新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 新年2日目のチェンマイでは正月らしさを感じられない理由は…


タイ暦2559年も2日目となりました。

昨年にクリスマスを過ごした香港は温暖な気候であっても万国共通のデコレーションなどで気分が出ていたのですが、タイのチェンマイでは正月っぽい感じはしません。

現地のタイ人も欧米人旅行者も新年をおごそかに迎えるという風習が希薄でしょうし、なにより半袖で過ごせる暖かい気候がコタツでミカンと対局にある感じがします。コタツにドリアンじゃ絵になりませんよね。(笑)






チェンマイには宿がコムローイの数ほどあります。

年末年始のホリデーシーズンやソンクラーンの時期などはそれでも満室になることもあるようですが、大晦日に紹介したようなサイクリスト御用達の宿など多種多様な宿泊施設が揃っています。

これはネーミングからしてみてウッドストック世代の中高年を最大の顧客にするものではと思いますが、自然志向が強い欧米人の憩いの場になっているのかもしれません。最近は地球温暖化が進んでいるためか高地のチェンマイでも冷え込む日が激減しているようですが、そんなこともこのホテルのリピーターたちの間では話題になっているのかもですね。






路地裏で日本製のバイクを見かけました。

チェンマイにはホンダもヤマハも大きなショールームがあり、道路を走っている9割くらいは日本製のバイクだと思います。ちなみにホンダはアセアン諸国向けの自動車をタイで組み立てていますが、このタイプの大きなサイズのバイクは静岡生産モデルじゃないかと思います。

少し前から見かける黒が基調の強面バイクですが、ナンバープレートの台座がドラえもんのデザインなところが微笑ましいですよね。どんなライダーが乗っているのか確認してみたくなりましたよ。






住宅街で新しそうなカフェを発見しました。

貨物用のコンテナを3個ほど組み上げたものでしたが、地震は少ないとしても強度は大丈夫かなと不安になりました。まあ素人が工事したわけじゃないでしょうから鉄製の骨組みはちゃんとしているのでしょうが、大人数が2階に上がると傾いてしまうんじゃないかと心配ですが。






1月3日までベジタリアンの店は休みでした。

それですぐ近くのポークヌードルの看板がある店を試すことにしたのですが、今日は米を食べたい気分でしたので50バーツのガパオライスを注文しました。扇風機がかき回す生温い風を受けながら美味しくいただくことができたのですが、ますます正月っぽさはありませんよね。






ランチの帰りにコインランドリーを見かけました。

チェンマイもお堀の外側の住宅では洗濯機が普及してそうですが、内側の住宅では近くのコインランドリーや洗濯屋を利用する人が多いのかもしれません。1回10バーツは33円ですが、タイ人の感覚では100円ほどなのでしょう。






午後から宿でカレー作りが始まりました。

「お節もいいけど〜カレーもね〜」というCMを見て育ったと思われる日本人の長期滞在者の皆さんが夕食用に作り始めたのですが、なぜかトマト入りでした。まだ和風のカレーよりタイカレーやインドカレーの方が食べたかったのですが、たくさん作るので材料費だけで日式カレーの食事会に参加できるという話でしたので40バーツを支払って完成を待ちました。

日本製のルーは安定的な美味しさでしたが、トマトは入れない方が良かったのではと思いました。カレーだとトマトの持ち味を生かすことができませんし、色が悪くなりますから。トマトはサラダとして別に食べる方がアクセントになって良いのではと思いました。






陽が暮れてからサタデーマーケットに行きました。

昼間は市場の周辺は静かな雰囲気でしたので夜も少ないのかなと思ったら、真っ直ぐ歩けないほど混んでいたので驚かされました。買い物客や屋台目当ての人が多かったのですが、狭い道路の中心で座りこんでいる人たちがいたのも混雑の原因でした。この盲人たちのグループはいつも見かけるのですが、混雑で皆さんの歩くスピードが遅いので寄付でかなりの額を稼いでいると推測できます。






混雑から逃げるためにコンビニに入りました。

サタデーマーケットの入口の近くにあるセブンイレブンは裏口から入店することができるのですが、店内を北上するお堀側に抜けることができるのです。特に何も買うものも無く店を横断して出ようとしたら、雑誌売り場でこんなコミックを見かけました。セブンイレブンのロゴが入ったものでしたが、こんなものまで共同開発するとはスゴいですよね。






黄色い小鳥を連れてきてる人がいました。

以前にも昼間に小鳥を連れて歩いてる中年男性を見かけたことがあるのですが、何が目的なのかはわかりません。今日はその男性は見当たらず、小鳥たちだけが美味しそうにエサをついばんでいました。ただのペット自慢なのか、あるいは仕込んだ芸を見せてお金を得ようとしているのか謎です。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/01/02(土) 23:59)

<< 1月3日の読売新聞の衛星版で見かけて不快だった記事は… | ホーム | 元日にタイ語のGoogleの正月のバナーをクリックしてみたら…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3580-2b145fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア