新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊本地震の原因である活断層の延長線上に作られた原発の安全性は…


 天気予報が当たって九州は雨が降り出しました。

それで録画しておいた番組を見ながら室内の掃除などしていたのですが、今朝のモーニングショーの「そもそも総研」の疑問には被災者のひとりとして納得できるものでした。私は2度目の本震でライフラインがすべて失われたものの、電気だけは30分くらいで復活してくれましたので避難所のお世話にはなりませんでしたし、長い行列に並んだりすることもありませんでした。ガスとネット回線はまだですが、特に困っていることはありません。

それはフクシマのように放射能に怯える必要が無いからでもありますが、自分たちの利益しか考えないアホな政治家たちが天草に原発を建設していたらと想像しただけでも腹が立ちます。世襲政治家たちに都合が良いことしか言わない原子力規制委員会のおじさまたちは熊本地震の原因である活断層の延長線上に作られている川内や伊方原発について危険ではないと言い張っているのですが、想定外の大津波がフクシマをメルトダウンに追い込んだことが証明しているように大自然の驚異の前には安全とは言えないのでドイツのように原発はすべて廃炉にすべきです。

どうしても原発を再稼動したい場合は国民投票にかけるべきですし、最悪の場合を想定して推進派の皆さんで弁済費用を積み立てておくべきです。フクシマの件では誰も責任を取らずに国民の税金や電気料金から尻拭いする費用を捻出していますが、なぜ昔から原発に反対していた私まで払わなければならないのか理解できません。






 崩壊寸前の飯田丸五階櫓はまだ耐えていました。

いつ崩れるのか全国的に注目されている建物ですが、これは熊本城の築城400周年の時に本丸御殿などと共に木造で復元されたものだったようです。熊本城の観光面では天守閣や武者返しと呼ばれる石垣を修復することが重要でしょうが、歴史的な価値としては被害が少なめだった宇土櫓がいちばんでしょう。日本財団により資金提供されるということですし、観光業に携わる皆さんは戦後にコンクリートで再建された天守閣の早期復興を目指すべきと訴えるのでしょうが、私は大反対です。天守閣は一度取り壊して木造で建て直す方向で議論すべきでしょう。






 大地震から1週間になるのに街は静かです。

ようやく水道が復活して掃除はできるようになりましたが、まだ余震が続いているので漏水が発生したりしているようで安心してトイレを使うことはできません。ペットボトルの水はあちこちでいただけますし、自宅ではバスタブに水を貯めておいてるので断水してもトイレを流すことはできますが。

まだ都市ガスが復活していないので店内の清掃が終わっていても調理をできない店も多いのでしょうが、大きめの余震が発生すれば3度目の割れた食器類の片付けや断水などが予想されるので再開する日を先送りしたりしているのでしょう。まだアーケードを歩いてる人も少ないので開店してもヒマそうですし。






 ドラッグストアなど数軒は営業を再開していました。

最近はガラスの容器入りの商品が少ないので片付ける苦労がマシだったのかもですが、怪我の手当てで薬や清掃用品などが必要な人は多いのでビジネスチャンスと捉えていたりしてるのでしょう。その近くでは牛肉の炊き出しをやっていたので味見させてもらいましたが、ご飯が品切れでしたので残念でした。






 熊本を代表する老舗百貨店は怠慢だと思います。

売り場面積が大きいので崩れた商品を片付けるのに時間がかかることは理解できるのですが、とりあえず1階と地下の食品売り場だけでも復活させるべきではないでしょうか。熊本の近郊に住まれている皆さんはここの駐車場に停めて近隣のアーケードまで周遊して買い物をしたりするパターンも多かったと思いますので、水道が復活した時点でなんとか部分再開すべきだと思いましたが。






 上通の岡田珈琲で美味しいコーヒーをいただきました。

熊本を代表する老舗の喫茶店なのですが、まだ店を再開させなくても店頭でコーヒーを無料でサービスしてくれるだけで雰囲気が明るくなりますので近隣の商店からも感謝されることでしょう。この岡田珈琲の目の前には老舗百貨店が経営してるテトリアとかいう商業施設があり、そこの入口のオープンスペースでは県内各地の物産市などが行われているのですが、そこもシャッターが降りたままで暗い雰囲気です。こんな時ですから搾乳したのに出荷できないので廃棄するミルクを材料に、学校が休みの小中学生が作ったものを被災者に配ってまわるようなイベントの場に活用すれば良いと思いますが。






 老舗の眼鏡店でこんなメッセージを見かけました。

噴火により被災地となった島原にも「がまだすドーム」という道の駅がありましたが、「がまだす」というのは「精を出す」とか「頑張って働く」とか前向きな意味の方言だと思います。東北の被災地では「がんばろう日本」とか氾濫し過ぎて辟易とされているみたいですが、被災者となった私も他人から「がんばろう!」と言われるのは不快です。「がまだすばい!」であれば少しはマシですが、そういった暑苦しい表現は好みではないので止めていただきたいものです。






 海外でも「熊本地震」のことは報道されてるようです。

台湾のくまモンショップの売り上げも増えて、民間の寄付も集まっているみたいですし、台北などの市長さんたちも給料をそっくり寄付してくれるという話もありました。熊本県は中国の南寧との関係がありますし、上海に事務所を作ったりして交流を深めていますので、くまモンも知られた存在のようです。しかしこのパンダが「加油(がんばろう)」と言ってるイラストを見ると距離を感じてしまいます。パクリと批判されないようにオリジナリティを追及したのかもですが。






 いろんな企業が熊本地震の支援を始めています。

熊本市は九州で3番目の大きさの都市ですし、全国でも20番目の政令指定都市ですから復興後のことも考えて支援しておくことは全国的な宣伝効果もあるので当然な話だと思います。熊本空港には乗り入れていないピーチが支援のために帰省したりする人たち用に100人分の航空券の無償提供を決めたのですが、その場合は100kgまで空輸できるということでしたので驚かされました。もう物流はかなり回復していますので、そんなに運ばなくても大丈夫だと思いますけどね。関空から福岡空港までは1時間程度で楽でしょうが、福岡空港から熊本までは高速が工事中なので3時間はかかりそうですし。

ちなみにボランティア登録された人は170円の路面電車が無料になるという話ですが、それに較べたらピーチは太っ腹ですよね。ぜひ全日空もジェットスターも追随していただきたいものです。大嫌いなJR九州や日航は銭ゲバですから期待しませんが…





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/21(木) 23:59)

<<大雨の翌朝にスッキリと晴れてくれたので久しぶりにやったことは… | ホーム | 雨が降る前にガソリンを届けるために阿蘇に出かけてみて考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3693-cfb4a470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア