新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 桜の季節に行われる熊本県知事選の投票率が最低を記録しそうな理由は…
2016japan127

 桜の季節に熊本県知事選挙が行われます。

現職の強みを生かして3期目が間違いないと予想されている69歳のおじいさまに史上最年少で熊本市長となった現在は50歳のおじさまが挑んだわけですが、保守王国の熊本の県知事と市長でしたのでお二方とも自民党との関係が強いみたいです。しかし熊本でも政党離れは起きていて無党派層が多くなっていますので、現職も追い上げたい元市長も姑息に政党色を隠していらっしゃるようです。

国政では旧民主党と野党の共闘が試みられようとしていますが、選挙を行う前から自民勝利との結果が見えているような県知事選ですから共産党は共闘先が無いので1億分の1くらいの可能性に賭けて50歳の弁護士を擁立しました。現職も元市長もこれといった実績が無く、為政者にいちばん必要だと思える具体的な将来ビジョンが欠けていますが、まず共産党の候補者の勝ち目はありません。

録画した政見放送を1,5倍で早送りしながら確認してみたのですが、メガネの共産党の候補者だけが極めて正しい主張をされていました。しかしハーバード大卒だという現職がホラッチョ川上のように経歴詐称とかのスキャンダルでも発覚しない限りは、27日の投票日には前回の衆院選並みの速さで当確が出てしまうでしょう。熊本のメディアはそのことを熟知してるはずなのですが、投票率の下落を少しでも抑えたいと「まだ投票先を決めていない無党派がいますので…」と報じたりしています。アホらしい話ですよね。(笑)




2016japan128

 大阪で作られている番組で気になる発言がありました。

今回のお題は「匿名のブログについて国会で取り上げるのはアリかナシか?」というものでしたが、極右のゲストは怒りが溜まっていたためか「国になら死ねと言っていいのか!」とアホなことを主張していました。私は匿名ブログの主婦が保育園に落ちて絶望的な気持ちになって書かれたことに共感しますし、為政者の怠慢で理不尽な状況に置かれていることに対する怒りを「日本死ね!」と表現したことに異議はありません。日本は言論の自由が保障されていますので。

この元台湾人の極右のおばあさんは自分も若い頃に保育園に落ちたけど国に過大な要求をすることはしなかったとか偉そうに喋っていましたが、その頃と時代や社会情勢が変わっていることを無視していますよね。匿名の主婦は選挙前に老人に3万円をバラ撒くことはすぐに決めるくせに、日本の将来に対して重要な子育て支援に「予算が無いから…」とバランス感覚が悪いことに怒っているのだと思いますけど。「1億総活躍社会」なんてアホなことを言い出していなければ、「日本死ね!」とは書かれていなかったかもですが。




2016japan129

 県知事選を知らせるCMが増えてきたようです。

選挙する必要は無いほど差が開いていますので広報に使う金があれば子育て支援にでも使えば良いのではと思いますが、下がり続けている投票率を少しでも上げたいということなのでしょう。まあ選挙直前に現職のスキャンダルが発覚したり、急病で倒れたりすることもあり得ますので結果が見えていても選挙は必要なのでしょうが。

ちなみに現職のおじいさんは農業経験者は自分だけで、自分の給与を月額100万円減らして県の財政再建にも成功したと胸を張っています。しかし未だに「県庁村」と呼ばれてる知事公邸に住み続けているようなので呆れてしまいます。詳しい数字は知りませんが税金で知事公邸を維持している地方自治体はわずかだと思いますが。公開討論会があるなら3人の候補者に当選したら血税を使って知事公邸を維持し続けるつもりなのか確認してみたら良いでしょうが、勝ち馬に乗る連中ばかりですから現職に不利な質問はしないでしょう。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/21(月) 23:59)

<<熊本で桜の開花が確認された平和な日の午後に考えさせられたことは… | ホーム | 看板にあったようには感動はしなかったけれど感心させられた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3661-96edbbb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア