新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 チェンマイの観光案内所でメールチェックした後に行って場所は…


今日もゲストハウスのWi-Fiは不調でした。

それで朝食のついでに近所のマッサージ屋の電波を拾ったりして凌ぎましたが、落ち着いてアクセスできる場所を求めて観光案内所へ行くことに。案内所ならクーラーが効いた部屋にソファもあってWi-Fiもわりと高速ですし、ウォーターサーバーで冷えた水も飲めますし。

40分ほどでブログのアップを終え両替をすることにしたのですが、ナイトマーケットの入口あたりでモスリム寺院を見かけました。この路地にはマレーシアに山ほどあるハラル対応のレストランが数軒ありましたが、チェンマイのモスリムたちの拠り所になっているみたいでした。






年末に両替した店は異常なほど混んでいました。

店内に番号札を持った人が30人ほど座っていて、店の外まで待つ人がいました。年末年始にタイバーツを使い果たした観光客が多かったのかもですが、両替などに時間を無駄にするのは馬鹿げています。

それで以前にも悪くないレートで替えたことがあるイスラム寺院の近くの両替屋に行ってみたら、同じレートでパスポートを出す必要も無くスムーズに両替できました。ちなみにドルや中国元が下落しているためか、年末は1万円が2985バーツでしたが今日は3010バーツまで上がっていました。世襲総理の内閣が倒れて、このままの調子で上がり続けてくれれば嬉しいのですが。






自転車の問屋で新しいチューブを購入しました。

7月にもパンク修理キットを買いに行った店でしたが、小さな個人商店の店主もミニバイクで部品を買いに来てる感じの店でした。それで27インチのチューブが55バーツ、チェーンに塗るグリースが20バーツと安かったのですが、これでようやく自転車の修理ができます。

実は年末からの数度の補強で後輪のチューブの空気もれは99パーセント止まっているのですが、バルブの根元部分を数枚のゴムを重ねて補強したので乗り心地にほんの少し影響がありました。また接着した部分の経年劣化で空気もれが発生する可能性もあり、思いきって新しいチューブに取り替えておくことにしたのです。






ランチはお堀沿いのバーガー屋でと考えていました。

まだ17時前でもコンビニでビールが買えた時代にテイクアウトして食べたことがある店でしたが、その頃より値段が上がっていましたので悩んでしまいました。カウンターでハンバーグが焼き上がるのを待つ間にWi-Fiができるようにはなっていましたが、マレーシアの屋台の倍くらいもしましたので。

このカウンター席なら自転車に鍵をかける必要も無く気軽に食べれるので久しぶりに食べていこうかと思ったら、2人組みの業者のおじさんが資材の搬入にやってきたので止めておくことに。






お堀の内側でこんな工事現場を見かけました。

前方と後方の2列のクラシックなデザインの4階建ての新築物件でしたが、古都にマッチしていて悪くないと思います。お堀の内側はこのような色調やクラシックなデザインなどを配慮したものには税制の優遇を認め、逆に先日のブログにアップしたホンダのようなモダンなものには古都保存税のようなものを課すようにすれば良いのではと思います。

罰則がある景観条例を作ってしまうと自由な発想を阻害してしまうことになるので好ましくないと思いますが、古都の雰囲気を醸し出すことを助長することは大事なことだと思えますので、ゆるく誘導していくような方策が相応わしいでしょう。






結局ランチは3日続けて同じ店で食べました。

道路に近い席なら自転車に鍵をかけないでも大丈夫ですし、値段も庶民的でWi-Fiのスピードもまあまあでしたので。初日はガパオライス、先日はポークヌードルを食べましたので、今日はご飯の上に多量の油で焼いたオムレツを乗せた料理を選びました。大盛りで40バーツでしたが、テーブルの上の調味料で味を変えながら最後まで美味しくいただくことができました。






遅めのランチの後にチューブを交換しました。

その試し乗りのためにフリーペーパーに特集されていたチェンマイ空港の裏手のエリアまで走ってみることにしたのですが、チェーンにグリースをたっぷり塗ったので快調でした。大学の建物にオープンしていたTopsというスーパーに寄った後に空港の北側へ行ってみたら、保安上の警備のためか途中までしか行くことができませんでした。






空港の近くに隠れ家風のレストランがありました。

ショートカットするために普通の住宅街を横切っていたのですが、そこに広い中庭がある個人住宅をリノベーションした感じのレストランがありました。タイでもSNSが盛んですから成り立つのでしょうが、もしかしたら日本人には知られていないのかも。店名で検索してみたら日本人のブログに「もう食べ飽きた…」とか書いてあるかもですが。(笑)






空港の裏手には2つの寺院がありました。

おそらく空港ができる前は寺院の周辺に小さな集落があった程度でしょうが、現在では大学の関係者などが多く住む閑静な町となっていました。数軒のホテルはありましたが、モダンな飲食店などは近隣の住民のご用達なのでしょう。

そんな中に自動車で乗り付けるタイプの複数のカフェやレストランが点在するエリアがありましたが、フリーペーパーが特集するのも当然だなと感心させられました。中央にハーブ類を育てる菜園がありましたが、欧米人が多いチェンマイならではなのかもしれませんね。






池のほとりに建設中の物件もありました。

まだ水量が充分では無かったので人工的に掘られたばかりなのかもですが、水面の魚影を眺めながらゴールデントライアングル産の美味しいコーヒーを楽しめるようになる日は近そうです。ちなみにまだ看板などはありませんでしたので検索はできませんが、日本人のブログで紹介されるのは最初かもしれませんね。









お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/01/04(月) 23:59)

<<肌寒い早朝にシャワーを浴びて自転車で線路を越えて行った先は… | ホーム | 1月3日の読売新聞の衛星版で見かけて不快だった記事は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3582-beaf5a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア