新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 肌寒い早朝にシャワーを浴びて自転車で線路を越えて行った先は…


今朝は久しぶりに肌寒い気温になりました。

それでも電熱シャワーの温度を高めに設定して浴びたら、体が温まってくれました。今日はわりと新顔のモールであるプロムナーデのリンピンというスーパーのカフェの朝食を試してみることにしたのですが、チェンマイ駅のさらに先ですから線路を越える必要がありました。

チェンマイ駅は終着駅ですから駅舎の北側には線路が無いのですが、Googleマップで近道を選んだら線路を越えるルートが表示されました。跨線橋を越えれば自転車を担いで渡る必要は無かったのですが、ギアが無い自転車で坂道を登るのが億劫だったのです。






早朝なのにプロムナーデは賑わっていました。

まだモールのオープン前でしたが、1階にイミグレーションオフィスがあるため欧米人たちが順番待ちの行列に並んでいたのです。モールにこういった事務所を作るのは珍しいですが、場所が悪くて集客に苦労しているので賃料を安くしたりしたのかも。

あるいはモールの経営陣が行政に泣きついて、政治的な配慮があったのかもしれません。まあイミグレーションを利用する人たちにとってはスーパーハイウェイから近くて駐車場を完備していて、ついでに買い物や映画も楽しめるので悪くないかもですが。






リンピンのカフェはモールの奥にありました。

他のテナントは閉まっていて、サミシイ雰囲気の中を歩いて行ったらリンピンだけが賑やかでした。スーパーの品出し作業などの準備もあるので早朝の8時から営業しているようですが、ここで朝食を食べてからイミグレーションオフィスや仕事に行くという人もいるのでしょう。

中身に対して大き過ぎる皿で提供された朝食は69バーツで、税込みだと76バーツとイミグレーションオフィス前の屋台のコーヒーが50バーツするのと較べるとまあまあでした。英語が話せる従業員たちはキビキビ働いていて店の雰囲気も良かったのですが、Wi-Fiが無かったのがマイナスポイントでした。またイケアの朝食に較べると割安感はありませんでした。






食後にもう一度イミグレーションに行ってみました。

自転車を近くに停めていましたし、行列がどう変化しているのかをチェックしておくことに。審査が始まって行列は短くなっていましたが、その人数の多さから午前中に終わる気配はありませんでした。

そんな待ち時間が多い申請者のためにイミグレーションオフィスの外には7~8軒の屋台が並んでいたのですが、その中に「号泣ラーメン」という店がありましたので笑ってしまいました。59バーツの値段から発案したのか、あるいは店名を考えている時に号泣議員が話題だったのか。まあインパクトがあるので日本人はすぐに覚えることができますが、タイ人や外国人たちには意味不明なネーミングでしょう。






モールからの帰りに田植えを見かけました。

前回に歩いてプロムナーダに行った時もスーパーハイウェイから見える無人の田園風景に見とれたことがありましたが、今回は集団での田植えでしたのでテンションが上がりました。どんどん機械化が進んでいる東南アジアの大都市の近郊でこんな光景を見ることができるのも残りわずかでしょうし。






帰りは線路が無い北側の道を選びました。

クラシックな外観のチェンマイ駅を北側から撮影したのですが、現在はチェンライ方面への線路が無いので広い駐車場があります。タイ国鉄も整備計画は持っていたのでしょうが、交通の主役がバスやLCCの時代になって断念したのでしょう。

日本政府が提案している新幹線構想はバンコクからチェンマイまでだと思いますが、中国の案は昆明から南下してくる路線ですからチェンライも含まれるはずです。つまり中国案が選ばれることがあれば、この真上を高架鉄道の線路が通ることになるかもです。まあ市街地を通すのは騒音問題などがあるのでスーパーハイウェイの外側に新チェンマイ駅を建設して迂回させるかもですが。






チェンマイ駅で時刻表をいただきました。

それで確認はできていたのですが、Wi-Fiを使いたかったので観光案内所に立ち寄りました。自転車を停めて2階まで上がるのは面倒でしたが、クーラーが効いてる待合室には冷えた水も用意されていましたし。

ちなみに観光案内所のスタッフはみんなフレンドリーで読めなかったタイ語表示などについても親切に解説してくれました。北海道を旅行してみたいと言ってましたので、「私は福岡から香港経由で2000バーツくらいで飛んできたけど、札幌便も近いうちに就航するかもしれませんよ」と伝えたら喜んでいました。激安価格で往復チケットをゲットできる可能性は低いのですが、夢を見ることは罪じゃないと思います。






ランチはソンタムをシェアすることにしました。

宿で知り合った日本人旅行者の方と120バーツで食べ放題の夕食を試す約束をしたのですが、最初はランチを抜く予定でした。しかし何も食べないのも体に悪そうなので麺とソムタムで40バーツのものをシェアすることにしたのです。

前回と同じように酒屋さんでこっそり55バーツのビールを売ってもらい、半分で20バーツのソムタムと食べたのですが、今回はビールが適量でした。前回は1人で全部食べたので、途中でビールが足りなくなりましたが。





食後に郊外のシティホールまで行くことにしました。

Googleマップで確認してみたら、ゴルフ場の先まで一直線に北上するだけと簡単そうでした。その途中に「BIKE FOR DAD」の大きな看板がありましたが、これがどういったキャンペーンなのか観光案内所で尋ねるのを忘れていました。

左は現在は入退院を繰り返している高齢の国王で、右の温室育ちっぽいのが優先順位が高い後継者です。もう国王が亡くなることは裏では想定済みでしょうが、かなりの混乱は起きるでしょう。もし評判が悪い後継者の暗殺なんて事態にでもなれば死者が出る暴動が多発するかもで、治安が悪化すれば外国人旅行者は激減するでしょう。こういった平和な看板も落書きされたり、火をつけられたりするかも…






シティホールの前には象の像が配置されていました。

タイ語の表記しか見当たりませんでしたが、この像の話はタイ北部に住んでいらっしゃる方から聞いていましたので間違いないでしょう。かなり大きな建物でしたが、同じ敷地内には裁判所や国の役所などが点在していましたので驚ろかされました。まあチェンマイの中心部はコンパクトですが、第2の都市ですから大阪と考えれば当然なのでしょうが。






シティホールの北側には遊園地がありました。

安っぽい服や雑貨を売る店の先にレトロな感じの遊具が並んでいたのですが、まだどれも調整中でした。おそらくタイの国内を不定期に巡回している遊園地で、家族や親戚などが中心になって運営しているのでは。夕食の待ち合わせをしていなかったら日暮れまで射的でもして開園を待ったかもですが…






時間があったので西の動物園に行ってみました。

チェンマイ動物園は入場料が150バーツと高いので、最初から入場するつもりはありませんでした。ただ入口の周辺の雰囲気を知りたかったのですが、大学の先にありましたので悪くはありませんでした。ちなみにこのゲートの先には人工っぽい池がありましたが、そこを跨ぐようにモスリム用のお祈りのためのスペースが作られていました。






待ち合わせより早く目的地に到着しました。

120バーツで肉類やパスタなどが食べ放題という店はポイ川に面していて、カジュアルで良さそうな雰囲気でした。ところが約束の時間になっても現れなかったので、さほど空腹感が無かった私は1人で食べるのも気が進みませんでしたので食べ放題を試すのは止めておきました。店はWi-Fiもありましたので、総合的に考えるとお得な感じがしましたが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/01/05(火) 23:59)

<<バスターミナルまで行くのに赤いソンテウに乗らなかった理由は… | ホーム | チェンマイの観光案内所でメールチェックした後に行って場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3583-7e1316a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア