新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 予定よりも40分も早く到着した新千歳空港で見かけたものは…


 KLからの帰国便は40分も早く新千歳に到着しました。

気温差が最大40度あるのは覚悟していたのですが、窓の外の白い北の大地を見て「ちょっと無謀だったかな…」と後悔してしまいました。以前にスカイマークのセールで沖縄から成田経由で冬の帯広に飛んだことはありましたが、今回はそれを上回る気温差でしたので。

防寒に加えて荷物を減らすためもあってTシャツなどを重ね着してはいましたが、それが冬の北海道で通用するか不安でした。まあ日本ですからレンタカーに乗ってさえすれば、なんとかサバイバルできるだろうということは予測できましたが。






 新千歳空港にはクリスマスツリーが残っていました。

到着した国際線ターミナルは早朝便で帰国する中国人の団体さんで賑やかでしたが、国内線の方はまだ閉まってる土産物屋がありましたので静かでした。また成田へ飛ぶ時にも新千歳空港に戻ってくるのですが、久しぶりでしたので最近リノベーションした部分を早足でチェックしておきました。





 まずは何か和風の朝食を出す店を探しました。

しかしフードコートも含めて早朝から開いていた店は東南アジアから戻ってきたばかりの身には高過ぎました。それでコンビニでおにぎりでも買おうかと思いましたが、それじゃ面白くないので小樽の「かま栄」の支店で空港限定の商品を買ってビールといただきました。朝からビールはちょっと躊躇われましたが、24時間以上も口にしていなかったもので…






 レンタカー会社までは送迎車で移動しました。

空港とアウトレットモールのレラの裏手にあるプレハブの事務所まで15分に1回ほどの間隔で結んでいましたが、アウトレットモールには最終日に自動車を返却してから行くので後回しにすることにしました。今日は晴天で暖かい感じでしたので、今日の内にチェックしたかったのですが、午前中に予約を入れてしまったので仕方がありませんでした。






 今日は良い天気でしたので道南に向かうことに。

大雪だったら札幌周辺と夕張くらいにしておくつもりでしたが、今年の3月26日に新幹線が乗り入れる函館まで足を伸ばしてみることにしました。苫小牧方面に南下していたらウトナイ湖の道の駅の看板がありましたので、ちょっと寄り道してみることにしました。空港に到着してからずっと雪景色を見てきましたが、凍った湖の上に積もった広大な白い大地の景色を楽しみたかったもので…






 しばらく走って室蘭の案内所で少し休憩しました。

この建物は昔の室蘭駅らしいのですが、新しい駅舎が700mほど札幌寄りに整備されたので自動車などでやってくる観光客のための施設となったようです。室蘭の町は特に変化は無さそうでしたが、古いアーケードが撤去されたという話でした。それを見に行ってみたら、誰も表を歩いていませんでした。かつての高度成長期の賑わいを知る地元の高齢者の方に当時の様子を聞いてみたいものですが。






 室蘭の名物はカレーラーメンという話でした。

それで室蘭カレーラーメン発祥の店だという「味の大王 室蘭本店」の店の前まで行ってみたのですが、ランチタイムだったためか自動車がたくさん停まっていましたので止めておきました。今回の北海道の滞在中に一度はラーメンを食べる予定でしたが、カレー味はまったく想定外でしたし。

それで何かないかと適当に走っていたら、セイコーマートがありましたのでチェックしてみました。「バターが薫る明太子」スパゲッティ」が299円と割安感がありましたので試してみたのですが、パスタも明太子も久しぶりで美味しゅうございました。今回の旅行は1ヶ月ちょいで和食は飢えていませんでしたが、和風イタリアンには飢えていましたので…






 函館ではまず郊外の蔦屋書店をチェックしました。

国道5号線沿いにあることは下調べしていたので知っていたのですが、実際に建物を見たら巨大さに驚かされました。札幌の郊外にはコーチャンフォーという大型書店がありますが、蔦屋書店の函館店はその倍くらいありそうな感じでしたので。店内にはいろんな工夫がありましたが、スターバックスの近くの円形の暖炉スペースが北海道に合っていて良いと思いました。9月に初めて薪に着火する時に感じるある種の切なさは格別でしょう。






 函館ではラッキーピエロを試そうかと考えていました。

これまで函館は10回くらい訪問してると思いますが、テレビ番組で何度か見たことがあるラッキーピエロは未体験でしたので。支店がたくさんあるみたいでしたので適当に走っていたら見つかるだろうと考えていたら、すぐに見つかりました。この店の駐車場は混んでいましたし、店の雰囲気がモールのアミューズメント施設っぽい感じでしたので止めておくことにしました。






 久しぶりに函館名物のやきとり弁当を試してみました。

素材は豚なのに「やきとり」という名称のハセガワストアの弁当でしたが、普通のタレの弁当は何度か試したことがあるので初めて見かけた「うま辛」を選んでみました。豚肉が焼きあがるまで店内をぶらぶらしていたのですが、さすがに新幹線の開業を知らせるバナーがありました。






 夜の函館の街はまるで真夜中のように静かでした。

おそらく日が暮れる前だったら団体の観光客も歩き回っていたのでしょうが、体感温度が急速に下がると同時に客足が遠のいたのでしょう。函館のベイエリアのショップやレストランにとっては新幹線が開業して雪解けするのが待ち遠しいのでしょうが、私はこういった静かな景色が好みです。






 安かったので函館で給油しておくことにしました。

まだタンクにはガソリンが半分くらい残っていたのですが、明日は天気が良ければニセコ方面を抜けて小樽方面に向かう予定でしたので。夜空には星が見えていましたので心配は無さそうでしたが、天気が急変して大雪で通行不能とかになれば室温を快適に保つためにエンジンをかけたままの状態で待たねばならなかったりするかもですし。






 開業前の函館北斗駅の様子を見に行きました。

この真新しい駅舎は函館駅からは20kmほど離れた田舎にありましたが、3月中旬から多くの取材班がやってくることでしょう。私は人口減社会が間違いない中で北海道新幹線を整備することは反対なのですが、国政も地方も将来の国民にツケを残すのが大好きな連中ばかりですのでイヤになります。この駅舎も3月26日の開業日は華やかな雰囲気でしょうが、将来は負の遺産として批判的に取り上げられることでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/01/24(日) 23:59)

<<道南ドライブで早朝営業の食堂が見つからなかったので試してみたものは… | ホーム | クアラルンプールで最後に近くのミュージアムに行けなかった理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3603-34e0a4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア