新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝の香港の空港で理不尽な思いをさせられた経緯は…


香港エキスプレスのチェンマイ便は早朝の出発でした。

それで時間に遅れてはマズいので第1ターミナルで仮眠していたのですが、時間が迫ってきたのでカウンターを調べました。すると第2ターミナルだったので延々と歩いて行ってチェックインしたのですが、「搭乗は第1ターミナルからです」と言われたので腹が立ちました。

第1ターミナルからの出発であれば第1ターミナルで手続きすべきでしょうし、チェックイン専用機を用意してカウンターに並ぶ必要を無くすべきでしょう。それで人員削減して、航空運賃や空港税をもっと安くしてもらいたいものです。機械化を進めて空港のターミナルの地上係員を減らして、入出国審査の係員を増やせば時間短縮できるはずです。






今日の飛行機は「TEBASAKI」号でした。

たしか香港エキスプレスが名古屋のセントレア空港に就航した時のネーミングだと思いますが、かなりインパクトが強いですよね。香港にも支店がある「世界の山ちゃん」あたりは喜んだかもしれませんが、普通の名古屋人は違和感があるんじゃないでしょうか。食用の鶏は飛ぶのが得意では無いので、イメージも良くないと思いますけど…






3時間の快適なフライトでチェンマイに着きました。

私はいつも列車かバスで移動しているので、チェンマイ空港はまったく初めてでした。タイで2番目に大きい街の空港とは思えないコンパクトさでしたが、アホみたいに遠い郊外に移転して歩くのが疲れる新空港ができるのは望んでいません。タイの空港ですから合掌ポーズのドナルド君が出迎えてくれたのですが、3体は多過ぎますよね。そんな無駄なものに金をかけずに、値段をダウンタウンと同一料金にすべきでしょう。






チェンマイ空港にはこんな雑誌が置いてありました。

おそらくスワンナプームやドンムアンなどタイの主要空港にはすべて置いてある雑誌なのでしょうが、内容はありきたりで税金の無駄遣いのように感じました。タイの空港税は700バーツと高価なのですが、それが有益なものに使われることを願うばかりです。






チェンマイ空港には無関係な展示がありました。

タイ人のカップルが自転車で世界旅行をしたルートがパネル展示されていて、長旅でダメージを受けた自転車や装備品が数冊の著書と共に展示してあったのです。自転車で大陸間を移動する場合は飛行機か船に乗る必要がありますので、もしかしたらタイ航空あたりがスポンサー契約していて、その関係でこの展示はタイ国内の空港を巡回しているのかもです。

たまたま実際に全行程を6年ほどかけて走破された女性がいらっしゃいましたので、「なぜ日本は走らなかったの?次は日本にも来てくださいね」と声をかけてみたら笑っていました。またコロンビアのゲリラが支配してるエリアは飛ばれたことや、旅行中に1度だけ葬儀に出席するため帰国されたこと、南米で強盗被害に遭われたことなどをお聞きしました。タイにもいろんな人がいるものですね。






チェンマイ空港からは歩いて行くことにしました。

空港のWi-Fiを使ってGoogleマップで確認してみたら宿まで3kmほどでしたし、エアポートプラザの辺りまでは未知のゾーンですから新鮮味があったのです。空港にも路線バスの代わりになる赤いソンテウが乗り入れているのですが、タイ語を喋れない外国人旅行者が現地人価格で乗ることは不可能に近いでしょうし。

空港を出る前にこんなディスプレイがありましたが、造りの粗さや象がいたことがタイに戻ってきたことを実感させてくれました。表示は国際空港だけにタイ暦ではなくて西暦でしたけどね。






チェンマイ空港の近くで新しい施設が工事中でした。

広い駐車場の奥の建物は完成していたようですが、最後の仕上げに道路に面したサインの部分にタイ北部かラオスあたりからやってきたと思えるおばちゃんたちが芝生を植えていました。どうやら臨空型のマッサージ屋みたいですが、長旅で疲れた団体のツアー客をもてなすために使われることがあるのかもですね。






10分ほど歩いたら見慣れた景色が現れました。

右手にエアポートプラザが見えてきたので、空港では高かった朝マックやデイリークィーンのソフトクリームを食べて、東京堂書店で日本語のフリーペーパーをもらってこようかと考えたのですが、交通量が多い道路を渡るのも面倒でしたので止めておきました。初日からファストフードというのも味気ないですし。






チェンマイでは伝統的な建築物は人気薄のようです。

お寺の近くなのにモダンな家が建設されていたのですが、旅行者目線からしてみると残念です。もちろんお堀の外側の観光客が少ないエリアでしたので実害は少ないのですが、あまり良い傾向だとは思えません。地元の人たちはタイ風な建築物に飽きていて変化が欲しいのでしょうが、長い目で見て賢明な判断をしてもらいたいものです。






チェンマイでの最初の食事はこれを選びました。

市場で20バーツのカラフルな米料理と18バーツのタロのパイを購入してみたのですが、どちらもそれなりの美味しさでした。両方で130円ほどでしたから文句があるわけじゃないのですが、人工着色の量はもう少し控えめにしてくれると安心なのですが。気になるなら買わなきゃ良いのですが、ついついブログへアップすることを考えてしまいまして…(笑)






食後に洗濯を済ませて、少し昼寝をしました。

強烈な太陽光で乾いていた洗濯物を取り込み、日本から持ってきたコーヒーを淹れてブログの更新作業に励みました。まだ太陽は沈む気配はありませんでしたが、17時を過ぎてビールが購入できるようになりましたので買い物に出かけることにしました。日本との時差は2時間ありますので、夕食に早過ぎるわけじゃないですし。

市場の前の公園にはアルコール類を禁止する看板が取り付けられていましたが、最近のタイはちょっと過剰な気がします。酒でのトラブルが続いたりしたのかもしれませんが、旅行者からしてみるとイメージが悪いと思いますが。






早めの夕食はビールとビーフンなどにしました。

いつもの500ml缶が41バーツで、ビーフンが15バーツ、春巻が10バーツで明日の朝食用のレーズンパンが半額で12.50バーツでした。夕方で気温は25度くらいに下がっていましたが、キンキンに冷えたビールは最高の美味しさでした。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/28(月) 23:59)

<<クリスマス後のチェンマイの路上で見かけたものは… | ホーム | 香港最終日にMTRの1日パスを購入して出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3575-76b56731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア