新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊本で地震が発生してから2週間となった日に初めて見た商品は…


 早いもので大地震が発生してから2週間になりました。

相変わらず熊本では余震は続いていて、震度1以上の地震の回数は午前中に1000回を超えたそうです。「くまモンスクエア」は先日から、桜の馬場は明日からオープンするそうで、復旧のスピードは大型連休を前にして加速しているようです。

全国ネットの番組では被災地を観光で旅行するのは申し訳ないといったアホなことを言うコメンテーターがいましたが、今回の熊本地震はフクシマのような人災では無いので崩壊した家の前でピースサインして記念撮影などしない限りは熊本の皆さんは大歓迎でしょう。支援物資やゴミ処理、そしてボランティアと熊本県外の皆さんからお世話になっているわけですし、ふるさと納税や銀座の熊本館で買い物してもらうのは当然ながら有難いのですが、実際に足を運んで観光してもらうことを願っている人がほとんどだと思います。

熊本ではくまモンの関連商品もかなりの種類が販売されていますので、その奥行きを体験して驚いてもらえるのではと思っているのですが、日テレ系のニュースで熊本では見かけたことがないTシャツが新宿で販売されているということでしたので私の方が驚かされました。小山薫堂氏の災害復興を願う新しいデザインらしいのですが、まだ熊本では見かけたことがないのです。






 午前中に避難所になってる小学校に行ってみました。

近所のセブンイレブンよりWi-Fiが高速で、「00000JAPAN」はログインする手間が不要ですし、公衆電話と違って座って電話できるので選んでいます。インスタントですが、無料のコーヒーも飲めますしね。避難所はいくつか行ってみましたが、それぞれにカラーが違うことに驚かされます。錦が丘では菓子パンやカップ麺など既製品の支援物資だけでしたが、ここではボランティアの皆さんが被災者が飽きないように工夫されていました。有難い話ですよね。






 ランチタイムでしたので私も試させてもらいました。

ボランティアの皆さんが7~8人で準備されていましたので、もう少しバラエティがあるのかと予想していたのですが、手作りだったのはおにぎりだけでした。それでも全国各地からの支援物資の中から工夫されているものでしょうし、4月17日は行列に2時間も並んでおにぎり1個なんて話もありましたので十分です。東京などで同じ規模の災害が起きれば物資の奪い合いが起きるかもしれないわけですしね。






 被災地ではいろんなトラブルも起きているようです。

それで今日から電話での相談窓口が開設されたらしいのですが、語呂合わせはちょっと無理があるように思えますが。地震国の日本ではこういった災害が起きる度にデジタルに不慣れな皆さんが困ってしまうことになりますが、最近は公衆電話を探すのも難しいので根本的に考え直すべきだと思います。

私は以前から日本版のFEMAのような組織を作って被災地に素早く対応すべきだと思いますが、災害発生直後にまず最低限のサバイバルキットを小さなコンテナに効率良く収納したものを4輪トラックやヘリで被災地の避難所に届けるべきだと思います。その中に8インチくらいの通話ができるタブレットを入れておいて、それに相談窓口のアプリや直通ボタンを用意しておけば良いでしょう。まず避難所の管理者がデジタルに不慣れな被災者の相談内容を聞いてアプリでQ&Aで似たような相談がないかを確認してから、深刻なら直接本人が電話で相談するようにすれば無駄がないでしょう。






 南阿蘇鉄道の先行きは暗雲が立ち込めています。

阿蘇大橋が落ちて俵山トンネルが崩落するくらいの大災害でしたので、国鉄時代からの古い鉄道なんて「瞬殺」だったことでしょう。東北の南三陸鉄道もずいぶん時間がかかりましたが、南阿蘇と違って沿線の住民数が多いので補助金や寄付もかなり集まったのでしょう。しかし自動車が町民や村民の足となっている南阿蘇エリアでインフラの再整備に多額の費用をかけるという話は受け入れられないかもしれません。

春から秋の観光シーズンはトロッコ列車が人気だったようですが、少子高齢化の時代でもあるので鉄道の復活を目指さなくても良いのではと思います。通勤や通学、病院通いなどはマイクロバスにして、鉄道の線路はオートバイ専用道として整備したら良いのでは。大津にはホンダの工場がありますので、熊本空港でオートバイをレンタルして阿蘇をツーリングして同じ被災地である大分で返却できるようなシステムを考えるべきだと思いますが。






 夕方にようやく待ちわびたWi-Fiが復活してくれました。

通信会社に工事を申し込んでも順番がなかなか回ってこなかったのですが、都市ガスに続いてライフラインがすべて復旧してくれました。もちろん歩いて行くこともできる距離でネットにアクセスすることはできたのですが、夜に酒を飲みながら録画しておいたニュースや情報番組を見ていて、気になったことを検索できないのは苦痛だったのです。Googleマップを自在に使えるようになったのも嬉しいですね。印刷された地図では地名検索もできませんでしたし。






 イケアのメールは被災者への配慮がありました。

東北の津波被害で多くの家が失われた時には全国のイケアで被災地の支援したい人が家具のお金を払ったら配達料を無料で被災地に届けるという取り組みを行っていましたが、今度は買い物の際にファミリーカードを提示していただくと100円を熊本や大分の子供たちの支援に使ってくれるという話です。

金額的にはわずかかもしれませんが、単に言葉だけで「被災された皆さまに心より…」と心がこもっていないCMを垂れ流す日本企業よりもはるかにマシだと思います。イケアのニュースレターには「がんばろう」という文字がありませんでしたが、被災された仙台のスタッフの意見が反映されているのかもしれませんね。






 通常通りに再開する店や施設が増えてきました。

大地震で多くの家が被害を受けましたので住宅メーカーや工務店などはビジネスチャンスなので、自宅の片付けなんて後回しで商売に励まれることでしょう。今回は単純な自然災害ですので、初期対応が遅かった地方公務員たちを批判はしますが、強く責めるつもりはありません。寝食を犠牲にして被災者に向き合って仕事をされていた方たちもいたみたいですし。

この新聞広告の左側は2度目の大地震後の19日にもアップした映画館の情報ですが、1軒だけ上映を続けていた天草の映画館に続いて熊本市の成人映画の劇場も復活していました。これも熊本が日常に戻ってきていることを証明しているのでしょうが、残りのシネコンも早めに営業再開すべきでしょう。ちなみに桃という劇場は女装していると500円ということでしたが、ちょっと面白い割引ですよね。(笑)






 今朝の「そもそも総研」は地震予知がテーマでした。

110もの火山が存在する地震国の日本には九州と北海道に7つのカルデラがあり、今回の震源地に近い阿蘇山は約9万年前に大規模な噴火を起こした形跡があるという話でした。そんな国で暮らすのであれば生きている間に被災することがあると考えて備えておくべきだと思うのですが、人命さえ被害を最少にできれば放射能汚染などなければ復興できますので「国民の生命と財産を守る」ことが重要な役割である政治家たちは核施設廃絶を早期に実現すべきでしょう。

ちなみに9万年前の阿蘇の噴火と同規模のものが発生すれば熊本も含め九州の大部分は壊滅的な状態になるでしょうから1000万人以上の死傷者が出るでしょうし、風向き次第では東京に20cmの火山灰が積もるという話ですので日本経済は長期的に低迷して餓死者も続出することでしょう。さすがに数万年単位で起きる自然現象に耐える体制を作るのは現実的ではありませんが、今回の熊本地震程度のことが起きることは間違いないので軍費や皇室費を縮小して大災害に備えておくべきでしょう。






 嫌いな日本航空が嫌いな言葉を使っていました。

薄っぺらな言葉と熊本と大分のキャラクターをデザインした復興支援特別塗装機を明日から就航させることにしたみたいですが、こんなものを企画する前に高過ぎる運賃を見直すべきだと思いますが。

まあ日本航空は経費で乗るような連中をメインの顧客としているのでしょうし、放漫経営でつぶれかかってもぬるま湯体質は変わらないでしょう。経営難に陥った時に国民の税金で救ったことが間違いでした。空港でこんな機体を見かけたら、その決断をした政治家たちを殴ってやりたい気分になることでしょう。






 都市ガスが復旧したので餃子を作りました。

2度目の大地震後の2週間前はレトルト食品や電子レンジでチンするだけの簡単な料理ばかりでしたが、もう何の心配もありませんし。もちろん震度3~4クラスの余震は続いていますし、まだ2度目より大きな揺れが襲ってこないと確定したわけじゃありませんので食料の備蓄と心の準備を怠ることはできませんが。

ちなみに福岡の友人と無料の公衆電話で世間話をしていて驚いたのですが、友人は武装した難民が玄界灘を渡って上陸することをまったく考えたことが無いという話でした。数年前に福岡でも震度5クラスの地震があって天神のビルの窓ガラスが割れたりしていますが、地震と同じくらい難民が押し寄せる可能性はありそうですけどね。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/28(木) 23:59)

<<大型連休の初日のみどりの日に九州で起こったことは… | ホーム | 大地震の影響で大不況に陥りそうな熊本で考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3700-cd7d15f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア