新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 今回の大地震でダメージを受けていないかと心配していた建物は…


 私は今回の大地震で気になってることがあります。

2度目の揺れで水前寺公園の近くに移築されたジェーンズ邸や阿蘇神社などが崩れ落ちたことは大きく報じられましたが、あまりシンボリックでない建物については無事かどうか取り上げられませんので。もちろん私は熊本のすべてのメディアをチェックしているわけじゃないのですが、地元の報道は新幹線や高速道路の復興や避難所で整然と食料を分け合ってるような美談ばかりでうんざりです。実際にいくつかの避難所に行ってみると地域によって格差がありますし、当然ですが醜い人間関係もあるようです。まあ今回の大災害では避難してる留守宅を荒らしてる泥棒がいたくらいで、東北のように被災したガソリンスタンドやコンビニから現金や商品が強奪されたり、ATMが破壊されたということは無かったようですが。

のんびりした地方都市の熊本にも悪い人はいますが、自分たちの利益を守るために大地震の余震が続いている中で国民の大多数が反対している原発を稼動させて国民の生命と財産を危険に晒している極悪人よりはマシだと思います。日本は法治国家であるはずですが、悪事を取り締まるのが職務の警察官の不祥事が増加していますし、相変わらず裏金を積み立てるのもこっそり続けているのでしょう。自衛隊も被災地支援で汗を流していますが、5兆円の予算の内の数パーセントは悪辣な連中の懐を肥やし続けているのでしょう。

水面下の悪事を美談で隠すようなローカルメディアはまったく信用できないのですが、重要と思えることを報じないのも怠慢だと思います。戦後にコンクリート製で再建された熊本城の天守閣なんて建築物としての価値は低く、今回の大地震にも耐えてくれた300年以上の歴史を持つ宇土櫓のことをもっと大きく報じて江戸時代の職人に負けない気概で熊本城の再建に取り組むべきだと思いますが。

これは産業通り沿いに1947年に建築家の山田守氏により建設された旧熊本逓信病院、現在のくまもと森都総合病院ですが、コンクリートの耐久性も60年とか言われていますので個人的に心配していました。概観は無事っぽかったのですが、まったく無人でしたので、「閉鎖されてしまったのか?」と慌てました。しかし玄関には週末は休診との表示とグリーンの紙が貼ってありましたのでホッとしました。先日のブログにアップした熊本市役所の花畑別館もそうですが、今回の2度の大地震に耐えてくれた歴史的な建物は宇土櫓と共に熊本の復活のシンボルとして注目して報道すべきだと思いますけど。






 森都心病院前の国有地に変化はありませんでした。

ここには昨年まで古そうな自衛隊の勧誘の拠点の建物がありましたが、タイミング良く移転したようですから被害は最少となったことでしょう。隣のマンションのショールームもテンポラリーな建物ですし、ダイエーからイオンに変わった商業施設も古いので総合的にこのエリアは再整備すべきじゃないかと思います。

熊本市は路面電車の交通局前駅に隣接した総合保健福祉センターを整備したばかりですが、ホンダやトヨタのショールームから交通局の車庫を含めたトライアングルを熊本市とイオンが主導して再開発すべきじゃないでしょうか。近くの白川小学校や慶誠高校は少子化で閉校となるかもしれませんし、シンボリックな印象の森都心病院は「4.14熊本地震復興記念館」にでもリノベーションしては。

アクセスが心配されるでしょうが、空港や主要駅で復興祈願の募金箱にお金を寄付してくれた観光客に路面電車の無料券や割引クーポンなどを配れば良いでしょう。観光客に来て欲しい施設ではくまモングッズなど入れたガチャガチャを置いて、そのチャレンジ券も付けておけば効果がありそうですが。






 イオンの対面でこんなのを見かけました。

ネパールの地震の時にも支援をしていた熊本では老舗のアウトドアショップでしたが、今回は地元の大災害ということもあって気合が入っているのでしょう。桜町のボランティア登録センターには人が殺到し過ぎて善意が無駄になっているみたいですが、こういった個別の取り組みをもっと熊本県や熊本市の広報などが広めるべきでは。世襲総理やケネディさんと会談したり案内するのも重要な職務なのでしょうが、困っている県民や市民を優先すべきでしょう。






 今日もたくさんの県外の働く車を見かけました。

電気は30分で、水道も1週間くらいで復旧しましたが、時間がかかっていた熊本市の都市ガスも100パーセント戻ったそうです。まだ益城町などでは水が出ない地域が残っているようですが、県外の応援もあって急速に元通りになっているようです。ちなみに今後は震災ゴミ問題、そして被災者住宅問題が復旧の要となるでしょうが、せっかく板茂氏が来熊していただけたので女川のコンテナを積み上げた仮設住宅のように満足度が高いものをお願いすべきでしょう。熊本県はアートポリスという公共建築物を建築家に頼んできたプロジェクトの蓄積がありますのでやりやすいと思いますが。






 避難所となってる小学校で見かけた寄せ書きです。

熊本で大地震が発生する前から「がんばろう!」というデリカシーが無い言葉に嫌悪感があった私は被災者になってから半月もこの忌まわしい言葉を浴びせられてげんなりしているのですが、これは無垢な子供たちが善意で書いたものでしょうから破り捨てたい感情をグッと我慢しました。これから熊本でも私のような人が増えると思いますが、何かを検索していて偶然にこのブログに辿り着いた方にお願いです。被災地で安易に「がんばろう!」と言わないでくださいっ!






 大地震がウソのような平和な光景を見かけました。

避難所の白川小学校の隣に昔からある新屋敷公園テニスコートですが、この周辺はブロック塀が倒れているくらいで大きな被害は出ていないみたいです。大地震の発生後は無料開放されていますので、学校が休みになった中学生などが平日でも自転車で通っているみたいですが、テニスをして喉が渇いたり空腹になったりしたら小学校に行けば良いので津波にやられた上に放射能汚染に苦しめられているフクシマの学生に較べると恵まれていると言えるでしょう。おそらくこのコートには地震で住む家に損傷を受けた人はいても、肉親や友人を失った人はいないでしょうし。






 私は新番組は録画してみることにしています。

視聴率が低迷しているフジテレビがBSで始めた2時間枠の生の情報番組が熊本出身の水前寺さんが司会だというのでチェックしてみたのですが、被災地でもある子飼商店街からの生中継はありませんでしたのでガッカリでした。しかしフジテレビも思い切ったキャスティングをしたものですね。この組み合わせはそれなりに話題になるでしょうが、番組を宣伝したいのであれば熊本出身のホラッチョ川上を支援物資と共に真和高校に送り込んで後輩たちへの謝罪も込めた炊き出しをやらせれば良かったでしょうに。






 これはくまモンが元気だった頃のワンシーンです。

ネットの目撃情報によりますとこのロケは2月に行われたようですが、まさか熊本城の天守閣の瓦がズリ落ちてハゲてしまうとは博識のタモリさんも予想できなかったことでしょう。「火の国熊本」というキーワードから阿蘇の話も出ていましたが、その火山活動で都市機能が1週間ほど麻痺するような事態になるとは放送した側も視聴者サイドも予期できなかったと思います。

ちなみにこの時は全国ネットの番組で張り切っていたくまモンが4,14以降はまったく姿を見せていません。熊本県庁は県民の生活支援に全力を尽くすためと強調しているようですが、疑い深い私は飢餓感を高めておいて県知事が自分の人気取りや批判をかわすための材料として利用しようとしているんじゃないかと…(笑)






 テレビ朝日系列局でこんな映像を見かけました。

熊本出身のお笑い芸人が被災地のことを想って15秒のマジメなコメントをするものでしたが、原稿棒読みの現在の知事と違ってカメラ目線で説得力があるコメントでしたので視聴者の心に訴えることができたと思います。現在の県知事は3選してる70歳前後のおじいさんですから、次の県知事選に出馬すれば間違いなく当選するでしょう。

3億円の豪邸で恋人とラブラブだという相方だって熊本市長なら簡単になれるでしょうし、副知事であれば選挙さえ不要ですから確実でしょう。故郷の熊本の「復興に関しては我々も微力ながら尽力させていただこう思います」ということでしたので、ぜひ県知事になっていただき、県庁村と呼ばれている知事公邸を無くしてもらいたいものです。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/04/30(土) 23:59)

<<4.14の大地震後に薄くなっていた新聞がやや厚くなっていた理由は… | ホーム | 大型連休の初日のみどりの日に九州で起こったことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3702-a5ccf1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア