半径5kmほどの中に4店舗という密度は世界でも稀なのでは。

この新店舗は地下に売り場もあり、さらにエレベーターに乗ってみたら3階と4階はスタッフ向けの施設もあるみたいでした。これも大陸から買い物しにやってくる人民を相手にできるからなのでしょうが、表参道店で出店が止まっている日本とは大違いですからイヤになります。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/24(木) 23:59)

<<香港でクリスマスに見かけることになるだろうと予測していた光景は… | ホーム | 香港へ逃げ出すために高速バスで福岡へ移動して見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3571-c92e5bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア