新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 春の到来をじっと待ちわびている老猫のお気に入りの場所は…
2016japan54

 老猫のお気に入りのポジションは膝の上です。

私が戻るとすぐに膝に乗ってきて、猫の体温は高いので嬉しいのですが、熟睡されると動けなるのでちょっと困ります。しかしリビングルームに太陽光が差し込む時間になると陽だまりに移動してくれます。最近は風邪気味ですので太陽光を浴びてビタミンDを欲しているのでしょう。もうすぐ3月ですから風邪も自然に完治することでしょう。




2016japan55

 春を待ちわびているのは東北の人も同じでしょう。

来月の11日で大災害が発生してから5年になりますが、未だに仮設住宅に暮らしている人が多いことが気がかりです。東北には親戚や親しい友人もいないのですが、大災害の3ヶ月後くらいから4回ほど復興の様子を見に行っていますので。南北に長い被災地にはかなりの地域格差があり、仙台のように復興特需で潤っている地域とフクシマ原発の周辺自治体のように死んだように静かな場所との違いを実際に体験すると頭がクラクラしました。

5年前のフクシマの教訓は世界中に影響を与え、ドイツでは国民投票で原発を全廃することを決断しました。さすがに日本でも反原発を支持する有権者が多数派でしたので、国民の代表である政治家たちも段階的に原発を廃炉にせざるを得ないだろうと考えていました。しかし政治家と官僚、そして電力会社の奴等は強欲でした。将来の日本人にとって脅威となりかねないことを責任を取らない専門家という連中を任命して、民意が働かない状況で決めしまって老朽化して危険な原発を使い続けようとしています。

それを少しだけ批判的に報道するテレビ局や新聞社はありますが、報復を恐れているのか控えめです。それが世襲総理の内閣の支持率がなかなか下がらない理由なのでしょうが、被災地の仮設住宅の住民だけの支持率を知りたいものです。




2016japan56

 週末に不思議なイベントが始まるようです。

税金の無駄遣いになりそうなMICE施設の建設のために解体工事が行われている花畑地区のイベント広場にコタツを置いて、熊本の将来について話し合うものらしいのですが傍目には異様な光景だと思います。この冗談みたいなイベントで話し合われた内容は要点をまとめて熊本市長に提言されるらしいのですが、斜め読みされてゴミ箱に直行なのでしょう。第2回目が無いことを心から祈ります。(笑)





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/02/25(木) 23:59)

<<仮称が取れなかった広場に置いてあったゴミのようなアートは… | ホーム | 民主主義に必要なコストだと単純に割り切れない無駄遣いは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3636-172af141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア