新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 風呂上りに予想していた結果が出ていてため息をついた理由は…


 今日も晴れてくれましたが、肌寒い1日でした。

風呂から上って猫を膝に乗せ、録画済みの夕方のニュースで「不明中3少女を2年ぶりに保護…」などをチェックしていたりしていたのですが、それを見終えてから20時53分から放送された報道特別番組を早送りして見てため息をついてしまいました。それは予想していた通りの結果だからでしたが、現職の知事が徹底的に根回しをして当確が出て昭和的に万歳していたのにうんざりさせられたのです。






 「世界の果てまでイッテQ!」でも速報がありました。

20時過ぎに放送された出川のニューヨークロケの途中に最初の速報が流れたようですが、結果を知った後でしたので邪魔でした。県知事を2期勤めたカバに似た69歳のおじいさんは「くまもとの良き流れを強く大きく」とアピールされていたのですが、意味がよくわかりませんでした。問題が山積みな熊本の現状を良い流れだと本気で考えているなら県知事は失格ですからね。しかし熊本県民は耳障りが良い「良き流れ」というフレーズが気に入ったのでしょう。

勝利した現職の知事は「県民の幸福量を最大化したい」とか数値で検証できない耳障りが良いことを連呼していたのも勝因だったのでしょうが、私が驚いたのは「熊本を州都に!」という共産党候補が県知事になるくらい実現性が低いことを支持する高齢の有権者が現存していたことです。おそらく海外はもちろん、県外にも旅行しないタイプの老人なのでしょうが、180万の熊本県民が望んでも500万の福岡県民に笑われるだけなのをなぜ理解できないのか不思議です。






 転換を訴えた2人の新人は敗北してしまいました。

まだTPPのマイナス面が明確になっていないこともあって、熊本の保守的な人たちは現職の知事の根拠がない主張を信じてしまったのでしょう。まあそんな人たちは「原発は安心・安全です!」とか「汚染水はコントール下にあります!」とかを信じてしまう人たちだと思えますので、また大きくため息をついてしまいました。

もちろん新人の2人が選挙に勝っていたとしても、熊本県政が劇的に良くなるとは思えません。在任中にこれといった実績をあげることができなかった元熊本市長は何も期待できませんし、仮に2人の古いタイプの候補者が選挙期間中にお亡くなりになってぶっちぎりで最下位だった共産党の候補が知事になったとしても熊本県庁の職員のサボタージュで県政は混乱してしまうはずですので。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/27(日) 23:29)

<<熊本県庁からの生中継で登庁した県知事を見て感じた疑問は… | ホーム | 桜が咲き始めたばかりの熊本城などへ出かけてみた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3667-fcc4cb63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア