新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大型連休の初日のみどりの日に九州で起こったことは…


 大型連休の初日は晴れて観光日和でした。

もう真夜中に起きた大地震から半月ほどになり、熊本市の中心部のライフラインはほとんど復旧していると思います。それで熊本県内や隣接した地域でも観光客が九州の休日を満喫してくれてお金を落としてくれることを期待してるはずですが、1000回を超えても余震が治まる気配は無いのでキャンセルが相次いでいるようです。

4月14日に起きた地震の後片付けをして、「もうこれで収束するだろう…」と楽観的に考えて帰宅して、次のさらに大きな地震に襲われて亡くなられた不幸な方が数十人いらっしゃいますので、私は「さすがに3度目は無いんじゃないかな…」と言うつもりはありません。他に旅行先は山ほどあるので、「九州は余震が治まってから旅行しようかな…」という判断されるのを否定しません。

しかし日本は火山だらけの地震国で、どこが次の被災地になるか誰にもわかりません。私の友人はサンフランシスコのベイブリッジが地震で落ちる30分前に走って運が良かったと言ってましたが、地震による土砂崩れで阿蘇大橋と共に行方不明になっている東海大学の学生さんは運が悪かったということなのでしょう。そう考えるとどこを大型連休の観光地と選んでも大差ないように思えるのですが…






 大型連休の初日の様子をチェックしておくことに。

今日は特に中心部に出かけなければならない用事は無かったのですが、くまモンスクエアや桜の馬場などが再開するということですので、どのくらい熊本の街が元に戻っているか確認しておきたかったのです。暑くも寒くも無い爽やかな初夏のような中を大甲橋を渡るために歩いていたら、林業会館のビルに赤い紙が貼ってあることに気がつきました。駐車場を支える柱にクラックがありましたが、中途半端に古そうな建物なので、補修より建て替えになるのかもしれません。






 意外な場所に大きな被害を受けた建物がありました。

大甲橋を渡って最初は老舗百貨店の東館の1階にあるくまモンスクエアに行ってみようと考えていたのですが、昨年末に取り壊された城東保育園の先の歯科医院が歪に傾いていることに気がつきました。こういった1階の駐車場部分が崩れたビルは神戸などでもよく見かけましたが、深夜の大地震でしたので被害は最少だったのでは。隣はコインパーキングですので、ここは土地をまとめて建ぺい率いっぱいのビルに建て直されることでしょう。






 くまモンスクエアの入口には小さな表示がありました。

たしか10日間ほど閉めていたと思いますが、3.14までと違うのは入口の小さなメッセージとくまモンの部屋の机の上に来場者からのメッセージを受け付ける大きなノートが用意してあるだけでした。また普段なら休日には行われるはずのくまモンのステージも延期という話でした。おそらく子どもの日前後に復活するのでしょうが、全国ネットで報じられるでしょうからサプライズゲストも出演されるのでは。

「とくダネ!」で笠井アナも言っておられましたが、被災地を盛り上げるためにくまモンは大震災直後から露出させるべきだったのでは。もちろん熊本県庁の職員の皆さんは2度の大地震の対応に追われて残業続きだったことでしょうが。もしダンスを踊れるくまモン隊のスタッフの全員が大地震で骨折されたり、身内に不幸があったりしたということであれば出てこれないというのも理解できるのですが…






 熊本市役所のロビーはまだこんな状態でした。

おそらく避難所になってから日曜でも1度も市役所の玄関のドアは閉められていないのでしょうが、祝日の今日も多くの市民がり災証明書を申請するために並んでいました。今日は天気が良かったので、床の毛布を片付けて近所の散歩に出かけていた人たちが多かったようです。炊き出しの夕飯が終わる頃には戻ってこられるのでしょうが、もう半月くらいはこんな状態が続くのかもしれませんね。






 熊本市役所の花畑別館は大地震に耐えていました。

たしか専門家により耐震性に問題があると指摘を受けて3月末までにすべての荷物が運び出されて取り壊される日を待っていたところだったと思いますが、外側から見た限りではあれだけの揺れがあったのに深刻なダメージを見つけることはできませんでした。内部が空っぽで建物に負担が少なかったということはあるでしょうし、内部の配管などは修復できないほどダメージを受けているのかもです。

しかし2度の大地震にも耐えた歴史ある建物ですから、取り壊すのは数年後に先送りして、倒壊するリスクを覚悟する60歳以上の高齢の被災者の生活の場として無償で貸し出すようにしてはいかがでしょう。下通アーケードと熊本城の間に位置していて、生活はしやすいと思いますが。銭湯までは電車に乗って10分ほどかかりますが、敬老パスなどあるはずですので経済的な負担も少ないでしょう。






 桜の馬場はまあまあの賑わいがありました。

3月26日に水前寺公園が無料開放されるというので無料のシャトルバスに乗るために桜の馬場まで歩いて行きましたが、その時は桜の開花シーズンということもあってかなり混雑していました。今日は祝日ですが観光客は激減していますので、お客さんと店員さんの数が変わらないくらいの少なさでした。

もうほとんどのテナントは元通りといった感じでしたが、湧々座という観光客向きの小劇場のダメージは大きくて再開の目途が立たないという話でした。熊本のマスコミでは桜の馬場の再開とか明るい話題ばかりなのですが、ちゃんと現実を報じてもらいたいものです。ちゃんと真実を伝えることが報道機関の役割なはずですからね。






 なぜか国際交流会館はざわついていました。

普段は閑散としてるのに大勢の身なりがちゃんとしている男性のグループが立ち話されていて、その中には大地震後のユニフォームといった感じの作業服を着た熊本市長もいました。腕章をつけた報道関係者もいましたので、「午前中に大分にいた世襲総理がヘリで熊本に飛んできたのかな…」と想像していたら、領事館ナンバーのレンジローバーがやってきましたので、赤ちゃん用のミルクを寄付してくれたフィンランド政府関係者のように福岡の中国や韓国の領事館の責任者が支援物資を届けに来てくれたのかなと思いました。

しかしSPが安全確認した後に降りてきたのはケネディさんでした。緊張気味の市長となにやら話をして国際交流会館の中に入っていきましたが、沖縄知事には会おうとしなかったというケネディさんが人口70万規模の市長を慰労するなんて不思議な感じがしました。世襲総理だったら握手するフリをして殴ってやりたかったのですが…(笑)






 久しぶりに新市街アーケードを歩いてみました。

1階をフレッシュネスバーガーに貸してしまったので地味な存在になった熊本でいちばん古そうな映画館の様子をチェックしてみたのですが、エレベーターの前にパイロンが置いてありましたが、建物のファサードはさほどダメージを受けた感じではなかったので再開も近いのでは。私は日本の映画館の料金は高過ぎますので行かないのですが、人口70万の熊本市で一般的な作品を上映する映画館が皆無というのは異常ですから、早く復旧させてもらいたいものです。






 今日は下通のくまモングッズ屋が営業中でした。

4月26日にこの新顔の雑貨店の前を通った時は閉まっていましたが、大型連休で少しは観光客が増えることを期待して店を開けることにされたのでしょう。品揃えは特に良いとは思えませんでしたし値段も割高でしたが、観光客がふらっと立ち寄って土産を物色するということであれば悪くないのかもしれません。






 街角で募金活動してるの人を初めて見かけました。

募金箱を店頭に置いてあるのは珍しくないのですが、街頭募金詐欺のことが報道されていたこともあって初めて見かけました。店頭に置いてある大きな募金箱だって悪いヤツが夜中に盗んでいるかもですし、テレビ局のヤツも募金先が日赤だったりしますので絶対に入れません。私はいつも被災地に出向いて消費する方法を選んでいますが、熊本地震に募金をお考えの方にはそれを強くオススメします。特にこれまで一度も被災地を旅行したことが無い人には現実を見ておかれることは自分が被災者になった場合に役立つはずですからね。






 老舗百貨店の裏手が通行止めになっていました。

4月26日には普通に歩くことができたのですが、何の予告もなくクレーン工事のために通行を制限されてしまったのです。通用門にいた百貨店の男性社員は「安全確認中で5月中には…」と再開時期を楽観的に捉えていたようですが、この工事の道路使用の許可看板には先日の4月28日から6月28日までと書いてありました。

これだけの大きさのクレーンを用意するということは、かなりの大規模な改修工事が行われることが予想されます。つまり1階の商品搬入口からは入らない大型の重機を屋上に穴を開けて投入するつもりなのかもですね。まだ百貨店からは工事に関して何もアナウンスがないので実際の被害の様子は不明ですが、隠さねばならないほどシリアスなのかもですね。






 新聞の折り込み広告も少しだけ増えてきました。

2度目の大地震の後は新聞も薄くて、折り込み広告がゼロだった日もありました。最近では徐々に増えてきて4.14の前のように元に戻ってきました。市民生活が元通りになることに文句があるわけじゃないのですが、広告の中で「がんばろう」を連呼するのはいかがなものでしょうか。私は神戸や東北の被災地にも何度も行ったせいで熊本から出たことが無い人の数倍は「がんばろう」という言葉を見かけてるためもあるのでしょうが、普通の人が一生の間に見聞きする数倍の「がんばろう」を既に見聞きしちゃっているのでうんざりなのです。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/29(金) 23:59)

<<今回の大地震でダメージを受けていないかと心配していた建物は… | ホーム | 熊本で地震が発生してから2週間となった日に初めて見た商品は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3701-f2138884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア