新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 地震続きで多少のことでは驚かなくなっているのにビックリしたことは…


 今日もまた異常に薄い新聞が届きました。

折込広告は少しだけありましたが、おそらく日系米人向けの南カルフォルニア新聞くらいじゃないでしょうか。大事件が相次いでいるので多少のことには慣れっこになっているつもりでしたが、この新聞の映画情報を見て愕然としました。熊本県はシネコンが少ない地域だと思うのですが、なんと現時点で上映中なのは天草の映画館だけだったのです。いくら地震の直後といってもスゴい話ですよね。






 こんな新しい感じも支援が広がってるようです。

日本のマンガ界の重鎮である千葉てつや氏たちが自分たちに何かできることをと始めていただいたものですが、被災して学校に行けない子供たちや若い親たちの心の支えとなってくれるのでしょう。非常事態ですから熊本県庁の許可を受けていないものばかりでしょうが、著名な先生たちの善意によるものですから文句を言うクレーマーはいないでしょう。これから余震が治まってくれたとしても観光客数の落ち込みはかなりのものでしょう。厚かましいお願いかもしれませんが、先生たちには被災地の復興支援として原画を貸してもらって熊本や大分で巡回展を開催させてもらえば助かるでしょう。






 現在の熊本市内はゴミが大量に溢れています。

1度目はたいした被害はありませんでしたが、2度目の本震は強烈でしたので食器類が大量に割れてしまいました。老猫が怯えていたくらいで被害は少なかったのですが、水道が出ない頃は掃除する気にもなれませんでした。しかし被災者支援で地震で壊れた家具や生活道具を廃棄するのは無料ですので、今の内に出しておかねばなりません。有料化されるのは大型連休明けでしょうが、邪魔なものは部屋に置いておきたくないですからね。






 熊本の路面電車は今日から走りはじめました。

2度目の本震でレールが歪んでしまったのか、なにやら線路を掘り起こしていました。市民病院から終点の健軍までは運行されていませんでしたが、距離が短いのでバスなどによる代替輸送は用意されていなかったみたいです。ちなみにこの少し先のマクドナルドはまだ営業再開していませんでした。外食大手なのに炊き出しを行わないのもいかがなものかと思いますが、営業再開も遅過ぎるように思えますが。






 久しぶりに健軍商店街に行ってみました。

テレビのニュースでアーケードに面したサンリブが崩壊したと知りましたのでチェックしておくことにしたのですが、鉄骨に支えられて被害は最少だったようです。昼間でも買い物客が少ない健軍商店街ですので、真夜中に歩いてる人はいなかったでしょうが、支えが無ければシリアスな状況になっていたかもしれません。ちなみにこのアーケードでは3軒ほどが営業中でしたが、今回の大災害を機に閉めてしまう店が多いかもしれません。






 健軍自衛隊の近くで炊き出しを見かけました。

昨年一度だけ行ったことがある「ドンと食え」というインパクトがあるネーミングのどんぶり屋さんでしたが、ご近所の皆さんのために炊き出しを行うことにされたのでしょう。私は空腹じゃなかったのでスルーしましたが、避難所でおにぎりやカップ麺くらいしか口にしてなさそうな子供たちが美味しそうに食べていました。この子たちは近い将来に今回の大災害よりも悲惨な目に遭うことになるかもですが、仲間で助け合って元気に乗り越えてほしいものです。






 補修材料を買いにホームセンターへ出かけました。

地震によりトイレのフレキシブルパイプから水が漏れるようになったので新品に交換しておこうと考えたのですが、まだ店内の整理は終わっていなくて部品は入手できませんでした。それでも店頭では野菜や果物の販売は行われていましたので無駄足にはなりませんでした。ちなみにホームセンターの入口の小屋では普段は焼き鳥などを販売していたと記憶しているのですが、今日はおにぎりだけを売っていました。






 これは熊本県庁の真横にある自民党の本部です。

熊本県は自民党が強い土地柄で、無党派層にアピールするために隠していますが、熊本県知事も熊本市長も自民党と深い関係にあるようです。今回の大災害は熊本を自民党が支配している構図をハッキリ見せることがありそうだと寄り道してみたのですが、自民党本部は静まり返っていて期待ハズレでした。ちなみに何か表示くらいあるかと予想していたのですが、なんと東日本巨大地震の支援対策本部の看板だけしかありませんでした。






 最後に崩壊したジェーンズ邸を見に行く予定でした。

この大災害の直後ですから水前寺公園も休園でしたし、水前寺の周辺は観光客も皆無なはずでした。それでジェーンズ邸の駐車場も空いてるだろうと細い道を進んでみたら、地震で崩れた家があったので先に進めませんでした。電車通りまで迂回するのは面倒でしたので、自動車を路上駐車して細い路地を歩いて行こうと思ったら石垣が崩れていました。まあしばらくの間は放置されているでしょうから、また次の機会に再訪することにしました。






 それで水前寺のロッキーで買い物しておくことにしました。

もう流通網はかなり復旧していますので元通りになってるんじゃないかなと予想していたのですが、野菜類などは通常の半分くらいしか品数がないといった感じでした。驚かされたのは弁当や惣菜の売り場でしたが、通常はカラフルな寿司や弁当が置いてある場所がおにぎりに占領されていて真っ白だったことでした。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/19(火) 23:59)

<<雨が降る前にガソリンを届けるために阿蘇に出かけてみて考えたことは… | ホーム | 熊本中心部のライフラインがまだ復旧してくれない中で考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3691-50281e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア