新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 学習院のお受験の日に目白駅前で見かけたものは…


 今日は朝から晴れてくれて暖かくなりそうでした。

それで自転車で秋葉原方面へ行くことにしたのですが、まず最初はモールマニアとして気になっていた目白駅前の商業施設をチェックしてみることに。「TRAD」という施設名は違和感がありましたが、学習院の対面という立地にはぴったりの落ち着いた雰囲気の建物で悪くありませんでした。しかし駅前とはいえ、目白なのに駐輪場が無料なのはわずか1時間だけというのはいかがなものでしょうか。






 都電荒川線の周辺に少し変化がありました。

目白通りから雑司が谷駅方面を見てみたら、線路脇の道路の拡幅工事がずいぶん進んでいました。豊島区役所の完成記念のお披露目の時に北部の拡幅工事が進んでいることに気が付いたのですが、もうすぐ全部の工事が終わるのかもしれません。わずか1kmほどの距離なのですが、平行してる山手通りの渋滞解消などに役立つことでしょう。






 ランチに北海道産のホッケなどをいただきました。

今回は余市の食堂で限定10食の500円の鮭定食を選んでしまいましたので、ホッケは干物を購入したのです。巨大過ぎたので頭と尻尾をカットしてオーブントースターで焼いたのですが、もちろん味に変わりはありませんでした。それだけだとサミシイ感じでしたので菜の花とレンコンの炒め物を作ったのですが、なかなか良い組み合わせで満足できました。






 赤木神社横の工事現場を再訪してみました。

もう木造の民家の取り壊しは終了していて、何ができるかがわかる看板でも掲示されているかもと思ったのです。しかし周辺に配慮して丁寧に行っていたためか、まだ取り壊し工事は続いていていました。ちなみに前回は単なるビル工事だと油断していた左側の現場はに神楽坂駅の新しい出口を含めたものでした。完成するとますます赤城神社の周辺が賑わうことでしょう。






 食後に言問通りを走って上野方面に行きました。

下町風俗資料館に寄ってから東京藝術大学方面に曲がったのですが、その交差点にあるカヤバ珈琲に行列ができていましたのに驚かされました。最近はブルーボトルコーヒーとか行列ができる店がありますが、他にいくらでも店はあるのにと不思議です。まあこれもテレビやSNSなどの相乗効果で、一過性のものかもしれませんが。






 国際子ども図書館に行ってみたら工事中でした。

単なる補修工事なのかと思ったら、敷地内にアーチ棟という新館を建設中でした。入場者はそれほど多くないみたいでしたので、これまでの建物でも充分じゃないかと思いましたが、図書館の蔵書や資料は増える一方なので増築することにしたのでしょう。アーチ館も安藤忠雄大先生によるもので、建築マニアは喜びそうですけどね。しかし少子化対策や子育て支援の予算は乏しい中でハコモノを作り続けることは大いに疑問です。






 今日の目的は浅草にオープンした商業施設でした。

昭和の高度成長期の賑わいがウソのように低迷していた浅草エリアでしたが、ドンキホーテがオープンしたりして雰囲気が変わってきました。雷門あたりに観光にやってきた外国人旅行者がキッチュな雰囲気に惹かれて流れてきたりしたこともあり、「浅草東宝会館」の跡地に「東京楽天地浅草ビル」が建設されました。

その低層部分には全国の地域の魅力が体験できる「まるごとにっぽん」という商業施設がオープンしたのですが、その切り口は使い古されたものですが悪くはありませんでした。私は各地の名産はその土地に出向いて食すのが好みですから何も買いませんでしたが、忙しい首都圏の人が地方の味覚に触れることは否定しません。






 次は高架下に作られた商業施設に行ってみました。

「2K540 ARTISAN」の次に開発された「CHABARA」という高架下の商業施設に吉祥寺駅で見かけた日本百貨店の本店があると聞いたので久しぶりに出かけてみたのですが、その途中の高架下で各地のB級グルメの屋台が出ているのを見かけました。帰国したばかりの私が知らなかったのは当然でしょうが、広報が足りていなかったためかお客さんはごくわずかでした。






 秋葉原駅前の広場で男だけの行列を見かけました。

そこはAKB48のカフェの前でしたので理由は想像できましたが、無言の群集は殺気立っている感じでしたので並んでいる理由を尋ねることはできませんでした。リーダーの引退式など競争率が高いチケットのために並んでいたのかもしれませんが、こういったものを実際に見ると「やっぱしアキバは平和だなぁ…」と再認識させてくれました。






 以前ここにはヤマギワ電気の本店がありました。

紆余曲折があって現在は南青山のオリックスのビルに入居してるみたいですが、アキバがメイドカフェの街になる前はこの場所で独自路線を突っ走っていました。左の講武稲荷神社だけは変わらないのですが、線路の先の神田淡路町には「ワテラス」などのビジネスビルが開発されて雰囲気が変わってきました。この左右の再開発がどのようになるかは知らないのですが、何か面白い仕掛けがあるものになってくれれば嬉しいのですが…






 部品探しをしていたら暗くなってしまいました。

友人から頼まれたアンテナを補修するために心当たりがある場所を探し回ったのですが、アキバもすっかり変わってしまって見つかりませんでした。冷え込む前に帰ろうとしたのですが、遠くに見慣れない建物がありましたのでチェックしてみることに。それは「B-PUMP TOKYO」の秋葉原店でしたが、ボルダリング施設でしたので驚かされました。アキバもどんどん変化していくので油断できません。






 新宿の南口に見慣れないビルがありました。

数年前から弧線橋の架け替え工事が行われていて、それに伴って高速バスのターミナルと商業施設が開発されていることは知っていました。タイを旅行中にその商業施設の名称が「NEWoMan」という不思議なものに決まったことをネットのニュースで知りましたが、もちろん建物を見るのは初めてでした。3月25日のオープン日前後には桜も咲き始めるでしょうから、かなり盛り上がりそうですね。






 西新宿のOZONEは少しだけ変わっていました。

地味にリノベーションしていたのですが、新しくなったという雰囲気はありませんでした。新宿パークタワーができたころには輝いていましたが、今ではどんよりとした空気が。東京ガスのショールームを移転させて全面改装を行うとか大規模な改革を行わなければ無理だと思いますが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/02/02(火) 23:59)

<<節分の日に自転車で新宿方面に出かけてみて見かけたものは… | ホーム | 冷え込む中を自転車で中野四季の杜公園に出かけた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3612-c2c047ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア