新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 被災地の熊本で普通に生活していてイライラさせられることは…


 まだ被災地の熊本では余震は続いています。

赤い紙を貼られた家に住んでいる皆さんは揺れる度にうんざりされていることでしょうが、私は目障りな震災関連情報と「がんばろう」という薄っぺらな言葉にイライラさせられています。熊本の公衆電話は無料なので東京の友人とお喋りしてる時に確認したのですが、関東では目障りな震災関連情報は表示されないとのことでした。また私をイライラさせる「AC JAPAN」のCMの頻度もかなり熊本よりも少ないようです。都市ガスはまだ30~40パーセントしか復旧していないのですが、熊本の人々の生活はかなり4,14以前に戻ってきています。もう目障りな震災関連情報は止めていただきたいものです。






 都市ガスの復旧工事を見かけるようになりました。

もう熊本市の40パーセントくらいは復旧してるみたいですが、どうも病院や飲食店などを優先されているんじゃないかと疑ってしまいます。この業者さんも大阪からわざわざ手伝いに来ていらっしゃるようですので文句を言うつもりはないのですが、「がんばろう!」の表示は不快ですので止めていただきたいものです。大阪の技術者の方が熊本のアホな中学生から関西出身ということで指ピストルで「バキューン!」と撃たれたらうんざりされると思いますが、多くの被災地の住民は「がんばろう!」には辟易としてるはずですので。






 震災後、初めて国際交流会館に行ってみました。

昨晩のニュースで被災したパキスタン人やフィリピン人などが国際交流会館に寝泊りして協力しあって生活してると報じていましたのでチェックしておくことにしたのです。昼間だったので毛布類は片付けられていて外国人も数人しか見かけませんでしたが、ホワイトボードに安否確認中の数人の名前がありましたので、異国で被災した外国人の深刻さが少しだけ理解できました。






 桜の馬場はまだ営業を再開していませんでした。

もうすぐ大型連休が始まりますし、九州新幹線の全面再開も近いわけですから、もう営業再開すべきだと思いますけどね。入口に前回はいなかった係員が立っていましたので状況を尋ねてみたのですが、「なるだけ早いうちに…」ということで、正式なオープン日はまだ決まっていないみたいでした。まだ建物は新しいので被害は少なかったようですし、もう個別の店舗の清掃は終わってそうなんですけどね。






 熊本県の物産館が営業していたのは意外でした。

3日ほど休んで清掃と片付けを済ませて早めに営業を再開したらしいのですが、建物の被害が少なかったのは元NTTのビルだったので造りが堅牢だったからなのかもしれません。バスは大地震の翌日から間引き運転で動いていたみたいですから、たとえ来店客数が少ないといっても早めに営業再開したことは当然だと思います。






 桜町に建設中のNHKのクレーンは止まっていました。

2度の大地震で足場が崩れたというような話は聞いていないのですが、技術を持った建設関係者たちが公共性が高い現場の復旧作業に借り出されているんじゃないかと想像しています。私は身勝手な経営方針のNHKは大嫌いですし、熊本城の近くの良いロケーションにこんなアグリーなビルを建てることにも反対です。この工事現場だけ直下型地震で崩壊してくれれば嬉しいのですが…






 まだ熊本電鉄の公式ショップは閉まっていました。

路面電車や新幹線は線路のダメージなどで止まっていましたが、たしか熊本電鉄の菊池電車は2度の大地震に耐えて動いていたと思いますが。もちろん安全確認のために最初の内は低速での間引き運転などは行われていたのでしょうが、被災者たちの生活の足として活躍してくれたと思います。この公式ショップがオープンしないことは切実じゃないと思いますが、街のムードを暗くしないためには多少の無理があってもオープンすべきだと思いますが。






 下通にいつの間にかこんな店ができていました。

「くまモン屋」では顰蹙を買うので店名を工夫していましたが、中身は民間版の「くまモンスクエア」なのでしょう。入口に書いてあった営業時間中でしたが、なぜか扉は閉じられていました。まあ別に商品に興味があるわけじゃないのですが、とりあえず店内のラインナップの質と量をチェックしてみたかったのですけどね。






 新市街では川内原発の署名活動が行われていました。

まだ余震が続いていますし、予想を上回る大地震が稼働中の原発の近くで起こったりすると日本は世界から「懲りない連中だな…」と笑い者になってしまいますので、国内の原発はすべて廃炉にすべきでしょう。もちろん北海道の補選の前日に作業服を着て被災地入りするという猿芝居を好意的に取り上げるマスコミにより内閣の支持率は高いようですが、そんな連中の利益のために国民の生命や財産を危険に晒すなんて信じられません。この署名運動の趣旨は全面的に賛成なのですが、まったく無力ですからスルーさせてもらいました。






 熊本の老舗百貨店は本当にヤバいのかもしれません。

社員通用入口にいた男性社員に本館のオープン日を尋ねてみたら、「まだ安全確認に時間がかかっていますが、5月には…」と言葉を濁していました。2度の大地震による建物のダメージが少なくて、簡単な耐震補強工事で5月中に再スタートできれば良いのでしょうが、もし深刻なダメージを受けていたりしたら大工事になったり数年かけて建て直すということになるかもしれません。今日は偶然に屋上の塔の屋根が崩れているのを発見しちゃったのですが、かなり古そうな建物ですから心配ですよね。






 水道町の手取神社も被害を受けていました。

入口の鳥居が落ちただけみたいでしたが、補修するためには道路を封鎖してクレーン車で吊るしかないので簡単ではないでしょう。裏道なので自動車の通行量は少ないのですが、影響が少ない夜中に静かに工事するしか方法がないでしょうから。まあ阿蘇神社や熊本城の石垣の下敷きになった神社みたいに建物が壊されたわけじゃないのではるかにマシなのでしょうが。






 「AC JAPAN」の新しいCMが始まりました。

ちばてつや氏たちが始められたくまモンをモチーフにした被災地支援の幅が広がっていることに文句はないのですが、「頑張れ熊本!」というのは止めていただきたいのです。余震は長く続くかもしれませんし、阿蘇山の噴火とかもっとヒドいことが起きるかもしれませんし、「頑張らずにぼちぼちやりましょうよ、ボクらもできることをやって応援しますので…」というくらいでちょうど良いと思うのですが。まあ大嫌いな上原のCMを流されるよりははるかに嬉しいのですが、そろそろ「AC JAPAN」のCMって全部止めてくれませんかねぇ…





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/26(火) 23:59)

<<大地震の影響で大不況に陥りそうな熊本で考えたことは… | ホーム | 小雨が降る中を東区の避難所になってる小学校に出かけた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3698-0e5e8bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア