新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 成田空港に行くために東京駅に向かう途中に見かけたものは…


 フライト時間に合わせて東京駅へ急ぎました。

神楽坂の商店街から飯田橋駅方面へ坂道を上がってみたら、古い駅舎を過ぎた辺りから工事現場が見えました。かつて飯田橋郵便局があった富士見2丁目にはサクラテラスという高層ビルが建設されて飯田橋駅の利用者が増えているようですので、その対策として新しい改札口を作っているのでしょう。サクラテラスの地下は駐車場などになってるようですが、飯田橋駅まで地下道を作るという手もあったでしょうが。






 大手町の星のやのビルが完成間近でした。

2020年の東京オリンピック、そして世襲政権の円安誘導による外国人旅行者の増加などを受けて客室が不足するという楽観的な予測がありましたが、リオのオリンピックが大失敗になりそうな雰囲気も出てきて修正を迫られてきているようです。星のやは富裕層のファンが多いでしょうからアベノミクスの失敗が明確になっても経営努力でなんとかできるかもですが、さすがに2度目の「幻のオリンピック」となればアウトでしょう。






 これはサンケイプラザ前の工事現場の様子です。

ここには「逓信総合博物館ていぱーく」という昭和っぽい施設がありましたが、2013年の8月末に閉館していました。隣接する日本橋地区の再開発もほぼ終わりましたし、都心部に残るまとまった大きさの敷地をデベロッパーたちが見逃すはずありません。それで数年後にはここにも高層ビルが完成することになりますが、テナントが埋まらないということはあり得るかもです。






 東京駅の北側の「なか卯」で親子丼を食べました。

24時間営業で朝食メニューもありましたが、1月末から何度か390円に値下げ中のバナーを見かけてから親子丼を食べたいと考えていたのです。成田行きの高速バスの時間も考えて早めに食べたのですが、ちょっと味付けが甘過ぎたのが残念でした。今日のフライト時間が中途半端でしたので遅めの朝食となりましたが、2時間の時差があるタイで食べてると思えば問題ありません。






 高速バスに乗るために東京駅へ行きました。

八重洲口のバス乗り場へ向かって急いでいたら、ラウンジがありましたのでイラっとしました。ビューゴールドプラスカードか当日発の新幹線グリーン券・特急グリーン券、またはラウンジ利用券を保持してる人と同伴者、もしくは当日東京駅発の「グランクラスの利用者などが利用できるらしいのですが、ラウンジを作ったりする金があれば運賃を安くすべきだと思いますが。






 1時間ちょいで成田の第3ターミナルに着きました。

殺風景な終点で降りてエレベーターを上がったらターミナル内は混雑していたのですが、交番の奥にあった祈祷室は電気が消されていて無人でした。第3ターミナルは開業したばかりですのでムスリム向けの施設を整備してあるのは当然なのですが、交番の奥という位置はいかがなものでしょうか。






 機内でビールを注文しようかと悩みました。

春秋航空の国内線は機内持ち込み荷物の制限が5kgになっていましたので軽いポテトチップスを持ち込んだのですが、ビール風飲料がコンビニ価格の倍くらいの250円程度なら購入しようかと考えていました。しかし想定外の400円でしたので、注文するのは断念。成田から佐賀までの航空運賃は毎月恒例の「747セール」で1540円でしたが、その4分の1という高価な飲み物には手が出ませんでした。






 小さな佐賀空港内は移動距離が短くて楽です。

成田ではエプロンからバスでの移動でしたが、佐賀空港ではボーディングブリッジで水平にターミナルに移動できました。さらに荷物用のターンテーブルもひとつしかなく、その横を抜けたらすぐ待合室です。そこには先場所で優勝した力士を祝福するバナーがありましたが、いかにも地方空港といった感じでした。力士のポスターでも一緒に貼っておけば外国人観光客も理解できて良いでしょうに。






 佐賀空港から柳川駅へバスに乗る予定でした。

いつもは24時間1000円のレンタカーを借りるのですが、あまく考えていたら予約が取れませんでした。春秋航空のセールも1000円レンタカーもネットで評判が広がっているのかもですが、まあ他の交通機関を試すチャンスかなと前向きに考えました。それで遠くのバス乗り場に向けて覚悟を決めて歩き始めたら、普段はガラガラの佐賀空港周辺の道路にまあまあの交通量が。YS11の先で何かイベントをやってるみたいでしたので様子を見に行ってみたら、農業関連のイベントのようでした。






 佐賀の農村にもハイテクの導入が始まっていました。

ロボットアシストスーツと農薬散布ドローンの展示がありましたので驚いたのですが、2016年ですから当然なのかもしれません。佐賀の農村も高齢化が進んでいますし、ロボットスーツやドローンなどは量産効果で安くなっていますし。フェラーリをデザインした人がトラクターも手がける時代ですし、佐賀だから遅れているだろうと考えていた自分の浅はかさを痛感しました。






 テントの入口で揚げたてのてんぷらを購入しました。

職人肌のおじいさんがすり身を型に入れて形成したものを優しそうなおばあさんが油に入れて作っていたのですが、1枚70円でしたので衝動買いしてしまいました。揚げたてなので熱々で持つのに苦労しましたが、ムチャ美味しくて感心させられました。ちなみに飲み物は佐賀産のレンコンを使って作られた甘い試供品でしたが、てんぷらとはミスマッチでした。






 佐賀のイベントなのにくまモンを見かけました。

熊本県庁に申請して認められると無料で使うことができるのですが、テントのイラストに認可されたことを証明するナンバーが見当たりませんでしたので無断利用なのでしょう。私は佐賀の子供たちが喜んでくれるのなら構わないと思いますが、アンパンマンと一緒というのはマズいと思いますが。






 無料シャトルバスでJR佐賀駅まで移動しました。

佐賀空港の近くのイベント会場から無料のシャトルバスが出ていましたので予定を変更しちゃったのですが、急ぐ用事もありませんでしたので問題は問題ありませんでした。私はいつも佐賀には自動車で行ってますので佐賀駅の中を歩くのは初めてでしたが、テナントは普通に揃っていましたので意外でした。無料のWi-Fiも飛んでいましたし。






 西鉄バスでJR佐賀駅から西鉄柳川駅へ移動しました。

JR九州の電車で移動するのが早そうでしたが、鳥栖方面に大きく迂回しなければならないので2000円以上もかかるという話でしたので安上がりな方法を模索しました。佐賀駅の横のバスターミナルからは西鉄柳川駅へ行くバスが710円で出ていましたので乗ることにしたのですが、公共交通機関で熊本方面へ南下するのに最短ルートでした。

前回は自動車で西鉄柳川駅の東口の様子をチェックしたのですが、今回は西口からエスカレーターを上がってみました。真新しい駅の内部をチェックしようと考えていたのですが、ホームに大牟田行きの電車が滑り込んできているのが見えましたのでホームに急いで移動しました。大牟田駅でもほとんど待ち時間なしで乗り換えできましたので、予想していたより早く老猫と再会することができまいた。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/02/07(日) 23:59)

<<久しぶりに熊本に戻った翌日にいただいた愛知県産の食品は… | ホーム | 恵比寿方面に走っていて神田川の橋の上から見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3617-f3d6d9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア