新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 桜が咲き始めたばかりの熊本城などへ出かけてみた理由は…
2016japan140

 天気予報が外れて花見日和になってくれました。

それでまだ桜は咲き始めたばかりでしたが、熊本城方面に出かけてみることに。今日から毎年恒例の「熊本城坪井川園遊会」というイベントが始まっていたからでもありましたが、目的は関連イベントが開催されている水前寺公園への無料シャトルバスに乗るためでした。

1時間に1本のシャトルバスの出発まで時間がありましたので桜並木をのんびり歩きながら二の丸公園へ行ってみたら、「熊本城完全復活」というバナーのテントを見かけました。熊本城の天守閣は戦後にコンクリート造りで再建されたニセものですし、築城400周年の時に大金を投入して再建された本丸御殿は入口が自動ドアで高級な和風ファミレスみたいですので、「完全再現って何を寝言を…」と確認しに行ってみたら仮想空間での話でした。

世界遺産に認定された佐賀の軍港のVRゴーグルを使う方式とは違ってiPadを持ち歩いて熊本城内の数ヶ所を回るというシステムみたいでしたが、晴天の日には液晶の輝度を最大にしてもキビシイでしょう。また仮想空間であっても当時の資料が豊富に残っているわけじゃないでしょうから「完全復活」という表現は問題がありそうです。




2016japan141

 二の丸広場では「食の陣」というイベントが行われていました。

昨年の10月11日に開催された「みずあかり」というイルミネーションのイベントの時と同じような顔ぶれでしたので残念でしたが、空腹じゃなかったですし何も期待はしていなかったのでマシでした。ちなみに今日は桜町でもラーメンフェスタをやってるはずでしたが、まったく魅力的じゃなかったので近くにいたのにイベントの様子をチェックしてみる気にもなれませんでした。




2016japan142

 時間があったので未申櫓を見学してみました。

二の丸広場と桜の馬場の中間に位置する未申櫓は約3億円をかけて復元されたものらしいのですが、普段は扉が閉められているみたいです。イベントなどがあって観光客が多い時期だけ公開されているみたいですが、熊本城の観光コースからは外れていますので復元しなくても良かったのではと思いました。熊本城は1口城主を1万円から募集して復元の資金を捻出しているようですが、陳腐な天守閣をなんとかマシにするのが先決でしょう。




2016japan143

 水前寺行きのシャトルバスは貸切状態でした。

私はたまたま新聞で2つのイベント会場を結ぶシャトルバスがあることに気がついたのですが、広報不足ということがガラガラだった理由なのでしょう。まあ桜町から水前寺まではバスや路面電車が頻繁に出ていますので、定期を持ってる人たちや敬老パスで優遇されている老人たちはシャトルバスがあることを知っていても移動手段として選ばなかったでしょう。人数がいればタクシーという手もありますし。

シャトルバスは10分ほどでロッキーというスーパーの対面の駐車場に到着したのですが、その近くの水前寺スターレーンというボーリング場の1階はラオックスになっていて外国人観光客向けに免税を大きくアピールしていました。熊本城でも中国語がじゅいぶん聞かれたのですが、和風な水前寺成趣園の商店街も外国人旅行者に救われたのでしょう。




2016japan145

 今日と明日は水前寺成趣園は無料開放でした。

細川藩初代の忠利が鷹狩の時に清水が湧いていたので気に入って庭園として整備したらしいのですが、400円の入場料を払う価値は無いと思います。昭和時代には水前寺清子、最近は健康ブームで水前寺菜やスイゼンジノリが知られているので知名度はまあまああるのでしょうが、古臭い観光地の負のイメージから抜け出すことは難しそうです。入場無料の都市公園にして、アホみたいに高い鯉のエサの販売など止めてスッキリさせるべきでしょう。そのための財源は知事公邸がある県庁村を民間に条件付きで売却すれば良いでしょう。




2016japan144

 公園内の桜は予想以上に咲きほこっていました。

今日はイベントがあって入場無料でしたので通常の週末より多くの人が訪れていたのでしょうが、まだ花見には早いと思われていたためか、芝生の上はスカスカでした。週明けに気温が低い日が続けば桜が長持ちするでしょうから、来週末がピークとなるのかもですね。




2016japan146

 庭園の奥に「水前寺菜 本籍地」の看板がありました。

肥後野菜のひとつである水前寺菜は東南アジアが原産のキク科の多年草でということですが、同じ城下町の金沢では金時草と、そして似たような本丸御殿を整備した名古屋では葉の裏が紫色ということで式部草と呼ばれているようです。それが本籍地ということで栽培されていたのですが、ジョークのつもりかは不明です。ちなみに沖縄ではハンダマという名前でしたが、語源はまったく見当がつきません。




2016japan147

 庭園内ではいろんなイベントが行われていました。

湧水池の南側には能舞台がありましたが、そこから場違いな民族音楽が聴こえてきました。大学生くらいのグループがジャンベを叩いてダンスを披露していたのですが、なぜ水前寺でアフリカ舞踊なのか不思議でした。まあ今日の2つの会場のイベントは何も期待していなかったですし、お金は1円も使っていないので不満はありませんでしいたが。




2016japan148

 湧水池のほとりでティーセレモニーが行われていました。

京都から湖畔に移築されたという萱葺の家の座敷では和服姿のおばさまたちにより茶道のセレモニーが行われていたのですが、これこそ水前寺のイメージにピッタリでした。私は茶道に対する知識も無く、セレモニーが終わっても味見できることはなさそうでしたので、参道の商店を冷やかしてから猫が待つ家に帰ることにしました。




2016japan149

 戻る途中に明日の選挙の看板を見かけました。

最終日は3候補とも大票田である熊本市で最後のお願いをするはずですので騒々しい名前の連呼を聞く羽目になると予想していたのですが、まったく接近遭遇しませんでした。世帯数が多い団地などでは騒音被害が大きかったかもですが、私が移動した場所はたまたま空白状態でラッキーだったのかも。うるさい名前の連呼を聞いたら私に限っては逆効果だったでしょうが、熊本県での選挙権が無いので無関係ですが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/26(土) 23:59)

<<風呂上りに予想していた結果が出ていてため息をついた理由は… | ホーム | 本格的な花見シーズンの前に最悪の場合に備えて行われていたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3666-8022dad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア